最近のトラックバック

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

今まで行った中で一番好きな旅先:沖縄

今まで行った中で一番好きな旅先は、沖縄です。

ブログネタ: 今まで行った中で一番好きな旅先は?参加数

勤め始めて一番最初に、勤め先の同僚に勧められて、一緒に行ったのが沖縄でした。

そのときは、沖縄本島と、石垣島と、そこからの離島の黒島に行きました。

その黒島でシュノーケリングをしたのですが、そこで見た珊瑚礁や魚たちがとてもきれいで、非常に満足した旅行でした

次の年、学校時代の友達に会い、「夏に旅行に行きたいね。」なんて話をしていて、「どこに行きたい?」と聞かれたとき、「去年沖縄に行ったけど、海がきれいだった。」などと、言ったときのことを話しました。

そうしたらじゃあ行こうと言う話になり、次の年も沖縄に行こうということになりました。

で、次の年も沖縄、その次の年も沖縄と、毎年沖縄に行っていました。

私が前の結婚をしてからは、そういう風に沖縄に行かなくなりましたが、今でも沖縄は行ってみたい旅行先のひとつとなっています。

田舎の一軒家と都会のマンションどっちがいいか?:都会の一軒家ですが何か?

「田舎の一軒家と都会のマンションとでどっちがいいか」という選択肢のようですが、「都会の一軒家ですが何か?」なんて、2ch風の突込みを入れましたが、ただ、二者択一なので「都会のマンション」と入れました。

ブログネタ: 田舎の一軒家と都会のマンション、どっちがいい?参加数

そういうわけで、一応「都会」と言う場所で「一軒家」という家に住んでいます。

「都会」に住むよさは、やはり交通の便利がいいので、文化的な活動が活発にできると言うことだと思います。また、周辺の地方にも比較的行きやすいと言うこともあります。

「一軒家」に住むよさは、やはり自分の好きなように家を作りかえることができることだと思います。もちろん、持ち家であることが前提ですが。

「田舎」に住むよさは、やはり空気がいいということと、自然がすぐ近くにあると言うことです。

「マンション」に住むよさは、部屋の中に階段がないことで、移動がしやすいと言うことですが、間取りによっては廊下が長かったりするのでよしあしですけど。また、いろいろな面倒を管理組合とかがしてくれる場合は、比較的便利だったりします。

そういうわけで、それぞれよさがあるわけですが、いずれにしても気になるのはやはり先立つもの。

コツはいろいろとあるのですが、若い頃からお金を使うことを覚えないこと、特に男女交際はお金を使うので、若い頃はほどほどにしておくこと、あまり若い頃から家を買わないこと。自己資金がないうちから買うと、家賃より高額な利子を払わされます。

戦うのなら:エイリアンは嫌です ターミネーターのほうがまだいい

戦うのなら、エイリアンのほうが断然嫌です。ターミネーターのほうがまだいいです。

ブログネタ: 究極の選択! 闘うなら、どっちがイヤ?参加数

理由はエイリアンは気色悪いから。体全体がねばねばして気持ち悪いし、勝ったら勝ったで体液が飛び散ったり、死体がどろどろになったりして気持ち悪いし。

ターミネーターは所詮機械だから、勝ったら機械が壊れるだけなので、まだましかな。

エイリアンもターミネーターも映画やテレビでよく見ていました。ターミネーターは人類が作り出したコンピューターに人類が追い込まれると言う話で、追い込まれた人類を勝利に導いた「ジョンコナー」を過去にさかのぼって根絶やしにしようと「ターミネーター」が過去(つまり現在)に送り込まれると言う共通したつくりになっています。

「ターミネーター」ではジョンが生まれる前にその母親「サラコナー」を殺そうと送り込まれ、同2では、ジョンコナーが幼い頃をねらわれ、3では青年に成長したジョンをねらわれてきていました。その後はよくわかりません。

エイリアンは宇宙船がエイリアンに襲われて、地球に連れてこられたら大変なので、宇宙で退治すると言うストーリーだったと記憶していますが、なにしろ見ていて気持ち悪くなるので、あまりちゃんとストーリーが思い出せません。

まあ、ターミネーターをやっつけたら人類を救った英雄になれるわけだから、チャレンジする価値はあるかな。

女性のメイクは昔はすっぴん風がいいと思っていましたが最近はバッチリメイクがいいとも思います

普通に頭の中で考えるとすっぴん風がいいとも思うのですが、いざ目の当たりにするとバッチリメイクがいいなとも思います。

ブログネタ: すっぴん風にばっちりメイク…、どのタイプが好き? 参加数

ただ私の奥さんはどっちかと言うとすっきりもしくはすっぴん風が似合う人で、この辺が結婚と恋愛で相手に求めることが違うと言うことかなと思います。

つまり、恋愛はあっているときだけばっちりしていれば満足であることに対し、結婚はしょっちゅう一緒にいるわけですから、やはり、すっぴんを見ることも多いということです。

さて、私が電車の中で座っていると、近くに「バッチリメイク」の女性が立っていました。結構きわどい服装も着ていて、明らかに男性の目をひきつけようとしている格好でした。

「こんな女性が目の前に立っていたら、男性は気になって仕方がないだろうな。」と思って横を向くと、その女性の目の前に並んで座っていた男性3人とも、目もくれずに携帯を操作していて、なんというか、思わず噴出しそうになりました。それとも私が見てないところでちらちら見ていたのでしょうか。

このブログでも以前、「女性をじろじろ見るのはどうか」と言う話をしたと思いますが、逆にあまりに無関心なのも、「やはり、少子化は当然の決着だよな。」と思わせるようで、これはこれでどうかとも思います。

以前聞いた話だと、「イタリアの男性は、女性を見ると話しかけないと『無関心で当たり前とと言うメッセージを意味して失礼』と考えるので、軟派が後を絶たない。」と言う話を聞いたことがありますが、そんな話とリンクしてしまいました。

「ピアニート公爵」の演奏に爆笑

私は最近、いまさらのように「ピアニート公爵」なるピアノ演奏家を知りました。

ご存知の方には何ですが、とりあえず、以下の演奏を聴いてみてください。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3679532

「巨人の星」と「ショパンピアノソナタ第3番フィナーレ」とをブレンドした演奏です。

「ピアノソナタ第3番」を弾きながら、しっかり「巨人の星」をしているところがすごいです。

この方、ピアノの演奏が上手です。本物の「ショパンピアノソナタ」を聴いてみたいです。

好きなフィギュアスケート選手は浅田真央選手かな

私が好きなフィギュアスケート選手は、やはり浅田真央選手かなと思います。

ブログネタ: 好きなフィギュアスケート選手は?参加数

好感の持てる姿や立ち振る舞いや、果敢に挑戦する姿勢もそうですし、よく使われるBGMも、ショパンを多用するなど、私の好みにも合います。

ライバルとされるキムヨナ選手は、前回のオリンピックではその圧倒的な存在感に大きく水をあけられた真央選手でしたが、今度はその雪辱を果たしてほしいです。

がんばれ! 真央選手!!

地震酔い

最近よく聴く言葉が「地震酔い」。

つまり、頻繁に揺れる環境に置かれると、ゆれてもないのに揺れているように感じると言う症状です。

「地震酔い」が発生したときは、周りのものをよく見て揺れていないことを確認したら、少し運動するなど気を紛らせるとよいと、あるページに出ていました。

そうしようとしてみたのですが、「揺れた」と持って周りを見てみると、釣り下がっているものが揺れているようにも見えるのですが、そのものが揺れているのか見ている自分が揺れているのかさえわからなくなります。

こうなると末期症状ですね。

被災地の皆様はこれとは比べ物にならないくらい大変な目に合われているのですが、活動を活発にすることで景気を高揚させ、間接的にでも被災地の皆様の復興を手助けする立場のわれわれがこのようでは、やはり活動に水を差されてしまいますね。

あまりに症状が続き、つらいようだったら医者に行くことも考えないと。

一年間同じものしか食べられないとしたら:奥さんはカレーを食べるそうです。私はどうしようかなあ・・・。

一年間同じものしか食べられないとしたら、奥さんはカレーだそうです。

ブログネタ: 1年間、同じものしか食べられないとしたらどれにする? 参加数

私はまあ、普通に食べられるものであればなんでもいいのですが、本当は「命の木」の実を食べたいです。

その昔、「エデンの園」には、その真ん中に「命の木」と「善悪の知識の木」があり、それぞれに実がなっていたそうす。アダムは「食べてはならない」と言われていた「善悪の知識の木」から食べたため、最初からの約束通り死ぬこととなったそうです。なぜアダムとイブがエデンから追い出されたかと言うと、一緒に植わっていた「命の木」からの食べることによって、永遠に生きることがないようにされたからだそうです。

もちろん、「命の木」なんてものは今は存在しないし、その木から食べることもできないのですが、もしそれができたなら死ぬこともなく、快適に生きることができるんじゃないかなあと思います。

今はいろいろな意味で人類最大の危機に直面しているわけですが、これを「天罰」と言う人もいるそうです。

わたしに言わせればそれはとんだお門違いで、人類に政治はできない、人類の基準では人類を幸福にできないと言うことの証なんじゃないかと思います。つまり、人類の自業自得であると。

まあ、普通の人類以上に強力なリーダーシップを持つ存在がない以上、それはないものねだりなわけですが、私はそうは言っても、願わざるを得ませんね。

二度とやりたくないバイト:人間関係を保つのが苦手だったのでどのバイトも続かなかったです

バイトは確かに働いた分お金が入ってくるので、そういう意味ではよいのですが、それ以上のもの(よい人間関係・今後役に立つ情報など)が得られることがなかったので、そういう意味ではすべてのバイトが「二度とやりたくないバイト」になってしまいました。

ブログネタ: 二度とやりたくないバイトは?参加数

やったバイトと言えば、紳士用品関連や、ビアガーデン、時計やめがねを売っているところ、試験監督、などなど、ほかにもあったかもしれませんが、うまい具合に思い出せないです。

そのときに知り合った人も、当然いたわけですが、その後連絡を取り合うような関係の方はいないです。

本当はカメラ屋など、電気製品などを売る仕事をしてみたかったのですが、どう応募していい川からないままになってしまいました。やはり、自分で動くようでないと、いいバイトにはめぐり合えないですね。

奥さんは本が好きなので、本屋でバイトしたことがあるそうですが、あまりバイトをしたことがないそうです。やはり、就学時代は可能な限りバイトなどせず、勉学にいそしむほうがいいですね。バイトしないで空いた「暇な時間」も勉強時間のうちであるはずです。

私の主力デジカメが修理から直ってきました:GXRを買うタイミングは程よい距離になりました

ちょっと前ですが、我が家の主力デジカメが修理から帰ってきました。

「壊れたからGXRに買い換えなきゃ」とも思っていましたが、そんなにあせって買う必要がなくなりました。

先日もお話しましたが、我が家の主力デジカメが撮影時に影が映るようになり、調べてみるとローパスフィルターにほこりが付いたようなので、結局修理に出すことにしたのです。

帰ってきた本体を見てみると、これまでとは見違えてレンズがきれいになっており、ディスプレイを除いた感じも一皮向けたようになりました。これでまた我が家のために活躍してくれそうでよかったです。

GXRは私の中では一眼の代わりと言う位置づけだったので、APS-Cのズームレンズユニットが発売になってから改めてシステム全体を見渡して、必要なカメラユニットをチョイスしようと思っています。あわてて買う必要がなくなったので、ちょっとホッとしています。

GXRシステムの今後の展開が今から楽しみです。

私のことではありませんが「こんなときに風邪を引いた」人の話

私も以前は、大学の入試を受けて、あるはずもない揚々たる将来に思いをはせていた頃がありました。

ブログネタ: “こんな大事な時に風邪引いちゃった”経験ある?参加数

さて、私はたまたまそのときに風邪を引いていなかったのですが、休憩時間に廊下の片隅でひたすら鼻に薬を入れて、鼻を通そうと躍起になっている人がいました。それはもう涙ぐましい状況で、思わず「ああ、大変だなあ。」と思ってしまいました。

私は特に若い頃は鼻アレルギーと呼ばれるものになっていて、肝心であってもなくても風邪を引いているような状態なので、このように「こんな大事なときに・・・」と呼ぶような状態になったことはありません。

「今日は本調子じゃないなあ・・・」とつぶやくそばから「じゃあ、イツが本調子なんだ?」と突っ込まれ、「そんなのあるわけないじゃないか。」と突っ込み返すようなものですね。

昔よくやった遊び:ビー玉遊びとか

昔幼い頃、よくやった遊びで覚えているのが、ビー玉遊びです。

ブログネタ: 昔よくやった、今じゃ珍しい遊びを教えて!参加数

よくビー玉遊びに誘われたのですが、誘われないとやらなかったので、よく友達のビー玉を使わせてもらっていました。

当時私が住んでいたあたりは、公園や空き地など、土がむき出しが当たり前だったので、四つの四方の場所と、真ん中にそれぞれ穴を開けて、(四方の間隔は1メートル位づつだったかな)で、それぞれがビー玉を投げて、四つ四方の穴に自分のビー玉を投げ入れていき、最後に真ん中の穴にビー玉を入れたらゴールで、ゴールした順番を競うと言うものでした。

ところで途中で穴に入っていないビー玉に自分のビー玉を当てることができた人は、無条件で次の穴に入れることができました。

さらに、自分がねらった距離に、手で半円を描いてそれが届く範囲であれば、その距離だけ近づいて投げることができました。

そういう、ビリヤードやパターゴルフやゲートボールなどのルールをまぜこぜにしたような遊びでしたが、結構面白かったのを覚えています。

学生時代に戻れたら何をしたい?:とりあえずダイエット

今考えて、学生時代に戻れたら何をしたいかと思うと、とりあえずダイエットをしたいです。

ブログネタ: もし学生時代に戻れるなら、何をしたい?参加数

学生時代は、スポーツはだめで、女性にもてることもなく、どっちかと言うと残念な人生を歩んでいたのですが、当時は「人は見た目より中身」と思って、ダイエットに積極的ではなかったと思います。

よく友人たちとお菓子を分け合って食べるような状況のときに、もうちょっともらおうとしたら「少しはやせろ」などといって、取り上げられたような、あまりよくない思いでも拍車をかけていた気がします。

ただ、今思うと印象の悪い体格の人は、当然近づく人も減るわけで、コミュニケーションの量も減り、入ってくる情報も減るわけで、勝負するはずの「中身」を研鑽する機会もそがれてく気がします。

女性にもてないと言うことは事実としてあるのですが、それは容認したとして、仮に好意を寄せてくれた人がいたにせよ、その人が自分と一緒に歩いた姿を想像したときに「ありえない」と思わせてしまったとしたら、それも女性に恵まれない状況に拍車をかけている気がします。

もちろん、ダイエットすれば問題解決できるわけではないし、逆に「デブキャラ」のようなものをうまく生かすことができればそれはそれでその世界なわけですが、たぶん自分にとっては、やせたほうがより世界が開けていたのではないかなあと思います。

「とりあえず」と言ったのは、それがゴールではなく、そこから課題が見えてきたのではないかということです。太った状態ではそれに対するデメリットに対抗するのが精一杯で、そこから先に進めなかったんだなあと、今は思います。

ぼけぶれがっかり写真:先日撮影した Jackie Cafe での写真→あふれる思いがフレームからこぼれた結果

先日 Jackie Cafe にいってきたと言うおはなしをしたと思いますが、そのとき撮影した Jackie の写真の中でぶれた写真を紹介します。

ブログネタ: 【写真ネタ】「ボケブレがっかり写真」を投稿してください参加数

Photo115_2

この日は普通のデジカメを持ってくるのを忘れたので、携帯のデジカメ機能で撮影していました。

おかげで画質は悪いは、勝手にライトがついてしまって「フラッシュはご遠慮ください」と店のお姉さんに注意を受けるわで、これだけでも残念な出来事でした。

さて、 Jackie は、お店の前で一時間だけ皆さんの前で挨拶していたのですが、退場するときに、歩いていく Jackie のかわいい姿をとろうとすばやくカメラを構えました。でも、うまくフレーミングができなくて撮ってしまった写真がこれです。

まあ、ご愛嬌と言うことで。

ところで、「ぶれた写真」は歌にも出てきます。

国実百合「青い制服」です。

「内緒で撮った憧れの人の写真は、顔がぶれていて青い制服を着ていた。」と言う意味の歌詞です。

ぶれた写真はある意味、けっして「失敗」ではなく、あふれる思いがフレームからこぼれた結果かもしれませんね。

桜は2月くらいに見てきました。伊豆の桜

日本がこんな地震だらけになる前、2月ごろ、伊豆の桜を見てきました。

ブログネタ: 2011年春♪ お花見の予定は?参加数拍手

Img_4349_1 伊豆の河津桜です。

この写真を見ると、結構咲いているようですが、実際には時期が早かったらしく、ぱっと見三分咲きと言ったところでした。

本当は「三分咲き」ではなく、「三割咲き」と言いたいところですが、まあ、世間一般で言う「三分咲き」と言うところで。

ピントが合わせにくいなと思い、「もしやこれは、GXR説が間近に? まじ?」とか思ったのですが、その後ピントが合うようになって、まあ、よかったのか、何だったのか・・・。

2月だったので、かなり寒かったのですが、この1ヵ月後くらいに日本中がこんな震災に遭遇するとは思いもせず、河津桜は静かに咲いていました。

被災された方に心からお見舞い申し上げます。

答えたくない質問:私は黙った後別の話題を話し出します/前の奥さんは「ご想像にお任せします」と言ってました

答えたくない質問をされたとき、その場の状況と気分でいろいろ変わりますが、たいていは黙って、しばらく置いたあとに、違う話題をはじめたり、ほかの人のところ(複数の人がいた場合)に行ったりします。

ブログネタ: 答えたくない質問、どう切り抜ける?参加数

特に普通に雑談しているときは、答えたくない質問には答えなければいいわけですし。

仕事上の質問なら、やはり何らかの『答え』を言わないといけないでしょうね。

「答えられない」「わからない」を含めて。

前の奥さんは結婚前に私に答えたくない質問をされたとき、「ご想像にお任せします。」と言っていました。

彼女が私に「私は結婚前に○○するのはどうかと(いけないと)思います。」と言ったので、わたしは彼女に「あなたはこれまでに○○したことがありますか?」と質問したことに対する「答え」が、上記の「ご想像にお任せします」でした。

結局彼女が結婚前に○○することがなかったのですが、結婚したあとで彼女が言ったのが、「女性が長い間生きていれば当然○○することはある。」と言っていました。遠まわしに結婚前に○○していたと言うことなのだと思います。

本来女性にこんな質問をすることは、大変失礼だと思うのですが、前にも述べたように○○することに彼女が快く応じてくれれば、私もそこまでの質問はしなかったと思います。

私はどっちかというと、白黒させるよりはグレーのままにしておきたいほうです。

最近は何でもデジタル化が進んできていますが、私自身は白黒させるよりグレーのままにしておきたい方です。

ブログネタ: あなたは白黒はっきりさせたいほう?参加数拍手

第一、デジタルカメラだって、「階調の表現」なんて、アナログの世界で、グレーもグレーな世界です。

人の心も、白黒させるというよりは、いろいろな感情を含んだ、グレーなことが多い世界だと覆います。

もちろん、正しいことは正しいということも必要だとは思います。

私のことではないですが・・・トイレを我慢できなかった人の話

私のことではありませんが、トイレを我慢できずに道端でしてしまった人を見かけたことがありました。

ブログネタ: トイレを我慢したときのエピソードを教えて!参加数拍手

それは私が国道を車で走っていたときのことでした。

ふっと道端を見ると、私はそこで、自分の目を疑うような光景を目にしました。

道端で小さな女の子が車のとおりが多い国道に向かって、しゃがんでしていたのです。

まあ、男性のは珍しくありませんし、幼い子が我慢できずにするときも、物陰に隠れてするものだと思っていた(というか、今でもそう思っている)ので、本当にびっくりしました。

よっぽど我慢できなかったのでしょう。

ただ、きっと大勢の方が、その光景を目にしたことでしょう。

その中の何人かが第三のトイレを我慢できたかできなかったかは、まあ、あえて言及しないことにします。

ご飯は硬めが好きです

ご飯はどっちかというと硬めが好きです。

ブログネタ: ごはんは「硬め」派? 「柔らかめ」派?参加数拍手

そのまま食べるときは、なんとなく「お米が立っている」感じがして、噛み応えがあり、おいしく感じます。また、それを使った料理も作りやすいです。代表例がチャーハンですが、やはり硬いお米のほうがぱらぱらしておいしいです。

世界的にも、お米はぱらっとしていますよね。ただ逆に、やわらかめでも食べられる日本のお米は、それはそれで価値があるとは思います。

私の気持ち年齢:いろいろな意味で20代から変わってない気がします

私の気持ち年齢は、いろいろな意味で20代から変わっていない気がします。

ブログネタ: あなたの“気持ち年齢”は、いま何歳?参加数拍手

これは、「気持ちが若い」というよりは、「子供じみている」とか、「考えが短絡的」とか、祖言ういう意味です。いわば、「成熟していない」といえば言えます。

よく言えば「少年の心を忘れない」という言い方ができるかもしれません。

自分が信じるものを優先するという傾向もあると思います。

小学校時代先生に「自分が好きなことだけでなく、嫌いなこともできるように。」と注意されたのですが、その先生に今会っても、同じことを言うかもしれません。

私の親と同じ世代なので、今はもうお年かもしれませんが、

やはり成長してないんだなあと、思います。

元気の出る音楽:いろいろありますがショパンの英雄ポロネーズとかエチュードとか

私が元気の出る音楽はいろいろありますが、とりあえずショパンの英雄ポロネーズとかエチュードを紹介します。

ブログネタ: 元気のでる歌や音楽を教えて!参加数拍手

ショパンの英雄ポロネーズは、正式には「ポロネーズ第6番 作品53」というそうで、彼自身は「英雄」というイメージで作ってはいなかったそうですが、そうでないかと思えるくらい、雄々しい曲想です。

これを聞いていると「私ももっとがんばれるかも」と思えてきます。

この曲は、ピアノを弾く人なら誰もがあこがれる曲で、私も楽譜を片手に音を並べてみたりもしたのですが、やはり難しいので途中であきらめました。

もうひとつの曲は同じくショパンのエチュードです。エチュードといっても、曲集になっている24曲のほかに2・3あるのですが、私がここでいうのは「エチュード1番 作品10の1」という曲です。

もちろんうまい人が弾けばですけど、勢いよく始まるこの旋律は、「おお、私も元気にならなきゃ」と思わせるものがあります。それで明るい曲想が、自分の気持ちを前向きにしてくれます。同じ勢いがある曲でも短調の4番と違うところです。

ただ、基本的には自分の好きな曲を聴くと、前向きな気分になれます。クラシックだったり、歌謡曲だったり、洋楽だったりします。あまりジャンルが固定されてはないです。

私のゲン担ぎ:好きな曲を聴くと運が上向く気がします。昔は志村香さんの「曇り、のち晴れ」とか聞いてました。

私の「ゲン担ぎ」は、好きな曲を聴くと運が上向く気がするのでよくします。

昔はたとえば「曇り、のち晴れ」とか聞いていました。

小倉優子のTokyoLocal

ブログネタ: ゆうこりんから質問!あなたのゲン担ぎは?参加数拍手

先日「そういえば、志村香さんは今はどうしているかな。」と思って、検索していると、思わぬカバー曲に当たりました。

「曇り、のち晴れ」をsundaytube02さんがカバーしている曲だそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=tgglhVvMg6o&feature=player_embedded

往年の「名曲」を、今風にアレンジしてあって、賛否両論あるかもしれませんが、歌はこちらのほうがうまいと思います。

内容は、年頃の娘が抱く淡い恋心を描いたもので、自分が好きな人がほかの人を好きになっていて、それが失恋に終わって、気持ちが自分に向いてきて、それがうれしいみたいな流れになっています。その「ほかの人を好きになっている悲しい気分の私」と「その気持ちが自分に向いてくれてうれしい気分の私」をそれぞれ、「曇り」と「晴れ」に掛け合わせる言葉遊びが面白いです。

そういえば以前、私の知っている女性で、志村香さんとそっくりな人がいました。それもものすごくそっくりで、思わず本人かと思ったくらいです。

「志村香に似てるって言われない?」と聞いてみたら、「言われる~」と彼女は答えました。

それで、「雑誌に出ている志村香の写真を見て、親が『なんだ、親に黙ってこんなのに出ているじゃないか!』とコメントしたと、エピソードを披露してくれました。

そんなコメントが納得できるくらい、そっくりでした。

今はどうしているのか知りたいところですが、思い出は美しいままにしておいたほうがいいのかなと、一方で思ったりもしています。

ほかにもショパンエチュード「エオリアンハープ」や、バッハのパルティータ1番とかも、好きでよく聞いていました。聞くと気持ちがすっきりします。

昔は「おはよう日本」を見ていましたが最近はテレビを見てません

朝のテレビは、以前テレビを見ていた頃は、NHKの「おはよう日本」を見ていましたが、最近はテレビを見ないので、当然朝も見ません。

ブログネタ: 朝のテレビ番組、いつも何を見てる?参加数拍手

NHKの「おはよう日本」は、以前は首藤奈知子さんがアナウンサーをされていて、好感を持ってみていたのですが、そのあと別の方に代わり、テレビはつけているものの、あまり見なくなりました。民法のチャンネルに変えることもありました。

その後、鈴木奈穂子アナウンサーに代わって、好感度が復活して、また見るようになりました。

現金なものです。

去年テレビが壊れて以来、あまりテレビを見なくなりました。自身のときも、もっぱらパソコンや携帯が情報源でした。

時々テレビを見ると、刺激が大きく感じます。やはり、テレビを見続けると感覚が麻痺するんだなと、思いますね。

トイレットペーパー:シングル派ですがシングルが品薄で困ってます

私はトイレットペーパーはシングル派なのですが、今回の震災で品薄で困っています。

ブログネタ: トイレットペーパーはシングル派? ダブル派?参加数拍手

つい先日まではトイレットペーパーそのものがなくて困っていたのですが、最近はそこまではならなくなってきました。

ただ、お店に並んだトイレットペーパーを見ると、ダブルばかりで、シングルは値段が高めのものが売れ残っており、以前のようなシングルの程よい値段のものは、まだまだ入手が難しい状況になってきています。

諸外国で見るような値段のつり上げといった悪質なものはないようですが、わざわざ安値にしなくても売れるわけで、そういう意味では値上がりしている気がします。

早く以前のようにお店に豊富な品物が並んで、あせらなくても変えるような状態に戻ってほしいです。

通勤通学:一応大変です

最近関東圏の交通インフラも復旧しつつあり、私も以前と同じような通勤に戻りつつありますが、それでもやはり、通勤は大変になったと思います。

ブログネタ: 通勤・通学は、いま大変?参加数拍手

通勤する人数は、休業する会社がいることもあって、人数は少ないようですが、電車の本数も間引かれているので、混み具合はあまり変わりません。

それなのに駅のエスカレーターはとまっているので、駅のホームが混んでいて、なかなか上に上がれず、前の人が止まると自分も止まってよろけたりして危ないし、対面から来る人とぶつかって押し合いになったりして、ますます危ないです。

せめて朝の混雑時くらいはエスカレーターを動かしてほしいです。あるいは、停止中でも危なくないような板を敷くなどして、歩いて上下できるようにしてほしいです。でないと、ホームが混んで危ないです。

また、電車の中は暖房が切ってあって殺人的に寒い車両があります。「もともと外を歩く格好だからいいじゃん」と思うかもしれませんが、「外を歩く格好」ということは、歩いていてある程度からだから熱を発することを前提とした格好なので、じっと座っているとやはり寒いです。暖房はつけてほしいです。

節電は大いに結構なのですが、必要なものまで切らないでほしいです。

たとえば、計画停電の影響で信号機まで停止して、そのために事故が起きているそうですが、そんなの本末転倒です。

正常に運転できるところは正常に運転して、気持ちよく働いてもらえれば、被災地域の復興もより進むのではないかと思います。

「今日は4月2日」

私が今までついた「あんまりなうそ」は「今日は4月2日」です。本当は4月1日なのに。

デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】つい言ってしまった「あんまりな嘘」参加数拍手

昔わたしがまだ学校に行っていた頃、4月1日にクラスメイトが「今日は4月1日だよね~。」なんて話をしていました。

そばにいた私が割って入って、「えーっ、今日は4月2日だよ。」というと、みんながきょとんとした顔をして「えっ?」という顔をしていました。

「ははは、4がつばか(昔はエイプリルフールをこんな言い方をしていました。)だよ。」

と、すかさずわたしが言ったのですが、クラスメイトはまだ混乱していました・・・。

そこで私は、「今日は4月1日エイプリルフールだから、『今日は4月2日だ』といううそをついた」と説明したら、やっとクラスメイトは納得してくれました。

ものの見事に周りの人をだましてしまったわけですが、説明しないとどうだましたかわからなかったこの嘘は、言った側もえらい疲れました。

ちなみにこの嘘、私のオリジナルではなく、昔ドラえもんの中で、ジャイアンがのび太についたうそでした。これを言わなかったのも嘘といえば嘘です。

原子力発電:基本は廃止・作るのならまじめに作ってほしい・情報をオープンに

今回の原子力発電の事故は、ずさんな設計・建築によるものと聞いています。

ブログネタ: 原子力発電について、どう思う?参加数拍手

同じような被害にあった女川原発は、さすがに操業は不可能だったものの、安全に帝位で着たらしいです。

http://www.asahi.com/national/update/0330/TKY201103300517.html

原子炉の位置の高さに余裕があり、津波の影響が少なかったこと、電気系統が稼動できるものがあり、冷却用の伝記を送り続けることが主な原因のようです。

一方、問題となっている福島第一原発は、以前にも不安全な構造が指摘されていたり、ずさんな管理がされているといいます。

http://president.jp.reuters.com/article/2011/04/01/650DA4AE-56B6-11E0-8777-12CF3E99CD51.php

やはり、ミスが事故に直結する建造物ですから、まじめに作ってほしいですよね。

そうは言っても、想定外の出来事は常に付いて回るのですから、本当は原発はなくしてほしいです。

今は情報化社会なのですから、電力の供給もその情報網を駆使してやりくりする「スマートグリッド」を速やかに構築し、リスク回避と環境対応を目指したエネルギーインフラを構築してほしいです。

暇と忙しいとどっちがいいか:暇がいい

暇と忙しいとどっちがいいかというと、それは暇がいいと思います。

ブログネタ: 究極の選択! 暇な毎日と忙しい毎日、どっちがいい?参加数拍手

もちろん、暇でも十分に生活が保障されているということが前提ですけど。

聖書の中では、アダムとイブがエデンの園に住まわせられたのですが、そのとき彼らには園の好きな木から好きな木の実をとって食べてよいという許しが神からあったといいます。ただひとつの木の実を除いて。

そんな生活はきっと、楽でしたでしょうし、暇だったと思います。もともと人は暇な生活を好むように創られていたんじゃないかと思います。

ただ、彼らがその言いつけにそむいて禁断の木の実を食べてしまったので、神にそむいた彼らはエデンから追い出されてしまいました。まったく。

彼らがその言いつけを素直に守っていれば、私も楽に暇な生活を営むことができるはずだったのに、惜しいですね。

ところで、アダムとイブが子供をもうけてからそのうちの一人がその木の実をたべたら、人類はどうなってしまっていたのか・・・、なんて、突っ込みはさておき。

まあ、これまでの話は信じる信じないがあるので、まあおいといて、私は暇な生活のほうが好きですね。そこから何をするかを自分で考えることができるし、より創造的な生き方ができると思います。

一番面白いと思った漫画:ブラックジャック

一番面白い「物語」というと、いろいろあるのですが、「漫画」と制約されると、一番面白かったのはブラックジャックです。

ブログネタ: 今までに一番面白いと思った漫画は?参加数拍手

無免許で、一見「金に目がなく、冷たいメスの魔術師」に見えるブラックジャックですが、実は人情にもろいというところがあります。さらに、1巻目は徹頭徹尾冷たい印象があったのが、2巻目になってピノコという女の子が加わると、そのこの世話に追われるお茶目な一面を見せて、そのキャラクタに変化が現れるということもあります。

実は、彼には尊敬する医師が一人だけいて、幼い頃瀕死の重傷を負った彼を同じく奇跡のメスで救ったのですが、それが彼が医師を志すきっかけとなったのでした。

ただ、その彼の予後は決して平穏ではなく、最初はほとんど動けなくて、リハビリに次ぐリハビリで、やっと普通の人並みに動けるようになったとのことです。

ただ、後遺症として時折彼を襲う手の震えはどうしようもなく、手術を中断することもあったとか。

ゆえに、彼は、まともに医師の免許が取れない・・・。といったエピソードが書かれている章がありました。

鋭いメスで難病を治すテクニックもさることながら、そんな彼の人情味あふれる人生に、大きく心を惹かれたものです。

お勧めのシリーズです。

花粉症のときに思うこと:排気ガスをなくしたい

気のせいか、私は排気ガスを浴びたときに花粉症っぽい症状になります。

花粉情報

ブログネタ: 花粉症のツライときに思うことは?参加数拍手

なので、排気ガスをなくしてほしいです。そう、スポーツカーに乗る人も。

「ホンダ CR-Z に高性能版…研究所トップが約束」

http://response.jp/article/2011/03/24/153742.html

もちろん、ハイブリッドカーは排気ガスゼロではありませんが、きれいな排気ガスを少なくしか出さないという効果があります。

「花粉症」は排気ガスと花粉が混ざったときに出る症状なので、本来「花粉症」という言葉は排気ガスの大先輩の花粉に失礼なのですが、人間世界では不本意にもそう呼ばれてしまっているのでしょうがないです。

CR-Zには最高のパフォーマンスの車になってもらって、日本で乗る分には十分すぎる性能になってもらい、ガソリン大ぐらいの車のオーナーに乗り換えてほしいですね。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ