最近のトラックバック

« 海外での失敗談:相手に英語がしゃべれると思わせてしまう | トップページ | 私がイメージする「レンズユニット」とGXRのカメラユニット »

GR Party の記事が続々

GR Party の記事が、あちこちのニュースやブログに出ています。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101012_399575.html

「デジカメWatch」の記事で、当日の様子が写真と文章を交えて比較的詳しく記述されています。私も当日の様子を思い浮かべながら楽しく読ませていただいています。

http://japan.cnet.com/digital/camera/story/0,3800105268,20421305,00.htm

Cnet Japan でも紹介されていました。

こちらは写真を並べて、それぞれにコメントをする形式でした。

そこでやっぱり気になるのが、「ニコンのフェロー:後藤さんのサプライズ出演」です。

「同じコンセプトのカメラをニコンが出してないから実現できた。」とありますが、何をもってそういうのかがいまひとつ読み取れませんでした。GRD と同じコンセプトのカメラを出しているメーカーといったらシグマくらいで、ほかはズームレンズですし・・・。

「高級コンパクト」といえば、キヤノンのS95もそうですが、これはどっちかというとGX200やGXRに近いコンセプトだと思います。

どのくらいの類似性を持って、「同じコンセプト」というのかはわからなかったのですが、GRDのコンセプトは唯一無二だと思っているので、ニコンの後藤さんがリコーのイベントに来れる理由にはならないかなと思いました。どうでしょう。

ただ、良くカメラのラインアップを見ると、ニコンに本格的な超コンパクトなカメラはないように見受けられるので、キヤノンと比べると「同じコンセプト」というには遠いかもしれません。

逆に言うと、リコーとコラボしてもお互いに補完関係が保てる状況にあるということはできるかもしれませんね。

« 海外での失敗談:相手に英語がしゃべれると思わせてしまう | トップページ | 私がイメージする「レンズユニット」とGXRのカメラユニット »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/49736118

この記事へのトラックバック一覧です: GR Party の記事が続々:

« 海外での失敗談:相手に英語がしゃべれると思わせてしまう | トップページ | 私がイメージする「レンズユニット」とGXRのカメラユニット »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ