最近のトラックバック

« 一箇所限定のどこでもドア:行き先は実家にしたいです | トップページ | プリウスと宇宙戦艦ヤマト »

「第56回 ホンダ フィットハイブリッド それって牛丼屋の戦略では? - トレンド - 日経トレンディネット」を読んで思ったインサイトの未来

第56回 ホンダ フィットハイブリッド それって牛丼屋の戦略では? - トレンド - 日経トレンディネット http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20101112/1033622/?ST=life&P=1

を見て、ハイブリッドもいよいよ廉価なタイプも出たと言う印象ですが、さて、インサイトは今後どうなっていくのかなと思いをはせてみました。

インサイトは当然流麗なスタイルで、燃費を稼ぐと言う目的以外に走りを追求したと言う経緯もあり、「安いハイブリッド」はフィットハイブリッドに譲り、よりスポーティーに振ったということです。

それで、フィットハイブリッドはインサイトよりも軽く、反面空力は不利なため、そこにさまざまな工夫があって、インサイトと同じ燃費をたたき出したと言うことらしいです。

なので、インサイトは今後、より軽量化し、低燃費化して出てくると言う可能性が考えられます。本田の新しいセダンのラインは、インサイト-シビック(ハイブリッド)-アコード(ハイブリッド)-(インスパイア)-レジェンドとなり、それぞれトヨタ車でいうと、カローラ-プリウス-MARKX(IS)-クラウン(マジェスタ(GS))なんて感じかなと思います。

ホンダも大型車でプラグインハイブリッドをやろうとしているし、いよいよトヨタを追い上げにかかっているようです。ハイブリッドはトヨタのほうが早かったのですが、車種展開はホンダのほうが速そうですね。

« 一箇所限定のどこでもドア:行き先は実家にしたいです | トップページ | プリウスと宇宙戦艦ヤマト »

カー談義」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/50091406

この記事へのトラックバック一覧です: 「第56回 ホンダ フィットハイブリッド それって牛丼屋の戦略では? - トレンド - 日経トレンディネット」を読んで思ったインサイトの未来:

« 一箇所限定のどこでもドア:行き先は実家にしたいです | トップページ | プリウスと宇宙戦艦ヤマト »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ