最近のトラックバック

おすすめサイト

Photo of the Day ユニット交換式カメラを製品化したことの勇気

GXRについてネットサーフィンしていて、気になる記事を見つけたのでご紹介します。

リンク: Photo of the Day ユニット交換式カメラを製品化したことの勇気.

私もありそうな話とは思っていたのですが、実際にあったらしいです。というのは、このようなコンセプトのカメラを開発しようとしたところ、上市直前で周りの反対にあって頓挫してしまった・・・。というようなお話でした。

いろいろなメーカーでも、おそらくこのようなカメラを計画していたはずですし、そんなうわさも実際に飛び交っていたようですが、諸般の理由により日の目を見ることはなかったようです。

では何で、リコーはこのようなカメラを開発し、上市にこぎつけることができたのか。それも、さまざまな困難を乗り越えて。

最初にあげておきたいのは、リコーのコンパクトカメラはコンパクトカメラでありながら一眼レフに匹敵する高画質・高性能のコンパクトカメラを長年作ってきて、ユーザーをひきつけてきたこと。

そんなユーザーから「コンパクトカメラでもレンズ交換がしたい」という声を聞いたとき、「顧客第一主義」のリコーとしては、これをなんとしても形にしたいというのがあったに違いありません。

この「コンパクトカメラでもレンズ交換がしたい」という要望の意味を良く考えて、「コンパクトな一眼カメラがほしい」に翻訳しなかったのがこのメーカーのすごいところで、本当に素直に「レンズ交換ができるコンパクトカメラ」にこだわったのがこの結果と聞いています。

「コンパクトな一眼カメラ」は、カメラ本体はコンパクトにできても、長いレンズやズームレンズをつけると、その段階で「コンパクトカメラ」とは呼べなくなってしまいます。それではユーザーの期待に沿うことはできない。ユーザーの期待は「コンパクトカメラ」が前提だから。

リコーはここで妙な妥協はせず、あくまでコンパクトカメラであること、高画質であることにこだわりながらこのシステムを練り上げたのだと思います。

ではなぜリコーに困難きわまる茨の道を乗り越えることができたか。それは、とりもなおさずこの「お客様の要望にお答えする。」という精神があったからではないかと思います。

この「顧客満足」の精神は多くの会社が掲げていることですが、ここまで徹底することができる会社はそうないと思います。おそらく担当者から経営陣まで、組織的にもこの考え方が徹底されているということでしょう。だから全社一丸となって、このようなシステムの開発を推し進める勇気があったに違いありません。

ASCII.jp:発想の転換!? ユニット交換式カメラを買ってみた!|買ったからには全部言いたい! リコー「GXR」はどうなの?

「Ascii.jp ×デジタル」で、GXRの特集を組んでいたのでご紹介します。

リンク: ASCII.jp:発想の転換!? ユニット交換式カメラを買ってみた!|買ったからには全部言いたい! リコー「GXR」はどうなの?.

10編くらいのシリーズものになっているこのコラムですが、「第1回」から順番に見ようにも、なかなかうまく見ることができなかったので、手当たりしだい見てみました。

実際にGXRを使った見た印象が事細かに書かれていて、非常に参考になりました。

このシステムを設計するとき、電源には苦労されたと聞いていますが、やはり電池の持ちが良くないということは実際に使ってみてそうなったらしく、本体とカメラユニット双方に電源を供給し続けなければならないということは、もう少し何とかしないといけないのかなと思いました。

使われたのが3ヶ月間ということですが、電池は最初のうちはもちが悪く、何度か使っているうちに充電量が上がってくるようなので、様子を見た後の状況も聞きたいです。

ほかにもいくつか、細かい使い勝手の面での課題を指摘されていて、操作性については熟成が必要なのではないかと思いました。今後のファームウェアバージョンアップに期待します。

画質についてはおおむね満足されているようで、ここはやはり「絵作りのためのレンズ・撮像体一体型設計」を歌うだけのことはあるなと思いました。

お決まりの「GXRの設計陣にインタビュー」のコラムもありました。昨年お会いした福井さんや牧さんの姿もありました。コラムの著者の方の質問に対し、一つ一つ丁寧にお話されていることが印象的でした。

今後の話題の中で、「カメラユニット以外のユニットも出す」とありましたが、個人的にはカメラユニットの拡充や、撮影時の機能の拡充(撮影時間の延長・撮影枚数の増加・ファインダーと外部フラッシュの併用)など、撮影時の使い勝手が良くなる方向に行ってくれれば良いなと思います。

気軽にも、じっくりとも撮影にいそしめるGXRシステムに成長するのが私個人的な望みです。そうすれば我が家のIT計画にも取り込みやすくなると思います。

リコーGXRの「苦労話」のサイト2

前回に引き続き、続編を紹介します。

メカ設計の篠原さんへのインタビューを交えて紹介しています。

http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/reports/05/gxr_2a.html

今回これを読んでいて考えさせられたのは、実は最後の方の「3DCADで入力する前にExcelで設計思想を明確にすることを徹底している。」という部分です。

ともすると我々は、目の前に面白いツールがあるとそれを使って何かをしてしまう傾向にあります。それを全面的に否定するわけではないのですが、ともするとツールに振り回されることになりかねません。

そんな状況において、このようなやり方を徹底することは、本当の効率化を進めるためにとても重要なことではないかと思います。

話をGXRに戻すと、GXRのユニットも3つそろうことになり、今年じゅうにカメラユニットも4つになるとされています。早く普通の一眼レフ並みにラインアップが充実し、空想ではなく目の前のカメラユニットをネタに、盛り上がりたいものです。

リコーGXRの「苦労話」のサイト

以前週アスのイベントに行ったときに、「苦労話を教えてください」と質問したのですが、それにこたえるようなサイトを見つけましたので、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、紹介します。

http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/reports/04/gxr_a.html

ここで話をされている篠原さんは、そのイベントの当日も来ていらっしゃいました。

レンズが光を取り込むところから、画像データが記憶媒体に書きこまれるところまでの間で、レンズと撮像体を一体化する方が性能が高くなることはわかっても、いざそれを実際に行うことはさまざまなハードルが待ちかまえていたわけで、万が一まだご存知のない方がいらしたら、一読されることを希望します。

よくGXRと、これまでの撮像体交換可能なデジカメや、フィルムカートリッジ交換可能なカメラと一緒に語る方がいらっしゃるのですが、私は必ずしもそうはいえないのではないかと思います。

GXRは、レンズと撮像体の組み合わせによる絵作りを設計者が行うのですが、これまでの交換可能なカメラはレンズと撮像体との組み合わせによる絵作りをユーザーが行うことが大きな違いです。

フィルム時代は、絵作りはユーザーが行っても比較的よく収まるのですが、おそらくデジカメの場合は一筋縄ではいかないのではないかと思います。また、高級なレンズと組み合わされるべき撮像体は、やはり性能の高いものであったり、普及型のレンズだと比較的安価な撮像体でいいかもしれませんが、セッティングをうまくしないと本当に残念な結果になりかねません。

また、レンズにはレンズの、撮像体には撮像体のそれぞれの事情があって、感性だけでは語れない難しさがあると思います。

とかく「キワモノ」と言われるこのカメラシステムですが、「お客様視点」から得られたこのシステムを見守りたいと思います。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ