最近のトラックバック

« 8月9日:ナガサキの原爆投下の日です | トップページ | リコーフォトのテーマ「退屈なのは世の中か自分か」について »

「機種別講座:GXR特別講演 『GXRの魅力 プロの眼 - 退屈なのは世の中か、自分か。』」に参加してきました。

久しぶりにGXRについて触れてみたいと思います。

別に興味がなくなったわけではなく、最近特にGXRに関して新しいトピックスがなかったので、触れずにきたわけです。

最近表題の「機種別講座:GXR特別講演 『GXRの魅力 プロの眼 - 退屈なのは世の中か、自分か。』」に参加してきました。講師は阿部秀之さんです。

特に何を報告しなければならないと言うこともないと思うので、気が向くままに、書いてみたいと思います。

最初に触れたいのは、この「退屈なのは世の中か、自分か」という、最近リコーが打ち出しているキャッチコピーについてです。

例として、リコーのR1という昔のカメラは、35mmフィルムカメラであるにもかかわらず、最薄部は35mmよりも薄いと言うことを例にされていました。私は遅れて途中で入ってきたので(すみません)、ちゃんとは把握できなかった話でしたが、要は、「フィルムのパトローネをグリップの部分に持ってきたので、巻き取り部分はパトローネサイズよりも薄く作りえたと言うことだと理解しました。

「35mmのパトローネを入れるカメラが35mmのパトローネより薄くはなりえないだろう。」という固定観念にとらわれれば、きっとこんなカメラはできず、それは自分で世の中をつまらなくしていると言うことだろう。」と、阿部さんはおっしゃっていました。

「GXRと言うタイプのカメラも、『撮像体とレンズを一緒にしてユニットにしたら面白いよね。』と言う話は、どこのメーカーも絶対しているんですよ。でもね、『そんなことはないよね』と言って酒飲み話に終わっちゃっているんですよ。それは世の中を退屈にしている。それをやるところがすごいんですよ。世の中を面白くしていると言うことなんです。」みたいなことをおっしゃっていました。

思えばリコーの製品を見ていると、「ああ、みんなが退屈と思っている世の中を面白くしているなあ。」と思えるものがいくつかあります。私なりに見つけたものを、おいおい照会していきたいと思います。

それはさておき、写真で言えば、観覧車を真横から撮った景色や、まあいろいろと、面白い視点を紹介していらっしゃいました。私も先生を見習って、「退屈な自分」を作らないようにしたいと思います。

« 8月9日:ナガサキの原爆投下の日です | トップページ | リコーフォトのテーマ「退屈なのは世の中か自分か」について »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/49106929

この記事へのトラックバック一覧です: 「機種別講座:GXR特別講演 『GXRの魅力 プロの眼 - 退屈なのは世の中か、自分か。』」に参加してきました。:

« 8月9日:ナガサキの原爆投下の日です | トップページ | リコーフォトのテーマ「退屈なのは世の中か自分か」について »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ