最近のトラックバック

« リコーのGXRに期待13:特許を見てみた | トップページ | リコーのGXRに期待15:大鑑巨砲時代の終焉 »

リコーのGXRに期待14:何を・いつ・どこで買う?

さて、先行予約も始まっているGXRですが、何を・いつ・どこで買うか。私も悩んでいます。

まず、何を買うかですが、現在発売されているものと、将来かなりの確率で発売の可能性が高いものと、比較的遠い将来発売される可能性がある何がほしいかがあります。

このブログの「GXRに期待」シリーズでも前に述べたのですが、今製品化されている中で何がほしいかと言うことで言うと、「標準マクロ」がほしいと思います。一眼レフのカメラと比べてもかくやと思える描写力を、味わってみたいです。

一方で、標準ズームレンズも捨てがたいと思います。移り行く日々の中で、また、旅先での記録として、あの広角レンズは魅力的だと思います。

なので、今製品化した中で買うとしたら、標準マクロ+標準ズームレンズの大人買いしかありえないなと思います。

ただし、来年4月ごろ販売予定の望遠ズームレンズの仕様が気になります。一応28mmから300mmのズームで、現在発売確定のズームレンズの24mmよりは画角が狭く、しかも撮像体の面積も小さいとされているので、どちらがいいかは甲乙つけがたいです。

望遠ズームレンズは「高速対応」とありますが、どの程度対応するのか。動画には対応するのか。どの程度ビデオカメラに近づくのか。

そういった機能も含めて、将来市販される望遠ズームでも十分と言う結論であれば、何も今標準ズームレンズに手を出さなくてもいいと言う結論にもなりそうです。

すると、今は標準マクロだけにしておくと言う考え方もあるし、今は保留にしておいて、望遠ズームレンズが出た段階で再度検討するという考え方もありです。

また、ぜひほしいユニットとして、「ストレージユニット」が挙げられます。今もビュワーは持っているのですが、ファームのアップデートもしないまま新製品が出てしまい、陳腐化する一方なのと、カメラとビュワーと両方管理するのは結構しんどいと思い始めたからです。

これはかなりほしいユニットですが、早まってGXRを買って、後で出なくなったとなるとかなりつらいです。

ちなみにストレージユニットに望むスペックは、メモリーカードからのオートバックアップ、本体からの閲覧機能、USBのストレージクラスとホストのサポート、切り離したときのバスパワーでの外部HDD機能、音声録音・再生機能、などなど。

他に気になるのは、どのくらいメジャーになるのかと言うことです。一般の人にも使いやすいシステムであることが、このカメラのステータスを押し上げることにもなると思われます。

その辺の動向も、このカメラをいつ買うかと言う決断の指標となりそうです。

最後にどこで買うかですが、信頼の置けるお店であれば、安いほどよいかなと思います。これはどなたもそうかと思いますが、どの程度信頼が置ければよいかは難しいところですね。

« リコーのGXRに期待13:特許を見てみた | トップページ | リコーのGXRに期待15:大鑑巨砲時代の終焉 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/46843340

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのGXRに期待14:何を・いつ・どこで買う?:

« リコーのGXRに期待13:特許を見てみた | トップページ | リコーのGXRに期待15:大鑑巨砲時代の終焉 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ