最近のトラックバック

« 私は母親似とよく言われます | トップページ | リコーのGXRの新しいカメラユニットを開発 »

リコーのデジカメで思うこと

話題になったGXRが発表になってから、GXRだけでなく、リコーのデジカメにも関心を持つようになりました。

何より思ったのは、設定が細かくできることや、自動での設定にオリジナリティーがあって、使い易そうということです。

私が使い易そうと思ったのが、「マルチパターンオートホワイトバランス」です。

光が降り注ぐ景色や、雰囲気のある夜景や夜の室内をバックに撮影するときは、人と、背景とをどちらも適切に撮影するのは、実はとても大変です。そんな中、この機能は、大変有効ではないかと思います。

後、古い街並みを撮る時は、カラーブラケットが役に立ちそうです。ここでいうのは、カラー、白黒、白黒色つき(セピアなど)です。今はセピアだけで撮ってしまうか、カラーと切り替えて撮っています。

ブラケットもいろいろと設定ができるのが、うれしいですね。

うれしいと思ったのは、ほぼ標準で水準器がついてくるということです。水平かどうかわかりにくい不自然な姿勢でも、ちゃんと水平に撮れるのが良いですね。

そういうわけで、リコーのカメラはいろいろと使えそうです。といっても、まだ買ってないですけどね。我が家のIT計画から見て、まだまだ手に入れなければならないものがほかにありますので。

« 私は母親似とよく言われます | トップページ | リコーのGXRの新しいカメラユニットを開発 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/47620427

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのデジカメで思うこと:

« 私は母親似とよく言われます | トップページ | リコーのGXRの新しいカメラユニットを開発 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ