最近のトラックバック

« リコーのGXRに期待05:このシステムは「高い」か? | トップページ | リコーのGXRに期待07:個人的に出してほしいユニット »

リコーのGXRに期待06:実際に触ってみて

さて、単に御託を並べるのも疲れたので、先日実際にリングキューブに行ってGXRの実物を触ってきました。

ご存知の通り、「リングキューブ(RING CUBE)とは、銀座の一等地にあるリコーのショールームですが、案の定何人かが見に来ていました。

私は比較のために、自分が持っているデジカメ二台と、GXRの標準レンズとズームレンズと両方に持参のSDカードをコソーリ挿して撮影しました。あくまで私的な比較のための撮影なので、ここでの公開はとりあえずしないことにします。

標準レンズのデータは手に入れられましたが、ズームレンズのほうはなぜかカードに収まってなくて、手に入れそびれました。残念。

ただ、実際に比較して見ましたが、その画質の差は歴然でした。普及版のコンパクトデジカメとの比較は、当然差があることはわかっていましたが、もう一台の、いわゆる「高級デジカメ」との差を見せつけられたときは、本当に驚きました。

この世にこんなにきれいに撮影ができるデジカメがあったんだなあと思いました。

もちろん、新旧の差はありますし、GXRを他の最近の機種(一眼レフも含めて)比べてみないと、なんともいえませんけどね。

ただ、慣れてないせいもあって、ところどころ扱い方がわからないところがありました。

どうしてもわからなくて聞いたのは、「ズームレンズでマニュアルフォーカスはどうするのか?」です。

答えは、「マクロボタンを押しながら、アップダウンダイヤルを操作する」です。実際に触れる機会があったら試してみてください。

ただ、ズームレンズのMFは、かなり大雑把です。MFを駆使したいのであれば、標準レンズのようにマニュアルフォーカスリングつきの方が良いでしょうね。

大きさは、いわゆる「高級デジカメ」並みの大きさです。特に、最近大型化しつつあるコンパクトデジカメなみか、それより多少コンパクトな大きさだと思います。ちょっと前後に平べったく感じました。

ショールームの方曰く、「予約はけっこういただいている。標準レンズを買うお客様が多い。」との事でした。やはり、リコーのカメラに求めるものを考えると、そうなるのでしょうね。

「この大きさで、APS-Cサイズの撮像体で取れるのは、他にない。」と言うようなことを言っていました。

後、いくつか今後のGXRシステムの発展についての希望を言ってきました。

「リアルタイムストレージユニット」と、「リアルタイムチャージャーがほしい。」と、とりあえず言ってきました。

周りの方は、「写真機の性能はともかく、いろいろ付け替えできることが楽しい。」とか、離してました。

また、ファインダーの性能を試している人がいました。

担当の方に案内されて行った奥のほうには、マクロレンズで撮ったと言う写真が大きく引き伸ばして貼ってありました。すごくきれいでした。

詳細はまた別の機会に。

« リコーのGXRに期待05:このシステムは「高い」か? | トップページ | リコーのGXRに期待07:個人的に出してほしいユニット »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/46775147

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのGXRに期待06:実際に触ってみて:

« リコーのGXRに期待05:このシステムは「高い」か? | トップページ | リコーのGXRに期待07:個人的に出してほしいユニット »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ