最近のトラックバック

« リコーのGXRに期待17:本体ユニットの可能性 | トップページ | リコーのGXRに期待19:他のメーカーはどう動く? »

リコーのGXRに期待18:「擬似生体眼カメラユニット」の可能性

一眼レフシステムではできないカメラユニットが、「擬似生体眼カメラユニット」です。

諸収差を防ぐために、水晶体のような膨らんだり縮んだりするレンズに、網膜のようにおわん型の撮像体を組み合わせるとか。

とにかく、撮像体の形を変えたり、突拍子のない形のレンズにしてまでも、収差をゼロに抑えたカメラユニットにする。

たった一台の試作品でもいいので、作ってみてもらいたいです。

おわん型の撮像体は、MEMS技術(半導体を立体形成する)をうまく使えばできそうです。

伸び縮みするレンズは、袋の中に液体を充填する仕組みをうまく使って。サムスンがやっているみたいに。

それで、カメラユニットを作って、GXRで撮ってみたいです。

GXRのシステムを使うと、他にもいろいろとこれまで考えもつかなかったカメラシステムができそうです。

« リコーのGXRに期待17:本体ユニットの可能性 | トップページ | リコーのGXRに期待19:他のメーカーはどう動く? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/46868555

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのGXRに期待18:「擬似生体眼カメラユニット」の可能性:

« リコーのGXRに期待17:本体ユニットの可能性 | トップページ | リコーのGXRに期待19:他のメーカーはどう動く? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ