最近のトラックバック

« ついに出たGXRのマウントユニットはライカMマウント | トップページ | 遅刻のときの言い訳:「いやあ、『じでんしゃ』が遅れちゃってさあ・・・。 »

GXRの前提・根幹となる技術:ジョイントデジタル光学設計

GXRでよく聞く話の中に「レンズとセンサーとの最適化」がありますが、なるほど、このことだったのだなと思いました。

ジョイントデジタル光学設計と呼ばれる技術で、レンズとセンサーを別々に設計するのではなく、ひとつのシステムとして設計する技術らしいです。

GXRのシステムの特徴の説明を聞いたときと似たような話が書いてあったので、おそらく今後のGXRの基幹をなす技術となっていくのではないかと思います。

デジタルカメラ以外にもこの技術は応用できそうで、たとえば複合機のスキャナーも、原稿をデジタル情報に変換することはデジカメと同じですから、同じような考え方で小型化・高性能化ができるかもしれないですね。

おそらくこれから、この「ジョイントデジタル光学設計」が生み出すGXRのカメラユニットがどんどん出てくると思います。小型で一眼レフ並みの画質のカメラユニットシリーズが早く見たいです。

« ついに出たGXRのマウントユニットはライカMマウント | トップページ | 遅刻のときの言い訳:「いやあ、『じでんしゃ』が遅れちゃってさあ・・・。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/50770151

この記事へのトラックバック一覧です: GXRの前提・根幹となる技術:ジョイントデジタル光学設計:

« ついに出たGXRのマウントユニットはライカMマウント | トップページ | 遅刻のときの言い訳:「いやあ、『じでんしゃ』が遅れちゃってさあ・・・。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ