最近のトラックバック

« NHKの紅白歌合戦:テレビがないので見れないと思います | トップページ | iPhoneの人当てアプリ 「Akinator」 »

ホンダの次世代プラグインハイブリッドはコレだ! 埼玉県との実証実験に登場 - トレンド - 日経トレンディネット を読んで

かねてから気になっていたホンダのプラグインハイブリッドの機構が明らかになりました、

ホンダの次世代プラグインハイブリッドはコレだ! 埼玉県との実証実験に登場 - トレンド - 日経トレンディネット

この記事を読むと、トヨタのハイブリッドと違って、もっとシンプルな構成になっていると思われます。

「ハイブリッド走行」の正体は、「シリーズハイブリッド」で、エンジンが発電した電気でモーターを直接駆動する方式であり、エンジンは基本的に発電する電力は一定で、道路状況の変動に関する出力の変動は、バッテリーからの電力の出し入れで行うということだと思います。

この車は、モーター走行が基本で、必要な電力をエンジン(発電機)で得るのか、バッテリーで得るのか、両方で得るのかによって、モードが異なるということではないでしょうか。

プリウスのハイブリッドの動作に似ていますが、プリウスは遊星歯車を使った比較的凝ったつくりになっているのに対し、ホンダのそれは非常にシンプルな方式になっています。

ホンダのプラグインハイブリッドとの比較で言うと、トヨタのハイブリッドが比較的複雑な構成になっているのは、エンジンが比較的低い回転数から駆動に直接関与できるようにしているからであり、当時モーターやバッテリーのパワーがあまりなかったからという事情がおそらくあります。

一方で、効率のよいエンジンがトルクを稼げないという事情もあり、比較的高速域までモーターの助けを借りないといけないという事情も一方でありました。

さらに言うと、まだ発電効率、駆動効率が小さく、のべつ幕なしにエンジンで発電してモーターを回転させてをしていると、効率が落ちるという現象もあったと思います。

また、開発当時のコメントを思い出すと、クラッチを持ったり、トランスミッションを持ったりすることについてものすごく恐れを持っていて、何とかそれをせずに済むシステムを作ろうとしていたという節が見られます。

おそらくそれらは効率のよいエンジンの性能の低さや、車載モーターやバッテリーの非力さを、メカニズムで何とかクリアーしようとした苦肉の策なのではないかと、今になって思います。

以前別のページにかかれたことを思い出したのですが、ホンダのハイブリッドは、バッテリーやモーターの性能が向上してきたときに、そのシンプルさが生きるのではといった趣旨のことが書かれていました。

トヨタがプリウスを出してから、もう10年以上たちますが、その間にバッテリーもモーターも進歩しましたし、エンジンも効率を高めながら性能も上げられるようになって来ました。そんな中、ホンダはシンプルなハイブリッドで効率をあげ、マツダはさらにシンプルなエンジン車で効率を上げてきています。

来年は高効率車の元年になりそうですが、今後も各社切磋琢磨して効率のよい車を作って、運転の喜びを提供し続けてほしいものです。

« NHKの紅白歌合戦:テレビがないので見れないと思います | トップページ | iPhoneの人当てアプリ 「Akinator」 »

カー談義」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/50399478

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダの次世代プラグインハイブリッドはコレだ! 埼玉県との実証実験に登場 - トレンド - 日経トレンディネット を読んで:

« NHKの紅白歌合戦:テレビがないので見れないと思います | トップページ | iPhoneの人当てアプリ 「Akinator」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ