最近のトラックバック

« Lexusに行って試乗してきました | トップページ | 結局どうなる?高速道路料金 »

“長時間労働”を改めるには

長時間労働を改めるにはどうしたらよいか考えてみました。

リンク: “長時間労働”を改めるには.

私の勤め先では長時間労働は名目上はなくなり、みんな早く帰らされます。ただ、製品などの出荷などが目の前になると、当然残業をしていいことになっています。それもいろいろと縛りがありますけど。

ただ、早く帰れば楽かというとそうでも無くて、時間内に何でも済ませなければならないので、休憩も何もせずに、ただひたすら仕事をこなすだけという会社生活を送る人も多いようです。

以前、青天井で残業していたころ、体調を崩したり、家庭内不和をもたらしたりした人が続出して、なんとかしなければならないと改善してきた結果がそうらしいです。

そう書くといいことじゃないかと思われますが、会社に行って、仕事以外に何もせずに、ただひたすら仕事だけをこなし、鐘が鳴ったら帰るという生活が、本当に充実したものかというのは、意見が分かれるでしょうね。実際、労働時間は減っても、体調を崩す人は相変わらずいますし。

以前どこかの記事で、「会社は労働者に対して、サービス残業や労働そのものを強要したり、給料を下げたりできるのに、労働者は当然のようにその会社にずっとい続ける。転職できるようにすることが、会社への抑止力につながる。」という趣旨のことが書かれていました。

「市場原理」が働くのは、使用者側だけでなく、労働者側にもあるべきということがこの方の持論のようです。

昔はみんな一律(といっても差はありますけど)に毎年給料が上がり、会社は責任を持って労働者を雇うという暗黙・;明示的な約束があって、働く側はそれを目当てに多少つらいことがあっても辞めずに会社に尽くして頑張ってきたわけです。

年功序列・年功給が崩壊したのですから、会社に対する忠誠心や、ついでに言うと社会に対する忠誠心も失ったのが現在の社会の姿だと思います。

長時間労働は労働時間だけの問題ではなくて、労使関係(というか、働く者同士の関係)のあり方の問題だと思います。

« Lexusに行って試乗してきました | トップページ | 結局どうなる?高速道路料金 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/48373363

この記事へのトラックバック一覧です: “長時間労働”を改めるには:

« Lexusに行って試乗してきました | トップページ | 結局どうなる?高速道路料金 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ