最近のトラックバック

« 電車での失敗談:乗ってから反対方向と気がついたそれも・・・ | トップページ | ゆうこりんに相談したいお肌の悩み:お肌の悩みなら男性にもあります »

GXRあたま

昔会社CMで、当時人気の女性タレントが「やわらかあたま」なんていっていたことがありますが、人の頭には思考回路というものがあって、考え方の「定石」「くせ」みたいなものがあります。

私はデジタル一眼レフやデジタル一眼の検討をあまりよくしないままGXRの検討をしてしまっているので、時々一眼(レフ)カメラのカタログを見たり話を聞いたりすると、頭の切り替えを必要とすることがあります。つまり、「GXRあたま」から「一眼あたま」に切り替える必要があるわけです。たとえば:

レンズの焦点距離:誰かの発言「いつも50mmレンズで撮っています」「ああ、じゃあ標準レンズね」「いえ、本体の撮像体がAPS-Cなので、中望遠ですね。」「そ、そうだね・・・(頭を抱える)」。GXRの場合は各カメラユニットに35mm換算の焦点距離が明記されているのでわかりやすいのですが、特に一眼レフカメラのレンズの焦点距離をそのまま35mmのつもりでいると、思わぬ長いレンズを買う羽目に陥りそうです。

レンズの画質:サンプルを見て「ああ、このレンズはこんな感じの画質なんだ・・・、あっ、でも別の撮像体搭載のカメラで撮ったら変わるか・・・。いったい何を信じれば・・・。」GXRの場合は、特定のカメラユニットで撮った画質は、本体が変わっても(今はひとつしかないですが、変わったとして)変わることはない(はず)ですが、通常の一眼カメラは変化があることなんて日常茶飯事だと思います。

35mmカメラのころは、撮像体の大きさはコンパクトカメラそれもエントリーからハイエンドの一眼レフまで同じだったのですが、今はいろいろな撮像体の大きさがあって、それぞれレンズと画角の関係も変わります。レンズを買うときに、どんな大きさの撮像体の本体を使うつもりかを良く考えないと失敗しそうです。

一方でGXRのカメラユニットはレンズのスペックをよく読まないとそのレンズの本当の焦点距離がいくつかがわからないので、本当の焦点距離を選択の材料にしたい人にはわかりにくいと思います。ただ、そんな人はあまりいないとは思いますけどね。

« 電車での失敗談:乗ってから反対方向と気がついたそれも・・・ | トップページ | ゆうこりんに相談したいお肌の悩み:お肌の悩みなら男性にもあります »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/48840901

この記事へのトラックバック一覧です: GXRあたま:

« 電車での失敗談:乗ってから反対方向と気がついたそれも・・・ | トップページ | ゆうこりんに相談したいお肌の悩み:お肌の悩みなら男性にもあります »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ