最近のトラックバック

文化・芸術

"自分の常識"他人の非常識:「こんなのが便利」と言う認識が微妙に違う。

どうも世間で言われている「便利なもの」と、「自分が感じる便利なもの」が、微妙に違います。物探しが大変だったりします。

ブログネタ: “自分の常識”が世間では違ったこと、ある?参加数

最近の例で言うと、以前私がここで紹介した、「鼻毛切り」です。

世間でよく売られている品物が、先が丸くなっているものが多いのですが、私はそれだとどうも扱いにくい。

私が好むのが「眉毛切り、」と似たような形のもので、一時期は眉毛きりを使っていたのですが、防塩性がなくて、すぐに切れ味が悪くなってしまいました。

そんな中、たまたま店先で見つけた鼻毛きりが、まさにそんな形をしていたので、そのまま購入してしまいました。

もっと昔、「時間がたつと赤外線リモコンが動作するだけの目覚ましがないかな。」と思っていたのですが、それがなかなかなくてあきらめかけていたところ、ある日たまたま店先で見かけて、購入して愛用していました。使い道は、目覚ましと同時にリモコンでオーディオを立ち上げて音楽やテレビ番組とともに起き出す為でした。

ちょっと使わない間に動かなくなって、電池のふたを開けたら液漏れしていて動かなくなってしまいました。

代わりの品を探したのですが、もう売ってなくて、がっかりしたのを覚えています。

今でも「こんなのがあるといいなあ」と考えるものはたくさんありますが、そのほとんどはこの世にありません。というか、少なくともメジャーではありません。

今ほしいのは計算機付だったり、計測結果を元にマクロが組めるストップウォッチです。またそれを、パソコンに吸い上げることができるとか。

iphoneアプリでもいいのですが、普通のストップウォッチにそんな機能があったほうが、いざ測定するときに便利だからいいんですけどねえ・・・。

 

お墓参り:時々思い出したようにしています

ブログネタ: お墓参りしてる?参加数

お墓参りは、時々思い出したようにしています。

先日は、義理の祖父母のお墓参りにいきました。私は初めて行くので、義理の祖父母に結婚の報告をしました。

幼い頃、私の母方の祖父母のお墓参りにも何度か行ったことがありました。

最初に行った時は祖父母が存命中に立てたばかりのときで、俗名が赤い文字で書かれていました。それを見に行った夜は、みんなでお祝いをしました。

当時は元気だった祖父母も今は亡き人になってしまいました。

義理の祖父母のお墓参りに行ったとき、当然たくさんの墓標が並んでいましたが、墓誌に「当歳」や、10歳に満たない年齢が書かれているのを見ると、昔は1歳になるのも大変だったんだなあと思いました。なので、お食い初めや、七五三、10歳のお祝いなど、子供が成長するごとに「良くぞここまで育った」とお祝いするのだなあと思います。

ちなみに以前は、私の父方の祖父母のお墓に、前の奥さんと一緒に行きました。祖母の法事には行けないけど(ドタキャンされましたが)お墓参りはしたかったみたいです。罪滅ぼしのつもりだったらしいです。お墓参りは大切ですが、法事への出席の代わりにはならないです。

そういえば、本当に幼い頃、隣の友達のお墓参りに一緒に行ったこともありました。お墓が高台にあって、港の景色がきれいだったのを覚えています。

「猫の手も借りたい」状況

仕事が忙しくて、猫の手も借りたい状況です。

ブログネタ: 近況を“動物ことわざ”で表すならどれ?参加数

というのが、私と奥さんとの共通の近況です。

私も何人かの人たちと一緒に仕事をしているのですが、入ってくる案件が多くて、今の人数ではパンクしてしまうこともしばしば。

最近は海辺を歩いていると、「ネコデ」という海の動物が現れるそうです。
話を聞いていると、「ヒトデ」が足りなくなると出てくるそうですが、やはり人手が足りないときはネコデが出てくると言うことですね。

「人あまり」と言われる今日この頃ですが、本当のところは任せたい仕事ができる人は足りなくて、できない人はあまっていると言うんじゃないかと思うんですよねえ・・・。

お酒は外飲み派です:人と飲む事しかしないので

私は外飲み派です。人と飲む事しかしないので、家で自ら飲むことをしないので。

ブログネタ: お酒は家飲み派? 外飲み派?参加数

家で飲むと言ったら、自らの意思で飲むか、ほかの人の意思で飲むか、そのどちらかですが、外で飲むのはそれだけでなく、誰かと交流したいとか、付き合いとか、自らの意思のほかの理由があると思います。

私は自分の意思でお酒を飲むことはないので、必然的に外飲み派になるということになります。ただ、人と飲むのは楽しいですけどね。

七夕の短冊に書きたい願い事:平和で平穏な毎日が過ごせますように

地震があったり、津波があったり、猛暑があったり、争いごとがあったり、とかく騒々しい世の中です。やはり、平和で平穏な日々が訪れてほしいです。

ブログネタ: 七夕の短冊に書きたい願いごとは?参加数

なので、短冊に願い事を書くとしたら、こんな内容を書きたいです。

ただ、短冊に願い事を書いたところで、その願い事がかなうとは思えないのですけどね。

自分たちの願い事を聞いてくれる存在に対して願うことがあるとすれば、その「存在」がしてほしいように願うことが大事です。

夏の楽しみ:誰も書かないので「女性のファッション」

みんなはどんなことを書いているのか見てみたのですが、誰も書いていなかったのであえて「女性のファッション」を挙げてみました。

ブログネタ: “夏の楽しみ”といえば何?参加数

厚ぼったい服を着ている冬と違い、色も明るくて涼しそうな格好で、見ていてなかなか楽しいです。

まあ、そうは言っても以前私がこのブログで書いたように「みっともないと思うこと:異性をじろじろ見る」とありますので、ほどほどにしないと今度は私が怒られます。

ただ最近は、極端に短いパンツ(ズボンのこと)や、スカート、襟ぐりが深い上着といった、露出度のみが目的化されたファッションが横行しており、ちょっと残念です。

まったく露出がないのも困り者ですが、それはほどほどにして、見ていて美しいと思えるワードローブで、美しさを競ってほしいものです。

一番好きな花:私は桜ですが、奥さんはバラだそうです。

私が一番好きな花は桜です。

ブログネタ: 【写真ネタ】一番好きな花は何?参加数

Img_1220_st_2 私個人的には、やはり日本人だったら桜がいいと思います。

と言うわけで、桜の写真です。

以前六義園で撮った桜の花で、接写で狙ってみました。

もうちょっと露出を明るくすればよかったかな。

ピントもよく見ると甘いし、やっぱり「拙者は接写が苦手でござる。」と言うことにしておきます。

さて、「はーるのうららの隅田川」で始まる歌の題名は、「隅田川」ではなく「花」です。少し前までは日本でも指折りの「汚染された川」と言われていて、何でこんな歌があるのか不思議だったのですが、親に聞くと「昔はきれいだった」とのことでした。

ちなみにこの「花」は、なんでもいい訳ではなくて「桜」の事を指します。

桜は昔から日本人になじみの深い花で、百人一首でも小野小町が「花の色は うつりにけりな いたづらに わがみよにふる ながめせしまに」と歌われていました。

ちなみに私の奥さんはバラが好きとのことですが、やはり「ベルサイユのバラ」の影響を受けているとか、受けていないとか。

スマホの検討状況

以前、「Dell Opus One に期待」と言う記事を書いて、Dellの新しい携帯電話を期待してまっているというお話をしたと思いますが、あれからスマホの動向を見ながら検討してきて、Dellは時期早尚かなと思っています。

ブログネタ: 携帯を持つようになって失くしたモノは?参加数

今考えているのは、HTC Sensation です。

本当は、HTC Desire HDでも安ければ問題ないのですが、携帯ショップやオンラインショップを見ても、品切れで、仕方なく次のバージョンを待っている状態です。ソフトバンクの夏モデルに登場すると言ううわさががあります。

ま、それはそれで楽しみな携帯電話の夏も出るですが、それによって失ったものもあると言えばあります。

携帯電話のいいところは「気軽につながる」「気軽に用件が伝えられる」と言うことにありますが、当然人間関係の終了も気軽にすることも、人を不快にさせることも気軽にできます。

そういった特性を通じて、「人が持っている誠意」「人が本来持っている良心」が、失われているように思います。人が一方で持っている悪への傾向が、より助長されていると思います。

もちろん、携帯電話は単なる道具ですから、人の使い方によって役に立つことも、傷つけることもできます。可能な限り役に立つように使いたいものです。

今年のGWは家で過ごしたり、ちょっと出かけたりしてました

今年のGWは、家で過ごしたり、ちょっと出かけたりしてました。

ブログネタ: 今年のゴールデンウイーク、何してた?参加数

最初は遊覧船に乗って近くの湾めぐり+食事に行ってきました。

当日は曇っていたので、あまりいい写真はありませんでした。

もうちょっといい天気の日に当たるとよかったです。

次に行ったのはお風呂屋と水族館付きレストランでの食事でした。

お風呂屋は大風呂とサウナなどが備わった普通の全うな風呂屋さんで、ビルの上層階にあったので景色がきれいに見えました。

自動車メーカーの社屋と、プリンタメーカーの社屋が並んで見えました。

家では主にパソコンに向かって遊んでいましたが、今度買う予定のスマホの検討をしていました。ほしい機種が品切れらしく、そうこうしている内に新製品が出そうです。

その話はまたいずれ。

昔よくやった遊び:ビー玉遊びとか

昔幼い頃、よくやった遊びで覚えているのが、ビー玉遊びです。

ブログネタ: 昔よくやった、今じゃ珍しい遊びを教えて!参加数

よくビー玉遊びに誘われたのですが、誘われないとやらなかったので、よく友達のビー玉を使わせてもらっていました。

当時私が住んでいたあたりは、公園や空き地など、土がむき出しが当たり前だったので、四つの四方の場所と、真ん中にそれぞれ穴を開けて、(四方の間隔は1メートル位づつだったかな)で、それぞれがビー玉を投げて、四つ四方の穴に自分のビー玉を投げ入れていき、最後に真ん中の穴にビー玉を入れたらゴールで、ゴールした順番を競うと言うものでした。

ところで途中で穴に入っていないビー玉に自分のビー玉を当てることができた人は、無条件で次の穴に入れることができました。

さらに、自分がねらった距離に、手で半円を描いてそれが届く範囲であれば、その距離だけ近づいて投げることができました。

そういう、ビリヤードやパターゴルフやゲートボールなどのルールをまぜこぜにしたような遊びでしたが、結構面白かったのを覚えています。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ