最近のトラックバック

« 英語と言えば:叔父が教えてくれたこと | トップページ | がんばっているクマ達 »

普天間問題は:今は約束だからしょうがないけど基地はフェードアウトすべき

沖縄旅行が好きで、昔は通うように旅行しいていた身としては、今回の普天間問題はやはり無視できない問題です。

とはいっても、あまり沖縄の地理に詳しくはないのですが…。

前政権の流れもあり、今回の普天間基地の移転はある程度の妥協はいたしかたないと思います。問題はむしろ今後ではないかと思います。

徳之島への移転案が出たときに、あれだけ反対集会が行われて、「それ見たことか」というのは簡単なのですが、一方で現行案でも移転先の地域で反対の声が上がっています。

もちろん、「焼却場は必要だけど、近所はやだ」という論理であるということもいえるのですが、米基地と焼却場の違うところは、設置場所の地域に最大限配慮をしているか、まったくしていないかということろです。

米基地では、取り決めされた発着訓練の時間帯制限を破ったり、事故の事後処理を隠ぺいしたり、米兵の犯罪を組織的に擁護し、身柄を日本側に引き渡さなかったり、いわゆる「コンプライアンス」に反する対応を聞く中において、やはり日本のどこに行っても「反対」されるのはやむなしと思います。

確かにいざとなったら即座に軍事行動に移さなければならない基地において、行動においていちいち釈明したり、犯罪者扱いされたら行動に差し支えるし、日本やアジア地域を守れなくなるので、地位協定は仕方がないとは思うのですが、拡大解釈は困りますし、それがまかり通っているのが、今の在日米軍基地の姿だと思います。これではいざという時に日本を本当に守ってくれるのか、疑問が残ります。

「現行案の修正にすぎない」と現政権を批判するのは、ある意味お門違いで、私見を言わせてもらうと気の毒で、前政権が約束してしまったのをなんとか曲げようと努力した結果とみるのが妥当と思います。約束を一方的に反故にするのが対等な立場の人同士のやり取りではないという言い方もできますし。

アメリカも人の子ですから、今回の顛末で、基地がいかに日本から嫌われているかが分かったと思います。今後の運用において、民意をくみ取った形で交渉の種にして、米基地にフェードアウトしてもらいたいと思います。日本を守ってもらうのに、この基地の数は多すぎます。

自民党に政権を渡すと、前の状態(基地の対応を市民に我慢させる)に戻るだけですし、最近できてきた小さい政権では力不足です。

消去法で考えると、これができるのは民主党政権だけで、だからこそもっとしっかりしてほしいと思います。

« 英語と言えば:叔父が教えてくれたこと | トップページ | がんばっているクマ達 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/48213412

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間問題は:今は約束だからしょうがないけど基地はフェードアウトすべき:

« 英語と言えば:叔父が教えてくれたこと | トップページ | がんばっているクマ達 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ