最近のトラックバック

« 半紙に書いて「無罪」 | トップページ | アコードに試乗しました »

Photo of the Day ユニット交換式カメラを製品化したことの勇気

GXRについてネットサーフィンしていて、気になる記事を見つけたのでご紹介します。

リンク: Photo of the Day ユニット交換式カメラを製品化したことの勇気.

私もありそうな話とは思っていたのですが、実際にあったらしいです。というのは、このようなコンセプトのカメラを開発しようとしたところ、上市直前で周りの反対にあって頓挫してしまった・・・。というようなお話でした。

いろいろなメーカーでも、おそらくこのようなカメラを計画していたはずですし、そんなうわさも実際に飛び交っていたようですが、諸般の理由により日の目を見ることはなかったようです。

では何で、リコーはこのようなカメラを開発し、上市にこぎつけることができたのか。それも、さまざまな困難を乗り越えて。

最初にあげておきたいのは、リコーのコンパクトカメラはコンパクトカメラでありながら一眼レフに匹敵する高画質・高性能のコンパクトカメラを長年作ってきて、ユーザーをひきつけてきたこと。

そんなユーザーから「コンパクトカメラでもレンズ交換がしたい」という声を聞いたとき、「顧客第一主義」のリコーとしては、これをなんとしても形にしたいというのがあったに違いありません。

この「コンパクトカメラでもレンズ交換がしたい」という要望の意味を良く考えて、「コンパクトな一眼カメラがほしい」に翻訳しなかったのがこのメーカーのすごいところで、本当に素直に「レンズ交換ができるコンパクトカメラ」にこだわったのがこの結果と聞いています。

「コンパクトな一眼カメラ」は、カメラ本体はコンパクトにできても、長いレンズやズームレンズをつけると、その段階で「コンパクトカメラ」とは呼べなくなってしまいます。それではユーザーの期待に沿うことはできない。ユーザーの期待は「コンパクトカメラ」が前提だから。

リコーはここで妙な妥協はせず、あくまでコンパクトカメラであること、高画質であることにこだわりながらこのシステムを練り上げたのだと思います。

ではなぜリコーに困難きわまる茨の道を乗り越えることができたか。それは、とりもなおさずこの「お客様の要望にお答えする。」という精神があったからではないかと思います。

この「顧客満足」の精神は多くの会社が掲げていることですが、ここまで徹底することができる会社はそうないと思います。おそらく担当者から経営陣まで、組織的にもこの考え方が徹底されているということでしょう。だから全社一丸となって、このようなシステムの開発を推し進める勇気があったに違いありません。

« 半紙に書いて「無罪」 | トップページ | アコードに試乗しました »

おすすめサイト」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/48910207

この記事へのトラックバック一覧です: Photo of the Day ユニット交換式カメラを製品化したことの勇気:

» バックカメラでバックも楽々〜♪ [バックカメラでバックも楽々〜♪]
こちらはバックカメラについての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

« 半紙に書いて「無罪」 | トップページ | アコードに試乗しました »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ