最近のトラックバック

スポーツ

無駄に頑張ってしまうこと:ストップウォッチの早押し

「ストップウォッチの早押し」とは、ストップウォッチをのスタートボタンをすばやく2回押すことです。

デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】無駄に頑張ってしまうことは?参加数

表示部には、2回押された間隔が表示されます。

0.1秒を切れば、取り合えず達成感を感じます。

やり方は、左手の親指をの上に右手の親指を重ねて、ボタンの上に乗せて、左手の指でボタンを押しながら左手の親指をどかしてそのまま右手の親指で再度ボタンを押します。

うまくすれば、0.08か0.09秒くらいの記録が出ます。

さて、これを読んでるあなたはどれくらい「無駄に頑張る」ことができるでしょう?

好きなフィギュアスケート選手は浅田真央選手かな

私が好きなフィギュアスケート選手は、やはり浅田真央選手かなと思います。

ブログネタ: 好きなフィギュアスケート選手は?参加数

好感の持てる姿や立ち振る舞いや、果敢に挑戦する姿勢もそうですし、よく使われるBGMも、ショパンを多用するなど、私の好みにも合います。

ライバルとされるキムヨナ選手は、前回のオリンピックではその圧倒的な存在感に大きく水をあけられた真央選手でしたが、今度はその雪辱を果たしてほしいです。

がんばれ! 真央選手!!

自転車の練習・・・

そういえば、幼い頃、自転車を練習して苦労したことを思い出しました。
「そういえば」というのは、こちらのブログを拝見して、思い出したということです。

私が自転車を買ってもらったとき、まだ補助輪なしで乗れなかったのですが、友達がどんどん自転車に乗りだして、自転車で遠出をする話を聞くようになって、私も自転車に乗りたいと思うようになりました。

どのように練習したかはよく覚えていないのですが、ペダルを踏んでも安定を保てるようになって、その感覚を覚えてからは乗れるようになって来ました。

小学校も高学年になってからは、当時はやった変速機付きの自転車を買ってもらって、意味もなく変速しながら乗っていたのを思い出します。

私が自転車を練習した当時は、「先生」に自転車を押さえてもらって、自転車をこぐようになって、だんだん押さえてもらわなくても乗れるようになっていくような練習の仕方が主流でした。

最近は、最初はペダルをはずして足で蹴るように走って二輪で走る感覚を身につけてから、ペダルをこぐような練習の仕方が最も上達が早いそうですね。

そういえば知り合いで自転車には乗れないけど、バイクには乗れる人がいました。かなり昔の話なので本当かどうかはわかりませんけど。でも、バイクにはペダルがないのですから、ペダルが苦手な人の中には、そのような人がいてもおかしくないのかなあと、思ってみたりもします。

野球マンガと言えば:ドカベンです

私はあまりスポーツ系のマンガは読まないのですが、唯一無二の例外が、ドカベンでした。

ブログネタ: 野球マンガといえば?参加数拍手

主人公のドカベンこと山田太郎が属する明訓高校と言われる神奈川県の高校が毎年必ず甲子園で優勝するまでになる強豪高校であるわけですが、それはとりもなおさず山田太郎やその仲間たちの活躍によるものが大きいわけです。

そして、その山田太郎をなんとしても破ってやろうと、ライバルたちが挑戦を望むのですが、明訓高校はそれらを破ってやはり優勝してしまいます。

面白いのは、ほかのスポコンものと違って、明訓高校が、この手のマンガにありがちな魔法のような技を振るうこともなく、淡々と基本に忠実に練習を重ね、常勝の名をほしいままにしているところです。

一方で、「敵」はそれこそ魔法のような手段を使って望んできているのにもかかわらずです。

その辺が心地よいと言うか、軽快感がありました。

真央さん金メダルおめでとう

真央さん金メダルおめでとう。

自分のことのようにうれしいです。

バンクーバーオリンピックの時に、キムヨナさんとの距離はもう縮まらないのかと思ったのですが、もうそんな心配はいらないですね。

これからもよろしくお願いします。

悔しいけどキムヨナさんの勝ちですね。真央さん銀メダルおめでとう

オリンピックの女子フィギュアが昨日終わりましたね。

キムヨナさんが金メダル。真央さんが銀メダルでした。

二人ともすばらしいすべりですが、私が感じた「差」は二人の体の大きさでした。

キムヨナさんのほうが体が大きく、滑った姿も美しいと思いました。

もっとも、体が大きいだけでなく、その体を余すことなく使い切る技術がないと、上位は目指せないですけどね。

こればかりは生まれついたものですが、真央さんのこれからの成長に期待します。

まずはお二人とも、メダルおめでとうございます。

ちなみに個人的には、鈴木さんののびのびとしたすべりが印象的でした。

この大舞台で危なげないこのすべりは、この方の将来性がただならないものであることをあらわしていると思います。

ウィンタースポーツの思い出:運動が不得意な私はスキーブームがつらかった

そもそも私は運動が不得意だったので、スキーは練習しても滑れるようにならなかったので、スキーブームはつらかったです。

ブログネタ: ウィンタースポーツの思い出は?参加数拍手

当時はスキーができなければ人付き合いも難しかったので、何とかがんばろうと思ったものです。でも結局はスキーに行っても急な斜面をうまく滑れずに、一緒に言った人とうまく交流できずに終わったものでした。

今は価値観の多様化で、どんな趣味の人にもそれなりの世界があります。いい時代です。

だんだん秋になってきました。運動会の季節です。

だんだん秋になってきて、運動会の季節になってきました。

近所の小学校でも、運動会をやっています。

続きを読む "だんだん秋になってきました。運動会の季節です。" »

運動会で一番好きな競技:組体操

運動はあまり好きではない私ですが、一番好きだった競技は「組体操」でした。

コネタマ参加中: 運動会で一番好きな競技は?

<script type="text/javascript" src="http://blog-neta.cocolog-nifty.com/javascript/entry/ygNHCHNx91" class="wysiwyg-script"></script>

それまでかけっこにしろ、なんにしろ、「運動ができないから仕方がなく参加できるもの。」にしか参加できなかったのですが、組体操は曲がりなりにも私の特徴が「認められて」参加できた競技のような気がしたからです。

続きを読む "運動会で一番好きな競技:組体操" »

何をつかんでいるかというと

格好的には当然こうでしょう。

コネタマ参加中: 【落書き】この男性は何をつかんでいるのでしょうか

<script type="text/javascript" src="http://blog-neta.cocolog-nifty.com/javascript/entry/6uIxxbVMcT" class="wysiwyg-script"></script>

続きを読む "何をつかんでいるかというと" »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ