最近のトラックバック

« リコー CX4の出現で、GXR P10の運命やいかに | トップページ | 一番てこずった「夏休みの宿題」は計算ドリルや漢字ドリル »

「"カメラで発見!!!視点を変えれば世界は変わる"フォト・ワンダーランド」 開催中

リコーのコンパクトカメラのイベントが、日本科学未来館で行われています。

リンク: http://www.miraikan.jst.go.jp/event/100720124883.html

ここは以前行った事があるので、ネタにしてみました。

ちなみにえみっふぃーさんのレポート:

http://blog.ricoh.co.jp/GR/archives/2010/08/post_423.html

に載っている写真は、どれも被写体にピントが過不足なく回っていて、背景のボケも適切で、私好みの写真ばかりで好感が持てます。

さて、本題(?)に戻りますが、昔日本未来館に行ったときは、知人が東京に遊びに来たときに一緒に行ったのですが、ちょうど「冥王星」が「惑星」から「準惑星」になったときで、展示があわてて(?)書き換わった頃でした。

博物館について天文のコーナーに行くと、ものの見事に冥王星が消されていました。

私が幼い頃には「水、金、地、火、木、土、天、海、冥」と覚えていたのですが、途中で海、冥の順番が入れ替わり、「・・冥、海 だよ。」と突っ込まれたものですが、またその後で「海、冥」に戻ったのを知りました。

また、冥王星が惑星でなくなった頃、小学生の間で「水、金、地、火、木、土、天、海、・・」と、一番最後に微妙に間を作る言い方がはやったみたいです。

ミュージアムショップでは、慶応大学が作った電気自動車「KAZ」のミニカーがあったので、思わず買ってしまいました。

そんなこんなで、思い出深い博物館です。

最近は忙しくてあまりいけてないのですが、チャンスがあれば8月中にここに行って、リコーのイベントに参加してみたいと思います。

« リコー CX4の出現で、GXR P10の運命やいかに | トップページ | 一番てこずった「夏休みの宿題」は計算ドリルや漢字ドリル »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/49182216

この記事へのトラックバック一覧です: 「"カメラで発見!!!視点を変えれば世界は変わる"フォト・ワンダーランド」 開催中:

« リコー CX4の出現で、GXR P10の運命やいかに | トップページ | 一番てこずった「夏休みの宿題」は計算ドリルや漢字ドリル »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ