最近のトラックバック

心と体

人生で一番うれしかったこと:何でしょう?

人生で一番うれしかったことと言われても、すぐに思いつくことはないです。

ブログネタ: 人生で一番うれしかったことを教えて!参加数

うれしかったことはこれまでもありましたけど、その後の状況がいま一つよくなくて、そんな状況が積み重なるうちに、うれしいことがあっても、その後のことが心配で、いま一つ手放しで喜んだり、うれしいと思い切れなかったりします。

そんな擦れた頃ではなく、もっと若い、あるいは、幼い頃だったらうれしいと思えることもいくつかあったと思います。

幼い頃はずっと転勤族の父と一緒に地方を転々としていたのですが、年に一回帰省で関東に住んでいる祖父母の家に行ったときが、とてもうれしかったです。周りに親戚がいっぱいいて、わたしは常に注目の的で、世話もよくしてくれました。

地方と違って回りに遊ぶところもいっぱいあって、都心にはいろいろなものがあって面白かったです。たとえば、交通博物館や科学技術館、東京タワー、上野動物園、行き帰りに乗った新幹線とか、出会えてうれしかったことが数々ありました。

成長してからは、いろいろな人との出会いができたのがうれしかったです。また、努力が認めてもらえたりとか、実際に成果に現れたときも、やはりうれしかったと思います。

おおきな、誰もが「おめでとう」と言ってくれるようなことは、あまり手放しで喜べなかったのですが、そうした小さな一つ一つのことがうれしかったことで、何が一番かと言うことはやはりあまりいえないです。

努力は確かに報われるけど、時間がかかることはあると思います。

努力は確かにいつかは報われるでしょうけど、時間がかかると言うことはあると思います。

ブログネタ: “努力は報われる”と思う?参加数

努力したことで期待した効果が得られることもありますけど、意外な効果があると言うこともあるでしょうね。

昔チェスが好きで、英語で書かれた文献まで読んだのですが、あまりチェスが強くなった気はしなかったのですが、英語の単語や表現はよく身に付いたと思います。同僚にも良く、「そんな単語までよく知っているな。」とか言われました。

さて、別の例では、以前ある英会話の教材を勉強したことがあったのですが、英語は思ったように身につかなかったのですが、教材の中でよく登場した「プロジェクト」という英語で課題解決をする題材が出てくるのですが、それを勉強しているうちにいろいろな分野の課題解決が身についたことがありました。

囲碁の世界に「一見無駄に思える石が後で生きる」と言うことがあるらしいのですが、生きない努力はきっとないと思います。ただ、どう現れるかはその時次第ということでしょうね。

絶叫大会で叫びたいこと:私ではありませんが放送禁止用語とか

絶叫大会、私は特に叫びたいことはありませんが、私の以前の同級生はきっと放送禁止用語を叫ぶだろうと思います。

ブログネタ: 絶叫大会で叫ぶなら何?参加数

昔、校庭を重機がかなりの轟音をがなりたてながら均しているときに、ある同窓生が大声で放送禁止用語を叫んでいました。

すると、別の同窓生が:

「お前、何叫んでいるんだよ。」

「どうせ聞こえないだろうと思って。」

「聞こえているよ。」

「えっ(汗)」

なんて会話をしていました。

私がこんなコメントをするくらいですから、当然聞こえていました。(笑)

ただ、そんなことを叫ばせてくれる絶叫大会なんてないでしょうから、考えてもしょうがないでしょうね。

私はエンジンがかかるのが早い方ですが、奥さんは遅い方です。

私はエンジンがかかるのが早い方です。「じゃあこうしよう」となると、早くそれをしようと思う方です。

ブログネタ: “エンジンがかかる”の、早い方?遅い方?参加数

ただ、私の奥さんはエンジンがかかるのが遅い方で、出かけようとしてもなかなか起きず、中々準備せず、遠出をするのに出るのが夕方になり、途中のドライブを楽しむどころの騒ぎではなくなることもあります。

エンジンがかかるのが早くても遅くてもいいのですが、大事なのはパートナー同士の歩幅が一致することでしょうね。私は横にいて時々、「宿題抱え込まない方が楽なんだけどな〜・・・」と思うことが時々あります。

そういえば、私が以前乗っていたプリウスというクルマは、エンジンがかかるのが遅いのが自慢のはずでしたが、意外に早くかかってしまいました。「215万円では赤字です。」と言っていましたが、本来このようなクルマはタダで配って使ってもらってアンケートに答えてもらうべき性質のものです。お金を払って買ってもらえるだけありがたいと思うべきでしょうね。

ロングバケーション

実は先日まで諸般の事情で長期休暇を取っていました。

いえ、別に「君は洋ナシになった」いえ、「用なしになった」と言うわけではなくて、一定期間勤めるともらえる休暇で、今回は10日間いただきました。

というか、休まされました。

さて、「ロングバケーション」なんていうと、退職したり、失踪したり、亡くなったりしたことを婉曲的に表現するときに使われる言葉ですね。

以前、バイト先の先輩が退職したときも、社長さんには取り巻きの人が「長い休暇を取らせております。」とか、行っていたと言う話を聞いたことがあります。

それは、その社長がその人を気に入っていてずっといてほしいと思っていることを周りの人が知っていて、しかもその社長さんが高齢なので、「辞めた」と言ってショックにならない様に計らったからだそうです。

そんな人になれるといいですね。

なんていう余談はさておき、私は普通にロングバケーションをいただいたのですが、私はこの休みを使って金沢のほうに行ってきました(私は関東人)。

結局旅行日程の2/3くらいは雨だったのですが、「弁当を忘れても傘を忘れるな。」という格言があるくらい、金沢は雨が多いところらしく、ある面金沢旅行らしい旅行だったのかなと思います。

いろいろと面白い発見があって、楽しい旅行でした。

今回私のオデッセイで往復および現地での移動をしたのですが、前もお話しましたけど、比較的高いスピードでリラックスして運転することができました。

今まで私が乗ってきた車だったら電車+レンタカーにしようかなとも考えた距離だったので、有効活用出来てよかったです。よい品は結局お得という例なんでしょうね、きっと。

鼻毛・眉毛・耳毛剃りを買いました

鼻毛・眉毛・耳毛そりを買いました。

機種はフィリップスの鼻毛/耳毛カッター「NT9110」です。

事前に調べたわけではないのですが、「眉毛そりと基本的に同じ形をしている」「鼻毛がそれるとメーカーが歌っている」「手入れが簡単」という条件がそろっていたっぽいので、これにしました。

まだあまり使っていませんが、ねらったところが剃れたので、滑り出しは順調です。

眉毛そりもしっかり剃ろうとは思っていないのですが、長くて目立つところだけねらって剃れました。

一般的な鼻毛カッターよりは高いのですが、耳毛カッター・鼻毛カッター・眉毛カッターとを3台購入するよりは、たぶん安いと思います。あと、場所もとらないですし、いい品は結局お得なんじゃないかと思います。

以前買った鼻毛カッターは、思ったように鼻毛が剃れなかったです。歯の切れ味が悪いと言うよりは、一般的な鼻毛カッターの形では、どうも鼻毛がうまくカッターの方向に入っていかないことが要因ではないかと思います。何でこんな形にしたのでしょう?

眉毛カッターを鼻毛カッターとして使ったこともあったのですが、剃り味には不満がなかったのですが、鼻毛に対応してないので劣化が早かったのと、サビ対策のために使用毎に手入れをしなければならず、結構大変でした。

劣化すると、切れが悪くなり、鼻毛を引っ張って痛い思いをしてしまうのも難点でした。

そういうわけで、しばらく手入れをサボっていたのですが、鼻から鼻毛が飛び出すのが気になって髭剃りのコームでやったりもしていましたが、当然うまくいきませんでした。

なので、今回この商品に出会えてよかったです。大事に使います。

一日で一番好きなとき:夜風呂に入ってから寝るまでの間

ブログネタ: 一日で一番好きなときは?参加数

一日で一番好きなときは、風呂に入ってから寝るまでの間です。

すべての世俗から開放され、ただ寝るだけの、好きなことができる時間は最高ですね。

ただ問題は、最近はそんなときがないこと・・・(泣)。

晩御飯を食べるととたんに眠くなり、そのまま寝てしまいます。風呂に入るのは大体朝か、夜中に目が覚めたときに風呂に入って再度寝なおしたりします。

さっさとお風呂に入ればいいのですが、サマータイムのこともあり、眠気で腰が重いまま寝てしまいます。

この悪循環は、何とか断ち切りたいものですねえ。

場所は変ではないんですが・・・

ブログネタ: “ヘンなところで寝ちゃった”エピソードを教えて!参加数

大昔、まだ高校生だった頃、リビングで寝てしまったことがありました。

それくらいなら大したことはないんですが、友達が遊びに来ていて話をしている最中だったんですよねえ・・・。不覚でした。

目が覚めたら友達はいなくて、玄関に行ったら、そのまま帰ろうとしていました。

「ふつー家に人がいるときに寝るかよ・・・。」とか、言われて、険悪なムードに・・・。

その後どうしたのか忘れたのですが、たぶん、私も疲れていたのでそのままその場は引き取りいただいた気がします。

次の日かにも、そんな事を言われてしまったのですが、受け流していた気がします。よく覚えてないけど。

会議中、発言者側にいた時に寝たこともありました。会場にいらした方からそれを指摘され、それも険悪なムードになりました。

集会中に寝るのはよくあることだと思うのですが、指名されたのに気がつかず、そのまま寝続けて、後でそれを指摘されたときも、すごく恥ずかしかったです。「すごく目立っていた」と言われてしまいました。

と言うわけで、変なところで寝た件については、結構しゃれにならない思い出ばかりです。

もう若くないと感じた瞬間:疲れからの再帰に時間がかかる

もう若くないと感じた瞬間は、疲れからの再帰に時間がかかるときです。

デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】もう若くないと感じた瞬間は?参加数

たとえばたまに飲みに行って、そのときは楽しいのですが、次の日に疲れが残って、その日の夜も疲れが残るなど、行動に支障が感じられるくらい疲れてしまいます。

疲れているときは、風呂に入るのも億劫になり、そのまま寝てしまうか、途中で起きて風呂に入ってまた寝るかしてしまいます。

筋肉痛なんかも、ひどいときは一週間くらい何らかの違和感が残ってしまいます。

運転の疲れも、やはり残ってしまいます。

いやあ、歳はとりたくないものです。いつまでも若いつもりでいると後でとんでもないことになります。気をつけたいものです。

もし時間を戻せるなら:いろいろ考えたけど、とりあえずこのままで

もし時間を戻せるならと、いろいろ考えたのですが、とりあえずこのままにしておきます。

ブログネタ: もし時間を戻せるなら、いつに戻す?参加数

いろいろと変わった行動をとっていたけど、それなりに楽しかった幼稚園時代や、小学校時代。

印象深い先生との交わりが面白かった小学校高学年や、中学校時代。

短期留学をしたり、淡い思いを抱いたりした高校時代。

などなど、戻りたい時期があると言えばあります。

ただ、戻ってやり直したからと言って、その後どんな人生が待っているかはわかりませんし、むしろ今より悪い人生かもしれません。

なので、人生をやり直そうと言う意味では、このままでいいと思います。

当時の思いがあまりによくて、もう一度味わいたい時期はいくつかあるので、その時期に戻りたいとは思いますが、終わったらまた元に戻りたいです。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ