最近のトラックバック

« オデッセイに乗って一年 | トップページ | ショパンイヤー »

鳩山さんも沖縄の方々も試練の時です:基地問題

鳩山さんが沖縄の方々に謝罪して、なんとか説得して普天間基地の一部が再度沖縄県内に移設される方向で、何とかまとまろうとしています。

でもまだ、徳之島の方々との会話ができていません。

おそらくそこでも謝罪と説得が展開されると思います。

それがクリアされても、アメリカとの交渉が待っています。

そもそも何で、ここまで基地が問題化するのか。

言うまでもなく、基地の存在が地域の益になっていないということですね。

地域どころか、日本の益にもなっていない…、のではないでしょうか。

これまで両国が何となく避けてきたこの仮説が、ここまで信憑性を強めた時期もなかったのかなと思います。

そもそもアメリカはアジアへの拠点として日本を考えているだけであって、日本を守ろうという意識はないのですから、訓練や兵士による被害が基地周辺にあっても、それは想定内で地元が受忍するのは当然なわけです。

鳩山さんは「安全保障は守らなければ」と言っていますし、説得の材料としてそれしかないのですが、安保条約が締結されてから、冷戦の終結など世界情勢が大きく変わってきた今、本当に基地の負担が今のままでいいのか、アジア全体の安全保障を見直さなければならない時期であると思います。

アメリカも真摯に今回の顛末を受け止めて、見直しに応じないと、「とりあえず本土に帰ってもらって、移転先は後で電話でお知らせします。」って、言いますよ。本当に…。

« オデッセイに乗って一年 | トップページ | ショパンイヤー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/48270380

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山さんも沖縄の方々も試練の時です:基地問題:

« オデッセイに乗って一年 | トップページ | ショパンイヤー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ