最近のトラックバック

« リコーのGXRに期待21:初めてリコーのデジカメを使っていて思うこと | トップページ | リコーのGXRに期待23:車の写真を撮りたい »

リコーのGXRに期待22:テクノロジドライバの可能性

自動車や携帯電話は、みんなの関心事で、それにむけて開発された技術は業界を牽引しています。

たとえば、電気自動車やハイブリッドカーに応用するための電池の技術は、そのまま他の技術に応用できたり、携帯電話のバックライトの技術は、デジカメ、パソコンやテレビのバックライトに応用されたりします。

この、業界を牽引する要素のことを「テクノロジドライバ」と言います。

デジタルカメラはテクノロジドライバとまではいえないかもしれませんが、みんなの関心事のひとつです。

GXRの出現によって、デジカメがそんなテクノロジドライバとなる可能性はあるでしょうか。

たとえば、各メーカーがこぞってカメラユニットやその他ユニットや、本体ユニットや、本体アクセサリを開発してくれば、GXRがテクノロジドライバとなっていると言うことになります。

私もいくつかこのブログで述べましたが、携帯電話端末メーカーや、携帯端末メーカーが本体ユニットを作る可能性があります。

また、カメラメーカーが、マウントアダプタ(マウント+撮像体+撮像エンジン)を作る可能性だって否定できません。特に明るい大きなレンズは、撮像体だけ刷新したくなると思うからです。撮像体と撮像エンジンを後で交換することが前提のカメラユニットができる可能性はもっと高いです。

もちろん、プリンタつきカメラユニットなんて十分に考えられます。ひょっとしたらポラロイドが作るかも。

カメラユニットと言うこれまで考えられなかった単位ができたことにより、これまでカメラを取り巻く技術では考えられなかったユニットが作られる可能性があるわけです。

GXRマウントも、いずれは新しい世代になるかもしれません。ひょっとしたら完全無線マウントかもしれませんね。

かつてパソコンを「PC-AT互換機」なんていっていた時代がありましたが、そのうち「GXR互換機」なんて言葉が出るかもしれませんね。たとえGXRが生産終了になる時代があったとしても、そうして名が残れば、大成功と言えるでしょう。

« リコーのGXRに期待21:初めてリコーのデジカメを使っていて思うこと | トップページ | リコーのGXRに期待23:車の写真を撮りたい »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/46902936

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのGXRに期待22:テクノロジドライバの可能性:

« リコーのGXRに期待21:初めてリコーのデジカメを使っていて思うこと | トップページ | リコーのGXRに期待23:車の写真を撮りたい »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ