最近のトラックバック

« GR Party の記事が続々 | トップページ | 食べたらおいしかった意外な組み合わせ:カツとキムチ »

私がイメージする「レンズユニット」とGXRのカメラユニット

よく皆さん「GXRのレンズユニット」と呼ぶ記事を見かけるのですが、私のイメージするサムスンのNX100のレンズユニットです。

DC Watchの記事

このレンズは私がこれまで聞いた中ではもっともインテリジェントなもので、取り付けたレンズによって撮影モードの設定ができるようになります。

たとえば、レンズの種類に応じて選べる撮影モードを絞り込んでモード選択の利便性を向上させたり、レンズに撮影モードを設定してボディー側のモードを操作したり、ボディー側でもレンズ側のモード優先か、ボディー側のモード優先か設定できるなど、どこかで聞いたことがあるようなインテリジェントな機能を実現しています。

そう、GXRのカメラユニットの機能です。

私が、GXRは「カメラユニット」と呼ぶべきと主張する根拠に、このNX100のレンズこそ、「レンズユニット」と呼ぶにふさわしいと思うからです。

いえ、語弊を恐れずに言い方を変えれば、「レンズユニット」とはNX100程度の機能しかなく、GXRの「カメラユニット」はその上を行く機能を持っているという言い方になると思います。

GXRのカメラユニットは、撮影モードだけでなく、レンズの特性にふさわしい撮像体を設定したり、撮像体の性能に見合った画像処理を選ぶことができるので、より最適化された光学系を形成できるということがサムソンのシステムと大きな違いです。

それはこのブログでこれまで述べたことと変わらないのですが、あまりにもGXRのシステムの撮影をつかさどるユニットのことを「レンズユニット」と言う方が多いので、では「レンズユニットとは何か」という観点で、例として述べました。

一方で、「カメラユニット」という言葉にも違和感があって、じゃあGXR本体は何ユニットというのかが不明確といえば不明確で、なんとなく「本体」と言ってしまっています。

ほかのカメラは本体の事を「○○ユニット」なんていわないので、いいといえばいいのですけどね。

« GR Party の記事が続々 | トップページ | 食べたらおいしかった意外な組み合わせ:カツとキムチ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/49756589

この記事へのトラックバック一覧です: 私がイメージする「レンズユニット」とGXRのカメラユニット:

« GR Party の記事が続々 | トップページ | 食べたらおいしかった意外な組み合わせ:カツとキムチ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ