最近のトラックバック

« リコーのGXRに期待31:レンズの選び方の違い | トップページ | リコーのGXRに期待33:レンズの選び方の違い03 »

リコーのGXRに期待32:レンズの選び方の違い02

前回の続きで、それではGXRの場合のカメラユニットの選び方はどうでしょう。

すでにご存知の通り、GXRのカメラユニットの場合は、レンズ・撮像体・画像処理エンジンがすべてひとつのカメラユニットに納まっています。カメラユニットの仕様を見ると確かに、レンズの焦点距離、35mm換算の画角、撮像体エンジン(+カメラユニットのグレード)という表示になっています。

一眼用のレンズを選ぶ時と違って、3つの要素を鑑みて選ばなければならないので、なんだか頭が混乱してしまいます。

スペック表記を決めて行く上で、一番議論があったと思われるのが、おそらく画角の表示方法ではないかと思います。本当の画角を聞いてもわからないし、本当の焦点距離を描いても、それが撮像体に写った結果としての画角の見当がつかないです。

それでおそらく、みんなに一番なじみのある、35mm換算の焦点距離の表示に落ち着いたのだと思います。

また、今後出てくるいろいろなサイズの撮像体のことを考えると、統一感を持たせるためには重要な表記方法だと思います。

ただ、それにしても、同じ焦点距離の表示で、撮像体のサイズが異なると、レンズの実際の焦点距離も異なることになってしまい、写りはどう違うのだろうなんて考えてしまいます。思い浮かぶのは、同じ画角でも、実際のレンズの焦点距離が短い、すなわち、撮像体が小さいほうが、遠近感(パースペクティブ)が強く出てしまうのではないかということです。また、被写界震度も深くなると思います。

ただ、これは別の側面を持っています。というのも、あるカメラユニットを選ぶと、ボディーが何であれ、画角や画質が変わらないことです。これはある面、選びやすくなるのではないかということです。もちろん、あるレンズをカメラユニットにはない別の撮像体で撮影したいという要求にはこたえられませんけどね。

そういうわけで、GXRのカメラユニットを選ぶときは、あまり難しいことは考えずに、自分が何をしたいか用途を考えて、画角と、画質を決めて、それに合うカメラユニットにすればいいのではと思います。当たり前の結論ですが、それでいいのかなと思います。

« リコーのGXRに期待31:レンズの選び方の違い | トップページ | リコーのGXRに期待33:レンズの選び方の違い03 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/47002333

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのGXRに期待32:レンズの選び方の違い02:

« リコーのGXRに期待31:レンズの選び方の違い | トップページ | リコーのGXRに期待33:レンズの選び方の違い03 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ