最近のトラックバック

« 交通安全のビデオを見て04 | トップページ | 「二世タレント」と聞いて思いつくのが「関根麻里」さん »

交通安全のビデオを見て05

最後にまとめです。

交通安全はみんなの願いですから、それを解決するには様々な取り組みがあるべきだと思います。

もちろん、安全運転に必要な法令の遵守は必要です。特に、運転手は免許交付という形で特別に運転を許可されているわけですから、その義務を厳重に守らないといけません。

ただ、それには「加害者」だけでなく、「被害者」や「第三者」として、やるべきことがあれば、それは取り組まなければならないことだと思います。

ただ、それをきちんと行わせるには運用に工夫が必要と考えます。

たとえば、最近は自転車の交通事故が増えていると聞いていますが、マナーも悪くなっていると思います。

ただ、自動車とぶつかった場合、たいていは多かれ少なかれけがをするのは自転車側ですから、たいていは自動車側が「加害者」と見なされ「被害者」である自転車側に対して責任が発生するのが普通です。

ただ、自転車が横断歩道のない道路を安全の確認もせずに飛び出したり、後ろの安全の確認をせずに道路を横断するなど、著しく交通違反が発生したうえで事故が発生したときには、たとえ自転車側がけがをしても、自転車側が「加害者」という認識もあってしかるべきだと思います。

そうすれば、自転車側も今よりはマナーを守り、安全な運行が確保されそうな気がするのです。

交通安全はみんなの願いです。

なので、道を往来する一人ひとりが事故を未然に防ぐよう、道路交通法の運用も見直しを図るべきかなと思います。

« 交通安全のビデオを見て04 | トップページ | 「二世タレント」と聞いて思いつくのが「関根麻里」さん »

カー談義」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/48056349

この記事へのトラックバック一覧です: 交通安全のビデオを見て05:

« 交通安全のビデオを見て04 | トップページ | 「二世タレント」と聞いて思いつくのが「関根麻里」さん »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ