最近のトラックバック

ドライブ

アコードハイブリッドのハイブリッドカーとしての考察

「もはやハイブリッドカーではなく、高級セダンである。」という声も聞かれますが、あえてアコードハイブリッドの考察を、もうちょっと深く探ってみたいと思います。

プリウスに乗っていて不満と言うか不思議に思ったのが、バッテリーの残量がまだ多いにも関わらず、高速走行でアクセルを踏むとエンジンがかかってしまう事でした。

それで、ある程度スピードが乗って来た時に、アクセルを一旦戻して、エンジンが止まった状態でじわっとアクセルを踏み込むというテクニックを使って、燃費をのばしたりしたものです。

プリウスは動力分割機構によって自由にエンジンとモーターを使い分けられるのが特徴で、だからこそEVモードとエンジンモードとの切り分けが出来る訳ですが、一方で不可分に接続されているので、モーターのみで動くとエンジンや発電機に駆動力が行ってしまい、摩擦損が発生してしまいます。
なので、EV走行できる速度が原理的に限られてしまい、プリウスで約40km/h、PHVで100km/hになるとエンジンがかかってしまう訳です。状況にもよりますけど。
この形式を最初に採用した初期型プリウスの時代は、当時入手可能だったモーターも、バッテリも、高効率型エンジンも非力で、常に組み合わせた状態でなければシステムとしての体を成さないので、常にどちらも駆動可能な状態が望ましく、THSのような常につながった状態のシステムが理想的だった訳です。
ただ、時代は下り、高効率のモーターが小型化・ハイパワー化し、「電気CVT」の効率もアップしてくると、THSに採用されている動力分割機構のような共動を前提としたシステムは、そのフリクションが逆に足かせになる訳です。

Img_1222_2

もう一つ考えられるのが、クラッチの技術の向上だと思います。
初期型プリウスの時代は、動力を断続するクラッチにコストがかかり、ショックを与えずに断続する事も難しかったのではなかったと思います。
初期型プリウスの開発主査でいらっしゃる内山田氏は初期型プリウスのインタビューの中で、「THSはクラッチをなくした事が特徴」のような事をおっしゃっていて、実際THSにはいわゆるクラッチ機構はありません。
ただ、それも時代が流れて、写真のように高性能のクラッチが出来たので、アコードハイブリッドのようなハイブリッドの構成も可能となりました。
「時代が下って」と言っても、その中にはホンダさんの技術開発の賜物である事も、当然含まれている訳です。
何となくホンダサイドの話になってしまいましたが、私はトヨタがこの状況を黙って見ているとは到底思えません。今後また別のやり方で高効率を目指したシステムが出てくるでしょうし、そうした切磋琢磨をしていく中で、車の技術が向上していくと思います。

すっごい久しぶりです

なんだかすっごい久しぶりです。

最後に投稿してから一年半くらい立ちました。

以前はいろいろとテーマがあったのですが、最近はなくなったみたいなので、自力でテーマを見つけて書かなければならないんですね。(´・ω・`)

別件で検索をかけていたら、久しぶりにこのブログに検索がヒットしたので、久しぶりに更新してみようという気になりました。

直線に書いたのが車の話題だったので、また車の話題にすることにします。

最近アコードハイブリッドの試乗をしました。

Img_1321_2

その日は試乗が多く、道も混んでいて、夏日でエアコンを付ける事も多かったらしく、試乗中も結構エンジンが動いていました。
と言っても、おそらく同じ道をプリウスで走るよりはエンジンの止まる頻度も高く、室内も静かだと思います。

エンジンが動くタイミングですが、「駆動力が必要なとき」ではなく、「エンジンの出力が効率よく取り出せるとき」「バッテリーが容量が一定以下にならないよう」に動いているように思います。
今回はバッテリーの残量が少なかったので、エンジンが回る事が多かったのですが、走り始めても回らなくて、途中で回りだしたり、止まってもしばらく回ってから止まったり、などなど、車体が走っているからと言ってエンジンが回るとは限らず、車体が止まっているからと言ってエンジンが止まるとは限らず、なんともタイミングがつかめなかったです。
途中で渋滞を離れて普通に走らせるようになったのですが、そうするとエンジンがかかって、バッテリーの目盛りが上がり始め、そうすると途中でエンジンが止まったりしてました。
プリウスの場合は、走り始めるとエンジンが回りだし、止まるとエンジン求まると言うのが基本的な動作で、走っているときにエンジンが止まったり、止まっている時にエンジンが回るのが条件が揃わないと発生しない、比較的特殊な動作になります。現行のプリウスが時速40km/h以上になるとエンジンがかかるのは、パワーの都合と言うよりは、動力分割機構の構成の問題かな。
一方、アコードの場合はバッテリーの残量と走行モードが律速になっているみたいで、基本的には遅い動きの時は3目盛りくらいまでは電気で走り、普通に走る時は5目盛り位まではためて、速い時はわかりませんが、もうちょっと上かもしれません。
初めてプリウスに乗った時も「発電機付き電気自動車」と思ったのですが、アコードはさらに「これこそ発電機付き電気自動車」と思いました。
ま、街中では滅多にエンジンとタイヤが直結しないから、確かにそうなんですけどね。駆動と発電は完全に分離されていて、同期させる理由が全くない訳です。
全体的にエンジンがしょっちゅう止まると言うのが率直な感想で、ただ、エアコンがずっと回っていたせいか、正直不思議と静かな車と言う印象はありませんでした。
ただ、帰りにマイカーのオデッセイに乗るとエンジン音がもっとうるさく感じたので、まあ、静かなのだなあと思います。オデッセイは、外部からの音は入りにくいとは思いましたけど。
パワートレーンが静かなので、防音材が比較的薄く、外の音が入ってくる感じがあり、それも騒音が激しい場所を走っていると「静か」と感じなくなっているのかもしれません。それも以前プリウスに乗った時の感覚に似ています。
試乗に出たばかりの時に、前を走っていた車がプリウスPHVでした。ってのも、なかなか面白かったです。
ただ、アコードは大きすぎます。狭小地に住んでいる身としては、やはりもう少しコンパクトな、立駐に収まる程度のサイズが望ましいです。
あと、プリウスに「肉薄」しているとはいえ、とりあえず現行プリウスのほうが燃費が上なのですから、もっと小型のボディーに高効率のハイブリッドを搭載して、実燃費でもぶっちぎって欲しいと思います。

初めての場所は、迷わずには行けません

初めてのところも、一回行ったことがあるところも、迷わずには行けないです。

ブログネタ: 初めての場所へ行くとき、迷わずに行ける?参加数

とにかく方向音痴で、特に車で行くときも、特に近くに来た時に周りをうろうろすることがあります。つまり、たとえば右折しようとしたところで右折できずにUターン場所を探しながら冷や汗物で走ったり、入ろうとした道があまりに狭くてあわてて折り返したり、エピソードは暇がありません。

それでも車に乗っている時はナビがあるのですが、歩いているときはちょっと前までナビがなかったので、地図とにらめっこで大変でした。今はiphoneのGPS機能があるので、多少はましになりました。

そう言うわけで、私の方向音痴も筋金入りですが、ナビなどを使いこなすことで、何とかしようとしている今日この頃です。いい時代です。

われながらセコイと思うこと:無料のものを探す

昔、東京の池袋にあるアムラックスに行ったときに、「何か試乗しようかな」と思ってみると、「無料でタイムレンタルできます」という看板にあったと言うだけで、それに試乗したことがあります。

ブログネタ: 「我ながらセコイ」と思うこと、こっそり教えて参加数拍手

「ベルタ」というカローラより小さい車ですが、それに乗って改めて、「三気筒はだめだな」と思ったものでした。

それはさておき、プリウスの特別試乗会に無料で行って、アンケートに答えて無料のミニカーをもらったり、ディーラーに行って無料のプレゼントをもらいまくったり、一時期は結構ひどいことをしていたものです。

また、見本市に出かけて、ノベルティーをもらいまくっていました。ある見本市は結構いいものをくれました。Tシャツ、時計に始まって、ソムリエナイフ、はんこの自動朱肉付け装置なんてのも、簡単に手に入りました。ボールペンなんて、買ったことがありません。

もちろん甘い言葉にはわながあり、後々宣伝を聞かされたり、連絡を取られたりと、わずらわしいこともあります。あるときは、無料でもらえるプレゼントほしさに「説明会」に出かけたら、実はリゾートマンションの勧誘だったなんて笑えない話もあります。

まああまり、無料のものや、極端に安いものを追いかけるのはほどほどに抑えて、あまりぎりぎりも狙わずに、程々がいいと思います。「中庸」ともいうじゃないですか。

私はあえて言えば夜型です

私はどちらかというと夜型です。

ブログネタ: 朝型ですか? 夜型ですか?参加数拍手

学生のころは夜中に遊びに行って、明け方に帰ってくるなんてことを良くしていました。

旅行とかも、一泊二日で出かけるとして、一日目の前日の夜に出かけて、そのまま運転しながら朝を迎え、目的地で過ごし、泊まり、次の日も一日過ごし、夕方から夜にかけて現地を後にして、明け方に自宅に就くなんてこともよくしていました。

若かったですねえ。

一日目に車の中で運転しながら朝を迎えるのが結構気持ちよかったです。

学生時代はお金もないので、ずっと下を走っていました。道もよくわからなかったので、環七や16号線を延々と走ったりもしていました。

当時は良く高校時代に知り合った友人と一緒に旅行したものでしたが、今は思い出したように顔を合わせるのみになりました。

JAF MATE の記事:高速道路ビギナーズガイド

先日我が家に JAF MATE が届きました。

その中の記事に「高速道路ビギナーズガイド」というコーナーがありました。

これを見て私は、「これを見て、昔知っていたあの女性の方も、苦手な高速道路を走れるようになるかな。」と思いました。

ところが、そうは問屋が卸しませんでした。

というのも、その人がなぜ高速道路が苦手かと言うと、ランプから本線に合流することができないからです。そのやり方はかかれてませんでした。

それで、中部地方に在住のその方は、関東地方に来るためにずっと一般道を走ってきたと言う筋金入りの高速道路が苦手な方でした。

もし私がランプから本線に合流することが苦手だったら、ランプに出たら路肩あたりに車を止めておいて、ひたすら本線で車が途切れるのを待ち、車がまったく来ないことを確認してからそろそろと走り出すと思います。

それ位してまでも、高速道路を使います。

それが苦手であるために中部地方から関東地方まで一般道は、ちょっとやりすぎですね。

なんだか、「私が運転してあげる」と男性が言ってくれるのを待っているみたいで、また、奇行で男の人の気を引いているみたいで、今考えると信頼が置けない行動に思えます。

ただ、当時は私も友達でしたから、人のことは言えないですね。私のような人が周りにいたから、その人はそのような奇行にでた、あるいは、高速道路が苦手なままでいたのだと思います。

続きを読む "JAF MATE の記事:高速道路ビギナーズガイド" »

私のちょっとした贅沢:意味もなくドライブ

私のちょっとした贅沢は、意味もなくドライブすることです。

コネタマ参加中: あなたの「ちょっとしたぜいたく」って何?

特に、車が新しいうちは結構これをしてました。

続きを読む "私のちょっとした贅沢:意味もなくドライブ" »

山中湖 花の都公園の黄花コスモス

先日、山中湖の花の都公園に行ってきました。

Img_1987_1

黄花コスモスがきれいで、目が覚めるようでした。

 

 

続きを読む "山中湖 花の都公園の黄花コスモス" »

粟又の滝

以前まだ奥さんと付き合いだして間もない頃、千葉の房総の養老渓谷にドライブに行ったことがありました。

私はそこで、粟又の滝(別名、養老の滝)を指して「くりまた」と言いまくっていました。

幸いしたのは、私もちょっと自信がなかったので、小声でチョロッと言っていたので、気がつかない振りができる程度だったことでした。

で、彼女は気がついたのか気がつかなかったのか、そのまま交際は続きました。

今後はもっとよく調べてから話をするとします。

知ったかぶりは良くないですねえ~。

コネタマ参加中: 今だから言える!? 恥ずかしい「思い違い」教えて

北海道旅行をしたころ

Cimg0482

昔、北海道にも行きました。

当時よくつるんでいた仲間と4人でした。

写真は帰りの青函フェリーからです。ごらんのように、この日はよく晴れて、空がきれいでした。

海もきらきらと光り輝いていました。

Cimg0488 もうひとつ、取って置きの写真を紹介します。

もうそろそろ青森に着こうかなという時期に撮った写真です。

雲がきれいに分かれていたのを、うまい具合に斜めにアレンジしてみました。遠方に陸が見えますが、湾を描くように微妙に上側に弧を描いているのが見て取れます。

Cimg0453函館で 仲間が受け狙いで注文したのが、このハンバーガーです。

なんという名前だったか正確には思い出せないのですが、「黄金が何チャラ」だったかと思います。これを出すときは、店の人が鐘を鳴らして、「お客様の健康を願って・・・。」などと大きな声で宣言していました。

私は普通の「チキンのから揚げバーガー」みたいなものを頼んだので、どのようなものだったのかはうかがい知ることはできないのですが、とにかくすごい量だったみたいです。

結局、仲間はこのハンバーガーを全部は食べ切れなかったのではないかと思います。

月並みな風景だったのであえてあげませんが、一緒に行った函館山からの夜景や、異人館街の町並みもきれいでした。

普通に昔を振り返るお題にしようかとも思ったのですが、せっかくなのでコネタマに参加します。

コネタマ参加中: あなたの中の“キラキラ”した思い出。教えてください。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ