最近のトラックバック

« リコーのGXRを使う時に一眼レフを使いたくなる時 | トップページ | 奥さんは交際の時から私に「ありがとう」をくれています »

子供手当:もらう人は責任を感じてほしい

子供手当支給する側も、受け取る側も、育ててもらう子供も含めて、もらったらそれを有効に生かす責任を持ってほしいです。

ブログネタ: 「子ども手当」 率直に言ってどう?参加数拍手

せっかく貴重なみんなの税金を使って子供手当をもらって育つのですから、一生懸命勉強して、立派な人になって、立派な働きをして、日本を豊かな国にして、「あの時の税金はタダみたいなものだっただね。」と、そうして育ててくれた人たちに思わせるようにしてください。

それは当然、実際にもらって運用する親御さんにもいえることで、子供をそういう風に立派に育てるように教育など有効に活用してもらって、お子さんが大きくなったらその話をぜひお子さんにしてあげて、モチベーションを上げるようにしてください。

また、子供を育てるときも、巷で子供が周りに迷惑をかけないようにしてください。巷の目はきつくなると考えてください。

ましてや成長して、「自分探し」などと称して定職にもつかず、年だけとってその「自己実現」さえかなわない年齢にまでなってしまうとか、「自分探し」をしていればまだいい方で、何の目的も持たずにただふらふらして、社会のお荷物になるようなことは、「費用対効果」を生み出さないということを肝に銘じてほしいと思います。

電車の中でも人の何倍も面積をとる乳母車に乗った子供を見かけます。みんな心では「正直邪魔だな」と思いながらも道を譲ってくれるのは、もちろん「次世代を育てる温かい目」「困った人は助ける」もあるのですが、「将来は立派な大人になって自分たちを支えてくれるから」という気持ちもあるはずです。子供手当によって、その期待にこたえる責任はこれまで以上にあると思います。

まとめると、子供手当は国民の血税で賄われるのですから、それを受け取る子供や親は、すでに自分たちだけで成り立っているのではなく、それ以上の価値を将来国にもたらしてほしいと思います。

« リコーのGXRを使う時に一眼レフを使いたくなる時 | トップページ | 奥さんは交際の時から私に「ありがとう」をくれています »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/48489802

この記事へのトラックバック一覧です: 子供手当:もらう人は責任を感じてほしい:

« リコーのGXRを使う時に一眼レフを使いたくなる時 | トップページ | 奥さんは交際の時から私に「ありがとう」をくれています »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ