最近のトラックバック

« おそらく史上最強の車:フィットハイブリッド | トップページ | 東大寺の五重塔と金堂 »

「ミスターGR、「GR」を語る:リコー的反マーケティングの秘密」を読んで

Trendy Net の 「ミスターGR、「GR」を語る:リコー的反マーケティングの秘密」という記事を読ませていただきました。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20101001/1033237/?ST=hitken&ref=rn

これまで私は、「GRDは何でこんなに高いんだろう。いや、高いのに売れるから高いんだろう。そこまでこのカメラがみんなをひきつける魅力はなんだろう。」と常々考えていました。

このコラムを読んで、少しその理由がわかった気がしました。

詳しくはリンク先を見ていただくとして、私はリコーのカメラ、特にGRシリーズが、硬いポリシーの元に成り立っていること、GXRがこのような形になった本当の理由が、なんとなくわかるような気がしました。

GXRが「コンパクトカメラでもレンズが交換できるように」というコンセプトに誕生したわけですが、これはコンパクトカメラであるGRシリーズがあるからこそなのですね。

そしてそれに並ならないファンがいるからこそ、GXRが誕生する必然性があったということになります。

今度お邪魔するGRパーティーには、どのくらい滞在できるかわかりませんが、その熱気を感じて来たいと思います。

« おそらく史上最強の車:フィットハイブリッド | トップページ | 東大寺の五重塔と金堂 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/49661300

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミスターGR、「GR」を語る:リコー的反マーケティングの秘密」を読んで:

« おそらく史上最強の車:フィットハイブリッド | トップページ | 東大寺の五重塔と金堂 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ