最近のトラックバック

ファッション・アクセサリ

「行きつけの店」は散髪屋さん・美容院であります。当たり前だけどカーディーラーとか

ブログネタ: “行きつけの店”って、ある?参加数

多くの方がそうだと思うのですが、私の場合も散髪屋さんや美容院に行きつけがありました。

その中でも以前通っていた美容院はいろいろな意味で思い出がたくさんありました。

そこに通う前までは近所の散髪屋さんに通っていたように思うのですが、以前よく通っていたCDショップのテナントの中にあったその美容院は、以前から気になっていました。

それで思い切って入ってみると、そこはとても女性ばかりの美容院で、ちょっと恥ずかしかったのですが、たまたまそこで担当になった主任の美容師さんが非常に丁寧にやってくれたので、また来ようかなという気になりました。

しばらくは指名せずにその美容院に通っていて、その主任さんにも何度かお世話になったのですが、途中から指名するようになりました。

引っ越してからは行かなくなりましたが、同僚に紹介したところ、その同僚の方も通ってくださったので、紹介した甲斐があったなと思いました。

先日、その同僚から、その店が閉店になったと聞きました。残念でしたが、その同僚がそこまで見届けてくれたことがうれしかったです。

「こんなところにきとうはなかった」Tシャツ

夏と言えばTシャツですが、夏になるといろいろなTシャツを見かけます。

ブログネタ: 【賞品付き】夏の服装にまつわるオモシロネタ大募集♪参加数

一番面白かったのは、大河ドラマ「天地人」が流行った頃の、幼少時の直江兼続役の加藤清史郎氏が「わしはこんなところにきとうはなかった」と言ったのが話題になり、その頃作られた「わしはこんなところにきとうはなかった」と書かれたTシャツでした。

考えてみたら、このTシャツを着てどこかに出かけるのは、行き先の人に対しては相当失礼な話で、「じゃあ来るなよ!」と言われそうです。ブームが去ったら着れなさそうですね。

以前北欧を旅したときによく目にしたのが「物」とだけ書かれた品々で、その中には当然「物」と書かれたTシャツもありました。また、「物」とでかでかとボンネットにペイントした車も走っていました。黄色地が多かったです。

かく言う私も以前ワニが縦に3匹並んだ絵柄がペイントされたTシャツを着ていたときがありました。非常にインパクトがあったらしく、友人もコメントしていましたが、太っていた頃着ていたものだったので、今はもうありません。

ちなみに以前、プリウスのオフ会とかに出かけたときに、メルツェデスのTシャツを着ていったことがありました。メンバーの中で一人だけそのことに気がついてくれた人としばらくおしゃべりなどしていましたが、そのうち話さなくなりました。

若かったですねえ。

露出度の高い服装あれこれ

夏の服装で面白いのは、やはり女性の露出度の高い服装でしょう。

ブログネタ: 【賞品付き】夏の服装にまつわるオモシロネタ大募集♪参加数

私が見た話ではありませんが、私の知り合いが見かけた女性は、ズボンをほとんど骨盤で履いていて、毛が見えてしまっていたそうです。誰に言っても信じてくれないそうですが、それに近い服装を私もたまたま見かけて、信じる気になりました。

そうかと思えば、先日電車で見かけた女性は、首周りが開き、ほとんど胸の先端の真上あたりまで開いていたのですが、相当眠かったのか、自分が乗り過ごしていないことだけを気にして、ひたすら寝ていました。

かがんだり、風が吹いたりと、夏は露出度が大きくなる季節ですが、「変なおじさん」と言われないよう、目のやり場には気をつけたいものです。

昔通っていた美容室が閉店

昔通っていた美容室が閉店になりました。

と言っても、私が発見したわけではなく、以前底を紹介した人が足しげく通ってくれていて、その人が教えてくれました。

そこは以前、私が今よりしゃれっ気があったころに通っていたところで、行くと大体店員・お客を含めてほとんど女性で、そういった意味でも私の欲求を満たしてくれました。

そんな私もだんだんコストが気になるようになり、それと反比例するようにしゃれっ気もなくなってきて、コスト重視の理容室に通うようになりました。

でも、私が理容室を紹介した人は、足しげく通ってくれました。

かつてお世話になった美容室の皆様と、通ってくれた私の知人に、感謝。

女性のメイクは昔はすっぴん風がいいと思っていましたが最近はバッチリメイクがいいとも思います

普通に頭の中で考えるとすっぴん風がいいとも思うのですが、いざ目の当たりにするとバッチリメイクがいいなとも思います。

ブログネタ: すっぴん風にばっちりメイク…、どのタイプが好き? 参加数

ただ私の奥さんはどっちかと言うとすっきりもしくはすっぴん風が似合う人で、この辺が結婚と恋愛で相手に求めることが違うと言うことかなと思います。

つまり、恋愛はあっているときだけばっちりしていれば満足であることに対し、結婚はしょっちゅう一緒にいるわけですから、やはり、すっぴんを見ることも多いということです。

さて、私が電車の中で座っていると、近くに「バッチリメイク」の女性が立っていました。結構きわどい服装も着ていて、明らかに男性の目をひきつけようとしている格好でした。

「こんな女性が目の前に立っていたら、男性は気になって仕方がないだろうな。」と思って横を向くと、その女性の目の前に並んで座っていた男性3人とも、目もくれずに携帯を操作していて、なんというか、思わず噴出しそうになりました。それとも私が見てないところでちらちら見ていたのでしょうか。

このブログでも以前、「女性をじろじろ見るのはどうか」と言う話をしたと思いますが、逆にあまりに無関心なのも、「やはり、少子化は当然の決着だよな。」と思わせるようで、これはこれでどうかとも思います。

以前聞いた話だと、「イタリアの男性は、女性を見ると話しかけないと『無関心で当たり前とと言うメッセージを意味して失礼』と考えるので、軟派が後を絶たない。」と言う話を聞いたことがありますが、そんな話とリンクしてしまいました。

一番長持ちしている服:痩せたばかりの頃買ったトランクス

一番長持ちしている服は、痩せたばかりのころ買ったトランクスですね。

ブログネタ: 一番長持ちしている服を教えて!参加数拍手

このブログをいつもごらんの方はご存知かもしれませんが、私は以前、0.1トンに迫る勢いの体重でした。ただ、ひょんなきっかけでダイエットをした結果、普通の体型の人に変わってしまいました。
なので、それまで着ていた服がほとんどダブダブで、「大は小をかねる」を通り過ぎて、着れなくなってしまいました。

しかも、やせてからも色々とあって、生活も結構変わりました。
なので、ずっと着ている服がほとんどありません。

ただ、それでは答えにならないので、あえてあげると、やせたばかりの頃買ったトランクスです。「トランクス」というと格好がいいのですが、要するにパンツですね。やせたばかりの頃に比べると、少し太ってしまった感があり、少し小さいのですが、それでも引き出しの中に眠っていて、時々はいています。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ