最近のトラックバック

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

体験したい漫画の世界:とりあえず宇宙戦艦ヤマトの世界

ブログネタ: マンガの世界を一日体験。どこに行きたい? 参加数

体験したい漫画の世界は、とりあえず宇宙戦艦ヤマトということにしておきます。

古代進になってイスカンダルに行って放射能除去装置コスモクリーナーDを取って来る役・・・、ではなくて、ひたすら地球にとどまって、宇宙戦艦ヤマトが戻ってきて、最終的には助かる、その中でも比較的平穏に待っていられる役がいいです。

理由は、宇宙戦艦ヤマトに乗り込むと、疲れそうだから。

ただ、ひょっとしたらその他大勢の役でヤマトに乗り込んだほうが無事な確率が高いかもしれませんが、いずれにしても以下に楽に過ごせるかがポイントですね。

だったらわざわざヤマトの世界に行くはずはないのですが、もう一つあるとしたらドラえもんの世界です。

便利な道具で平和に暮らしたいですね。

「行きつけの店」の話の続き:カーディーラー

そういえば昨日の話の中で、カーディーラーの話をしてませんでしたね。

今は近所のディーラーさんにお世話になっています。

私が今のオデッセイを購入したディーラーさんに車検(まだですけど)や点検、洗車などもお世話になっています。

私が購入したときにお世話になった営業さんはおやめになって、代わりの方に現在お世話になっているのですが、お邪魔しても可能な限り話し相手になってくれますし、○○の情報なんてのも見せてくれます。

フィットシャトルなど、新型車が出たときもわざわざ連絡をくれて、試乗を勧めてくれます。

おかげさまでホンダの車にもだいぶ詳しくなりました。

昔プリウスに乗っていた頃は、購入した店と、点検とかをお世話になった店とは別でした。にもかかわらず、担当してくださったサービスの方は丁寧に対応してくれ、プリウスの機構にも詳しく、かなり専門的な質問(?)にも答えてくださいました。

トヨタの現在のシェアは決して伊達ではなく、このような現場のかたがたの人柄に支えられているのだなあと感じさせてくれました。

中には行きつけにしたくてもできなかった、対応に問題があったり、なくなったお店(ディーラーに限らず)ありましたが、それも縁なので、仕方がないですね。

今のところに住んでから、そろそろ1年が見えてきていますが、これからも新しい行きつけの店を見つけていこうと思います。

「行きつけの店」は散髪屋さん・美容院であります。当たり前だけどカーディーラーとか

ブログネタ: “行きつけの店”って、ある?参加数

多くの方がそうだと思うのですが、私の場合も散髪屋さんや美容院に行きつけがありました。

その中でも以前通っていた美容院はいろいろな意味で思い出がたくさんありました。

そこに通う前までは近所の散髪屋さんに通っていたように思うのですが、以前よく通っていたCDショップのテナントの中にあったその美容院は、以前から気になっていました。

それで思い切って入ってみると、そこはとても女性ばかりの美容院で、ちょっと恥ずかしかったのですが、たまたまそこで担当になった主任の美容師さんが非常に丁寧にやってくれたので、また来ようかなという気になりました。

しばらくは指名せずにその美容院に通っていて、その主任さんにも何度かお世話になったのですが、途中から指名するようになりました。

引っ越してからは行かなくなりましたが、同僚に紹介したところ、その同僚の方も通ってくださったので、紹介した甲斐があったなと思いました。

先日、その同僚から、その店が閉店になったと聞きました。残念でしたが、その同僚がそこまで見届けてくれたことがうれしかったです。

食パンは6枚切りが普通です。一度食べてみたいのが一枚切り(一斤)

ブログネタ: 食パンは何枚切りが好き?参加数

パンは普段の朝に食べるのですが、大体6枚切りを一枚食べます。大体チーズを上に載せて食べます。また、ケチャップがあるときはケチャップを塗った上にチーズを載せて、ピザっぽくして食べます。

時々8枚切りになることもあるのですが、その場合は一枚は上記のようにして、もう一枚は蜂蜜か何か、甘いものをかけて食べます。

以前上野のNews Deli で、パン一斤のトーストにアイスをトッピングしたものがあって、食べたことがあるのですが、いつの間にか撤退されてしまったらしいです。残念。

ただそれは一斤と言っても小さめで、パンそのものもシナモンぽい味付けがされていたように記憶しています。ただ、その「一斤を丸ごと食べる」という豪快さが面白かったです。

できればもう一度一斤食いに挑戦してみたいと思うのですが、本当の一斤食いは大変そうですね。やはり、一緒に食べる人がいてこそトライできそうなものです。

食べ物にかけるもの:マヨネーズとかキムチとかケチャップとかカレー粉とか

ブログネタ: 【賞品付き】食べ物にかけるモノについてのオモシロネタ大募集!参加数

食べ物にかけるものと言って思い出すのがマヨネーズです。

以前述べたようにゆで卵にかけるのは比較的一般的ですが、ご飯にかけたり、それも白いご飯だけでなくてたとえばお稲荷さんの中に入っている混ぜご飯を取り出してマヨネーズをかけて食べたりも以前してました。

まあ、太るわけです。

最近の話をすると、キムチをカツにかけるというのがあります。キムチを「かける」と言うのも変な言い方ですが、カツや豚の角煮のような、比較的脂肪の多いものと一緒に食べると、えもいえぬおいしさを味わうことができます。

それはなんというか、スナック菓子の味に似た、えもいえぬ極上の味です。

ほかには、チャーハンにケチャップやカレー粉を入れて、自分の好きな味に仕立てると言うのも昔マイブームでした。

母親はよくお昼にチャーハンを作ってくれましたが、しょうゆで軽く味をつけてもらって、自分の皿の上でケチャップをかけたり、カレー粉をかけたりして、ケチャップチャーハンや、ドライカレーに仕立てて食べていました。

食べ物にかけるといろいろ面白いのですが、以前「貝料理」のバトルが「料理の鉄人」であって、その中にキャビアのソースをかけるなんていうものがあったらしいです。でもこれなんて、どっちがメインかわからないですよね。絶対にソースのほうが高いと思う。

もうすぐ秋…GXRのラインアップ充実の行方など

まだまだ夏と思っていたのですが、最近めっきり気温も下がり、半袖シャツじゃちょっぴり肌寒い季節になってきました。

さて、「この秋登場」という新製品のティーズキャンペーンもあちこちで聞かれますが、思いつくままに挙げておきます。

iphone5:
この秋登場と噂されますが、例のphone4のキャンペーンも9月30日で終わるそうなので、おそらく10月1日から登場するのではないかと思います。あと、iOS5の登場も、そろそろじゃないでしょうか。私はこっちのほうが楽しみですけど。

新GXRとAPS-Cズームレンズ:
この秋登場と噂されているAPS-C搭載のズームレンズと、今年中に登場するとうわさされている新GXRの概要が、そろそろわかってもいい時期じゃないでしょうか。我が家のデジカメの電池の寿命がそろそろ近づいてきていて、電池を買い足すよりは新しいデジカメを買ったほうがいいんじゃないかと考えだしている今日この頃です。
コンパクトならではの特徴はカメラユニットで、一眼レフの持つ拡張性はマウントユニットで展開するという二本立てになるのではないでしょうか。それにしてもカメラユニットをもっと選びがいのあるものにしてほしいです。

オデッセイ:
新型オデッセイの発売が10月6日になるそうです。私のオデッセイも、そろそろ3年目の車検を迎えることになります。早いもので、このブログを始めてからも、そろそろ3年ということになります。「思えばいと疾し」ですねえ・・・。

そういうわけで、食欲の秋、読書の秋、物欲の秋(?)・・・。のこの頃、いろいろな新製品が出てくるのが楽しみな今日この頃でした。

好きなハンバーグはチーズ乗せですが、あまり食べなくなりました

ブログネタ: 大好きなハンバーグはどれ?参加数

好きなハンバーグはチーズ乗せですが、最近は食べなくなりました。

幼いころ、普段家で出されていたハンバーグにチーズが乗っていて食べたところ、とても美味しくて、次から乗せてくれとせがんだことがあります。

それ以来、チーズ乗せが定番になったのですが、まあ、そんな食事をしたら太るわけです。

最近はハンバーグを食べる機会そのものが減りました。ハンバーグのメニューが並んでいるのをみると、チーズを乗せただけで高くなるパターンが多いので、そこまでしてチーズハンバーグにこだわることもなくなりました。

食の安全が叫ばれていますが、ハンバーグは何が入っているのか見えにくいこともあるので、安全と品質には万全を期してほしいです。

新型オデッセイ(4代目)で遠出をしました

先日、新型オデッセイで遠出をしました。

もっと走る方はいらっしゃると思うので恥ずかしいのですが、一日に500km弱移動しました。

以前も一日で500km弱くらい移動することはあって、その時は初期型プリウスだったりしたのですが、その時に比べると、休憩は昼食をとった時の1回だけだったし、大体ぬあわ か ぬうわ 速い時で ぬえわ km/hくらいで移動していました。しかも、そんなに飛ばそうとしてなかったのですが、道がよかったこともあり、普通にアクセルを踏んでいると自然にそんなスピードになってしまっていました。

初期型プリウスの時はぬあわkm/hがやっとで、ぬふわkm/hも結構きつかったので、運転すると疲れてしまい、休憩も3回くらい取りながら移動していました。

安定した走りは、いろいろと助かります。ただ、制限速度をきちんと守り、安全を心がけないといけないですね。

好きなお団子の味:幼い頃から好きなのはみたらしです

ブログネタ: 好きなお団子は何味?参加数

幼い頃から好きなお団子の味はみたらしです。

ほかに好きなのは、むかし柴又で買った草団子のあんこ乗せで、もともと草団子は好きなので、おいしく食べてました。

最近は、特別何が好きと言うのもないのですが、きな粉団子とか、ゴマ団子とか、草団子とか、もちろんみたらし団子とか、その辺が定番ですね。

私が寝るときは、普通はパジャマです。時々下着だけで寝たりもします。その他安眠のコツ

ブログネタ: あなたは寝るとき何を着る?参加数

最近の傾向としては、普通にお風呂に入って寝るときはパジャマに着替えます。ただ、お風呂に入るほど元気(?)でないときは、着替えないでそのまま寝てしまいます。

また、お風呂に入った後は一階の寝室で、そうでないときは二階のリビングで寝てしまいます。

ちなみに一階の寝室では、目覚めようにASSAをセットして、エアコンを「お休みモード」にセットして寝ています。

ASSAは話題なのですが、エアコンも意外に使えることが最近になってわかってきました。

寝るときに寝ようと思う時間分セットしてベッドに横になると、エアコンが「お休みモード」運転を始め、ひんやりとした風を出し始めます。すると、今までそんなに眠くなかったのが、徐々に眠くなってきて、いつの間にか寝てしまいます。

セットしている時間が近づくと、今度は徐々にエアコンの温度が高くなり、いつの間にかおきてしまいます。

それはまるで、以前「眉村卓」の小説に出てきた、「睡眠装置」のようで、狐につままれたようです。もっともあの装置は17分刻みの設定で、エアコンはそこまで細かくないですけどね。

ただ、あまり薄着だと、直接ひんやりした風が当たってかえって気になってしまいます。

やはり、あまり薄着過ぎたり、肌を露出しない服を心がけたほうがよさそうで、やはり万能ではないですね。

もうすぐ始まる「ドラゴンクエスト展」

たまたま見つけたのですが、もうすぐ「ドラゴンクエスト展」が始まるそうです。

http://www.dq25ten.jp/

歴代のストーリーやキャラクター達の紹介はもちろんなんですが、「道具屋」に見立てた「ミュージアムショップ」や、「ルイーダの酒場」に見立てた「軽食コーナー」なんてあったのは、ちょっとびっくりして、大爆笑してしまいました。(あっ、本当はルイーダの酒場は別棟にある、前からオープンしているカフェらしいですけど。)

そこまでするのなら、ここに来た人のための実際に泊まれる「旅人の宿屋」で、カップルで泊まると「昨日はお楽しみでしたね。」なんて言われてしまったりとか、ちょっと怪しい「ぱふぱふの店」で、ドラクエワールド版「メイドカフェ」なんてあったりとか。

ただ、うっかり入ったらいきなりバリアが覇ってあって、大怪我しちゃったらしゃれになりませんけど、「障害物競走」なんてコーナーがあったりとか。

六本木ヒルズの一角にできたのはうれしいです。もっと大きなテーマパークになったら、もっと面白いかもしれませんね。

GR DIGITAL Ⅳ に見る、新GXRの姿

GR DIGITAL Ⅳ が発売になりました。

CXシリーズを視野に入れても、これまでのリコーのカメラのスペックを凌駕するスペックが各所に見られます。

たとえば背面のディスプレイの画素数とか、CX5に続くハイブリッドAFの採用とか、手振れ機能の初搭載とか、まだ全部見てないですけど。

おそらくこれらの機能のうち、いくつかは新GXRにも盛り込まれる気がします。たとえば、背面のディスプレイの画素数は、やはり上げてほしいです。我が家では最初にこの画面を見て、これでよいと判断するか、もう一枚撮るか、撮るのならどういう風に露出を振って撮るかを決めるからです。

秋口にもしくは来年早々に出る可能性が高い新GXRが今から楽しみです。

食べ物にかけるもの:マヨネーズとかキムチとかケチャップとかカレー粉とか

ブログネタ: 【賞品付き】食べ物にかけるモノについてのオモシロネタ大募集!参加数

食べ物にかけるものと言って思い出すのがマヨネーズです。

以前述べたように卵にかけるのは比較的一般的ですが、ご飯にかけたり、それも白いご飯だけでなくてお稲荷さんの中に入っている混ぜご飯を取り出してマヨネーズをかけて食べたりも以前してました。

まあ、太るわけです。

最近の話をすると、キムチをカツにかけるというのがあります。キムチを「かける」と言うのも変な言い方ですが、カツや豚の角煮のような、比較的脂肪の多いものと一緒に食べると、えもいえぬおいしさを味わうことができます。

それはなんというか、スナック菓子の味に似た、えもいえぬ極上の味です。

ほかには、チャーハンにケチャップやカレー粉を入れて、自分の好きな味に仕立てると言うのも昔マイブームでした。

母親はよくお昼にチャーハンを作ってくれましたが、しょうゆで軽く味をつけてもらって、自分の皿の上でケチャップをかけたり、カレー粉をかけたりして、ケチャップチャーハンや、ドライカレーに仕立てて食べていました。

食べ物にかけるといろいろ面白いのですが、以前「貝料理」のバトルが「料理の鉄人」であって、その中にキャビアのソースをかけるなんていうものがあったらしいです。でもこれなんて、どっちがメインかわからないですよね。絶対にソースのほうが高いと思う。

我が家の節電率:節電型のエアコンを買うお金を拠出した自分に免じて20%

ブログネタ: 今年の夏、あなたの家の節電率は?参加数

そういうわけで家を建てて住み始めてから初めての夏を迎えたわけなので、当然以前使っていた電気代と比べようがないので、どのくらい節電したかもわからないです。

ただ、いわゆるわれわれの生活パターンと似ている方の話を聞くと、20%くらい電気代が安いんじゃないかと思います。

おそらくそれは、夏場の場合エアコンの電気代の違いが大きいと思うので、たぶん節電型のエアコンを使ったおかげかなと思います。

もちろん、エアコンの使用を節約するようなことはなく、家にいるときは大体エアコンはつけっぱなしなのですが、時々部屋が冷えたときはエアコンが勝手に止まったり、低消費電力運転をしていたりするみたいです。

面倒なエアコンのフィルター掃除も、エアコンを切ったときに勝手にしてくれています。

これで多少は、節電に貢献したんじゃないかと思います。

もう一つあるとすれば、「オール電化行け行けドンドン」の頃に、あえてガスと併用を選択したこともあると思います。

ちなみに現在、電気代の値上げが検討されているみたいですけど、やるんだったら「オール電化契約」をやめてほしいです。電気を使うのはみんな一緒なんですから、最も電気を使うところから順番に値上げしたり、特典を廃止したりしてほしいです。

そういえば最近は、「ハイブリッド給湯システム」なんてものがあるそうです。

http://rinnai.jp/products/waterheater/hybrid/hybrid_point

最初にオール電化の説明を聞いたときもそう思ったのですが、オール電化の生活は結構自分のライフスタイルを変えなければならないらしく、やはり不規則な自分の生活にはなじまないなと思いました。

節電はいいのですが、やはり自分のライフスタイルを極力変えないでできる範囲にしたいです。

水道水はこしきで濾してから飲んでます

ブログネタ: 水道水、そのまま飲んでる?参加数

水道水は、以前は近くのスーパーで無料の(専用のタンクは買うのですが)水汲み機があったので、そこで汲んで飲んでいました。その前まではミネラルウォーターを買っていたのですが、あまり長続きはしませんでした。

今は新しい家で同時に装備してもらったビルトインタイプの浄水器で濾した水を飲んでいます。

一応市街地に住んでいるので、やはり水は消毒のにおいが強かったりするので、濾した水を使っています。

昔「水の展示会」なんてものに行った事があったのですが、「普通のこしきではトリハロメタンは取れない。ペットボトルでも残留しているものがある。」という話を聞いて、「ああ、ペットボトルだからいいというものではないのだな。」と思いました。

また、エジプトに行って現地のペットボトル入りの水を飲んでも、やはり腹をこわしました。

やはり、ペットボトルの水を過信してはいけないです。浄水器と同様、吟味が必要だと思いました。

江崎史恵アナウンサー 昇格?

いつの間にかNHK「おはよう日本」5時台からいなくなった江崎史恵(えざきしえ)アナウンサーですが、なかなか5時台に戻ってこないなーと思っていたら、なんと、

NHK「おはよう日本」7時台にいたじゃないですか!!

突然だったので断片的にしか見てなかったのですが、どうやら5時台で見せてくれた巨大な天気状況表示パネルの前を可憐に歩きながら解説するシーンは、どうもなかったみたいで、朝の楽しみが一つ減った気がします。

また以前のように、巨大な天気パネルの前を可憐にウォークする姿を見せていただきたいです。

ただ、おそらく5時台に比べて7時代のほうが視聴率も高いでしょうから、おそらく「昇格」したと言うことでしょうか。

まずは、無事に仕事をされているようでよかったです。

10月1日に何か?

さて、私がiphone4を買ったときにやっていた「乗り換えキャンペーン for iphone4」ですが、どうやら9月いっぱいみたいで、10月1日にはなくなるそうです。

「何が起こるのですか?」と、お店の人に聞いてみましたが、「わからない」との事でした。

さて、何が起こるのでしょう???

私の睡眠環境2(エアコンの効果)

ブログネタ: あなたは「寝つき」のいいほう?参加数

エアコンはダイキン製ですが、ハイエンドではないものの「快眠モード」が付いています。リビングにある東芝製は5時間と言った設定しかできないのですが、こちらは1時間刻みで設定ができるので、睡眠時間が短い私にとっては都合がいいです。

さて、この「快眠モード」ですが、ASSAと同様に、体のリズムを合わせるタイプのものです。

寝るときに快適と感じる状態にしておいて、起きようとする時間を設定すると、まず、時間をかけて少しづつ室温を下げて、当初の室温-2℃にします。

そして、起きようとする時間の30分くらい前から徐々に室温を上げて、元に戻すそうです。

そうすると、快適に目が覚めるそうです。

ASSAは寝覚めだけですが、このエアコンの「快眠モード」は、眠りについてから起きるまでをトータルに面倒を見てくれます。実際にこれをかけて横になると、自然と眠くなり、そのまま夢の中に行ってしまいます。

それで、ASSAで起きるまでもなく、30分くらい前から起きる準備を始めます。

眠りにつきやすいという意味でも、なかなかいいものです。

ただ、時々冷房の風などが当たり、早く目覚める事があるので、そんなときは切ってます。万能ではないです。

私の睡眠環境2(ASSA の効果)

前回の続きで、私の睡眠環境のうち、ASSAについて書きます。

ブログネタ: あなたは「寝つき」のいいほう?参加数

照明はパナソニックのASSAと呼ばれるシーリングライトで、照明と音声の両方から、静かに起こしてくれ、目覚めをさわやかにしてくれます。

メーカーの製品のページはこちら:
http://denko.panasonic.biz/Ebox/assa/

また、ITmedia +D LifeStyle のモニター記事はこちら: http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0510/19/news002.html

なので、詳細な内容はこちらを参考いただくとして。

具体的に言うと、目覚ましをセットする30分くらい前から「ほのかに」光が照りだし、だんだんと強くなって目覚まし近くになると光量が100%になります。

一方、目覚ましの手前あたりから「お目覚めサウンド」が鳴り出し、だんだんと強くなった後、お目覚め時間になるとそれがやんで、何の変哲もない「ブザー」が鳴り出します。

使ってみましたが、最初に気になったのが「ほのかに」光りだす光量の強さ。
本当はもっと弱い光から始まってほしいです。眠りが浅いときはその一発目で起きてしまいます。もっとも、眠りが深いときは最後の「お目覚めサウンド」が鳴るまで気がつかないこともあり、その辺は難しいところですが、少なくとも最初の一発目はLED照明をつけるなど、もっと弱くてもいいのではないかとも思います。

ただ、一つ思ったのがこのライトのインバーターが、おそらく普通の照明器具のインバーターよりも一ランク上のものを使っているのではないかと言う点。普通のシーリングライトは「調光モード」でつけたとしても、最初に一旦全灯した後に、だんだん暗くなって調光になるのですが、最初の全灯した瞬間の光がまぶしくて、目が覚めてしまうことがあります。

その点、このASSAは、最初から「調光モード」で光ります。光りだすまでにタイムラグがあるので、たぶんこのタイミングで準備してから光るのだろうと思います。さすが寝室に取り付けることを前提にしたシーリングライトだなあと思います。

さて、使ってみて起きた変化ですが、最初は目覚めはいいけど、やはり睡眠時間は15~30分くらい削られるので、日中の眠気はより増してしまうと言う不具合(?)があります。そもそも3時間くらいしか睡眠時間がないのに、そのうちの30分を目覚めまでの行程に当てえられてしまうと、それだけで1/6の睡眠時間が削られることになってしまいます。

これについては3時間の睡眠時間が異常なわけですから、睡眠時間そのものをより多く取れるようにするつもりです。

また、比較的覚醒された状態で目覚めるので、胃腸も目覚めているのか、朝食後のお通じも比較的良いです。いつもは胃腸が寝ぼけているのか、朝のお通じはないときも多いです。お通じで悩んでいる方は、これを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

そういうわけで、良し悪しもあるのですが、寝覚めが悪くて苦労されている方は使ってみても良いと思います。

さて、このASSAと言うシステム、リモコンに時間をセットして、所定のボタンを押すと、明り側から「お目覚めタイマーを設定しました。」と言ってくるのですが、お互いどういう風に動作しているか、考えたことあります?

普通はリモコン側に時計があるのですから、リモコンからの指令で明り側が「お目覚め動作」をはじめると考えるのが普通ですが、お目覚めタイマーをセットした後にリモコンをあらぬ方向に向けてもやはり動作するようです。

思うに、リモコンは「現在の時間」と、「お目覚めの時間」との設定から、「何時間何分後にお目覚め動作を開始しろ」という信号を明り側に送っているんじゃないかと思います。そうすれば、リモコンで設定したときに「お目覚めタイマーを設定しました。」とさえ確認できれば、あとはリモコンをあらぬ方向に向けても大丈夫と言うわけです。

モデルチェンジされる前までのリモコンはもうちょっとごついつくりだったと思うのですが、ひょっとしたらこれはリモコン側にタイマーが入っていて、明り側に指令が行くと言うつくりだったのかもしれませんね。

ご参考:
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2008/01/15/1777.html

リコーGXR Mマウントユニットをカタログで見た感想

先日久しぶりにリコーのGXRコーナーで見ていて、カタログがあったので手にとって見ると、Mマウントユニットの記述があったカタログがあったので、手に入れて見てみました。

M マウントと言えば、「『レンズと撮像体とをトータルで光学系とみなして最適化設計をする。』という当初のGXRのコンセプトから外れているのではないか。」

なんて説がささやかれているのですが、このカタログを見て、少しだけそれは違うんじゃないかなと思いました。

と言うのも「レンズの個性に合わせたきめ細かな補正が可能です」というくだりがあるからです。

私が描いているライカのレンズのイメージは、「飛びぬけた描写力を持つが、癖がある。」というもので、やはり素人が使いこなすのは大変と言うものでした。

そんなレンズを使いこなすには、やはりこんなマウントユニットが必要と言うことでしょうか。

「○○レンズモード」と言うのがあって、それにあわせると最適な撮影ができると言うことでしょうか。

私は今ライカマウントのレンズを持っていないので、よっぽどのことがない限りわざわざライカマウントのレンズを買って使おうとは思わないのですが、誰かにライカマウントのレンズを譲ってもらったら、買って使ってみたいとは思います。

もう若くないと感じた瞬間:疲れからの再帰に時間がかかる

もう若くないと感じた瞬間は、疲れからの再帰に時間がかかるときです。

デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】もう若くないと感じた瞬間は?参加数

たとえばたまに飲みに行って、そのときは楽しいのですが、次の日に疲れが残って、その日の夜も疲れが残るなど、行動に支障が感じられるくらい疲れてしまいます。

疲れているときは、風呂に入るのも億劫になり、そのまま寝てしまうか、途中で起きて風呂に入ってまた寝るかしてしまいます。

筋肉痛なんかも、ひどいときは一週間くらい何らかの違和感が残ってしまいます。

運転の疲れも、やはり残ってしまいます。

いやあ、歳はとりたくないものです。いつまでも若いつもりでいると後でとんでもないことになります。気をつけたいものです。

Iphoneで音楽を聴くようになりました。

最近iphoneで音楽を聴くようになりました。
これまでヘッドホンステレオを買ってもあまり続かなかったのですが、今回は比較的続いています。

多分扱い方が簡単だからだと思います。

江崎史恵アナウンサー

毎朝、楽しみにしている番組の一つに「おはよう日本」があります。
特に5時台の江崎史恵アナウンサーの登場が楽しみなのですが、最近姿を見ないです。
夏休みだと思うのですが、本当にそうか、そうならいつ頃戻るのか、誰か教えてくれないでしょうか。

私が撮った雲の写真

私が撮った雲の写真をお見せします。

Img_6204_s_2

  ブログネタ: 【写真ネタ】あなたが撮った「雲」の写真を見せて!参加数

えっ? 「そりゃクマだろう」ですって? ああ、すみません。間違えました。

クマの写真ではなくて、雲の写真でしたね。

Cimg0492

昔、北海道旅行にいったときに、帰りに撮った雲の写真です。

ちょうど陸奥湾か青森湾に入ってきた頃撮ったので、陸地と海面との境目が若干上下して見えます。

ちなみにこの風景、私が漫然と見ている目の前にあったわけではなく、私が目にした雲をいろいろな視点で確認して、切り取った結果です。このような風景になったのは、船が進んでいくほんの一瞬でした。

実際にはこの薄い雲は、空に線を引いたような部分から広がっていて、普通に見れば単なる一部分から広がる薄い雲に過ぎなかったかもしれません。

「写真を撮るとは風景を切り取ると言うことである。」とはよく言われることですが、これこそまさにその成果だと思っています。

なんて、自慢話を読んでいても面白くないでしょうけど、「こんな景色と遭遇できたなんてラッキーだった」と言われるのも微妙なので、ここに記述してみました。

Cimg1744

さて、これは以前私が住んでいた家の窓から撮った雲の写真です。

これはこのまま目の前にあった風景でしたが、いわし雲の感じがきれいでしたね。

東原亜希さん、i-MiEV の電力でアウトドア料理に挑戦 | レスポンス (エコカー、EVのニュース)

i-Mievの電池を使って、アウトドアクッキングなどができるシステムの検討を進めているらしく、先日そのプレゼンを行ったそうです。

http://response.jp/article/2011/09/02/161722.html

印象的だったのが東原亜希さんのコメントの中で、「火が熾せない草食男子もこれなら大丈夫。」というくだりがあったことです。確かにキャンプに行って女性が食材の準備をしてる間に、男性が火を熾してあげると言うのは、一般的なキャンプの風景だと思うのですが、確かに最近のキャンプではあまり火を熾すのに苦労をしなくなったようです。

以前久しぶりに行ったキャンプ場では、周りの人が当たり前のようにコンロに置いた木にガスバーナーで火をつけていたのを見て、時代もずいぶん変わったなあと思ったものでした。

また、以前の知り合いは当たり前のように固形燃料を取り出そうとしていて、「固形燃料は使った後の手入れが面倒なんですよね~。」なんて言っていたので、固形燃料を使わないことにし、私が火を熾すことにしました。

まず、コンロには網が載せてあって、その上に薪などを載せればいいという前提で、その上にまず新聞紙を「紙縒り」状にして、コンロの底に這わせるようにして、その上に、木のチップや小枝のような小さな木を載せて、その上に、丸太のような大きな木切れを載せておきます。

それで、紙縒り状になった新聞紙に火をつけると、火はゆっくりと燃え始め、最初のほうに乗っけた木切れや木のチップに火をつけます。後はその日が丸太のほうに燃え広がり、やがて丸太にも火がつきます。こうして燃え広がります。紙縒り状にする理由は、徐々に燃えるので、木に火が移りやすいからです。

コンロのような文明の利器がない場合は、基本土に穴を掘り、木が下に行かないように太目の木を渡して、その木の上に比較的細い木を渡して、その上に紙を紙縒り状にしたものを渡して、さらにその上には、先ほどの順番で木を渡していきます。それで紙に火をつければ、大体燃え広がります。

紙のような文明の利器がない場合は葉っぱとか木をナイフとかで薄く切れ目を入れたようなものを使います。

最近は災害で文明の利器なんて何もないところに放り出されるようなことを想定しないといけないので、そんな状況で何をすればいいかは考えておくべきです。

まず、火を絶やしてはいけないので、マッチやライターなど、常備しておくことは重要です。火を熾すのは大変で、そのために原始時代の再現シーンには火をつけっぱなしにしておいて消えないように守る場面があるわけです。

原始時代は火を熾せることが女性を守る男性の知的活動の一つだったのですが、時代は変わりましたね。ただそんな時代も、逆戻りさせられるのが、災害です。

プリウスαの実車を発見

プリウスαが実際に走っている所を発見しました。

最初見たときは「おお、いつものプリウスか・・・。」と思っていたのですが、近づくにつれてなんとなく様子が違って一回り大きいことに気がつき、そのうち車体の形が違うことが目に留まり、「ああ、そうか。これがうわさのプリウスαか。」と、やっと気がつきました。

道で見るとプリウスそっくりです。後を見てやっとわかるくらい。

もちろん、二台並べてみると違いははっきりするのでしょうけどね。

プリウスαは燃費が31.0km/lで、プリウスの38.0km/lと比べると差ほどインパクトがないので、プリウスほど売れてはいないようですが、それでもこれから道で見かけることも多くなるのでしょうね。

まずは初お目見え出来てよかったです。

ペンタックスQを触って来ました:GXRのQマウントユニットは出るのか

先日、まだ発売して間もないときに、ペンタックスQを触ってきました。

実際に見た印象は、「コンパクトカメラのようにものすごく小さい」と言うものです。

いえ、いわゆるハイエンドと言われる妙にでかいコンパクトカメラと比べると、むしろ小さいのではないでしょうか。

撮像体も1/2.3インチと、ハイエンドコンパクトカメラに比べると、また小さい撮像体です。

レンズも面白くて、標準レンズのほかに、魚眼レンズや、ピンホールレンズも見てみました。

面白かったのは内臓フラッシュをアクティブにした状態の格好で、なんだか複数のアームが組み合わさったものがパンタグラフのように飛び出して、なにやら踊りを踊っているようでした。

フラッシュはレンズから離したほうが自然な写り方になるので、それを内臓フラッシュで実現できるのは、よい工夫だと思います。

サンプルを見せてもらいました。鮮やかなきれいな写真だと思います。

ただ、1/2.3と聞いたからそう思うだけかもしれませんが、やはりなんとなく平坦なトーンが感じられ、もっと微妙なニュアンスの再現が必要になる被写体の場合はどうなのかなと、ちょっとだけ思います。

まあとりあえず、重いのがいやで、それでもいろいろなレンズをとっかえひっかえ楽しんで遊ぼうとする人にはいいカメラじゃなかなと思いました。

リコーがペンタックスを買収した今、マウントユニットは出るのでしょうか・・・?

TESLA MODEL S:良くも悪くも「電気自動車」

さて、MODEL Sです。

http://www.teslamotors.com/jp/models

karma と違うのは、電池だけで動作する電気自動車だというところ。

しかも、航続距離は最大480kmと、karmaと変わらない航続距離。

値段など、ほかの要因もありますが、この二台を並べると「レンジエクステンダー」とは何かと、考えさせられます。

電池の技術、電気自動車の航続距離を伸ばす技術は、ここまできたんだなあと、考えさせられます。

MODEL S は、電池は重いけど、比較的自由な形で格納できると言う特徴を最大限に生かし、床下に敷き詰めると言う方法で、広いキャビンと低重心を実現していると思います。

実際に走っている姿をビデオで見ると、ロールが少なく、安定した走りに思われます。

今後充実していくと思われる電気自動車の充電インフラを考えると、非常に魅力的な車です。

あとは、レンジエクステンダーとして、燃料電池ユニットやガソリン発電ユニットなんて装着できるようになると、いろいろと用途が広がって楽しそうですね。今はどうしても充電インフラが限られるので、今の時点で買うのはやはり躊躇します。

このように魅力的な要素がいっぱいの車ですが、残念ながらボディーが大きくて、都内の狭小地域ではもてあましてしまうのではと思います。

もう少し小さくならないですかね。せめてオデッセイくらい。

Fisker Karma :Lexusとどっちを買う?

Fisker Karma のHPはこちらです。

http://www.fiskerautomotive.com/en-us

スペックはこっちのほうがわかりやすいと思います。モバイルサイトですけど。

http://m.fiskerautomotive.com/#karma-specs

乗ってみないと正確なことはわかりませんが、おそらくLexus xxxh シリーズを買うときに、迷うと思います。

ただ、Lexus のハイブリッドよりはより電気自動車に近く、静かにパワフルに走ることが予想されます。また、このグラマスなボディーは、やはり日本の街中ではよかれ悪しかれかなり目立つなと思われます。

ちなみにまだ日本に正規ディーラーがあるわけではなく、並行輸入(?)で入ってくるだけのようですけどね。

電気自動車モードで80km、スポーツ(ガソリン)モードで400km、あわせて480kmというのは、ちょっと少ない気もします。こんなものでしたっけ。ハイブリッドカーの電気自動車に対するアドバンテージはワンチャージあたりの距離が長いことなのですから、もう少しがんばってほしいです。

長さ5m、幅2mというのは、相当大柄なボディーで、日本の狭小地には合わないなあと思います。これはアメリカの車なのですから当然と言えば当然です。ただ、アメリカでも小さい車は売れるのですから、今後は小型モデルも出してほしいです。

というわけで、電気自動車と対して変わらない航続距離で、においのするガソリンを給油しなければならないなど、たしかに地道かもしれませんが、もう少し夢がほしいなと思います。

Lexus と比べてですが、LSを買うお金があるのなら、考えてみてはいかがでしょう。

明日はTESLA MODEL S です。

TESLA MODEL S と Fisker Karma

先日、スパの休憩室で雑誌を読んでいたら、「これからは電気自動車の時代」と言うことがテーマのようなコラムで、表記の TESLA MODEL S と Fisker Karma が取り上げられていました。

読んでいるうちに、いろいろと思いがこみ上げてきました。

これから何回かに分けて、その思いを書いてみたいと思います。

乞うご期待。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ