最近のトラックバック

« リコーのGXRに期待03:気になるカメラユニットのコスト | トップページ | リコーのGXRに期待05:このシステムは「高い」か? »

リコーのGXRに期待04:カメラユニット展開の可能性

さて、これまでいろいろ御託を並べてきましたが、ここで私が期待する(カメラ)ユニットの将来性について少し述べてみたいと思います。

今のところ、標準マクロと、標準ズームレンズの2本が製品化されていて、来年前半には望遠ズームレンズのリリースが決定しています。

今後は、ビデオカメラユニットや、超望遠、超広角カメラユニットも期待されていますが、私個人的には単焦点レンズのランアップを充実させてほしいです。

GR レンズと、GR Ⅲエンジンの卓越した描写力は、さすがにズームレンズでは難しいと思います。

50mm はすでに商品化されているので、85mm、105mm、135mm、35mm、28mm、24mm(35mmフィルム換算)くらいそろえばとりあえず良いのではないでしょうか。

135mmは、昔母親が持っていました。私が幼い頃に、私が運動会やお遊戯会などで活躍(?)している姿を撮るために買ったものと思われます。

35mmレンズは、一緒に行ったときに見た風景を記録しておくために買ったものと思われます。28mmレンズは、もう亡くなった祖父が持っていました。28mmのレンズは一回触ってみたかったので、見せてもらったときはかなり感動しました。

85mmは、昔私が独身andフリーだった頃、いわゆる彼女ができたら、85mmの単焦点レンズを買って、背景のボケ身を生かしたポートレートを撮ってみたいと思ったものでした。とうとうそんな人は現れませんでしたが、そんなカメラユニットが発売されたら、それを買って奥さんのポートレートを撮ってみたいと思っています。

ラインアップがこなれてきた頃ならともかく、最初からフォーサイズカメラ互換ユニットに走らないでほしいです。このカメラを買う人はまず、GR画質を期待すると考えるからです。それは一眼タイプでは不可能だと考えます。

一般的なラインアップが終わったら、ぜひ300mmや500mmの超望遠レンズにも挑戦してほしいです。業務用にも使ってもらって、スポーツ大会や、芸術撮影などに活躍してもらって、実績を積んでもらいたいです。このカメラには、それくらいのポテンシャルは十分にあると思います。

ただ、それにはいくつか発売してほしいユニットがあります。それはいずれかきます。

« リコーのGXRに期待03:気になるカメラユニットのコスト | トップページ | リコーのGXRに期待05:このシステムは「高い」か? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/46762430

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのGXRに期待04:カメラユニット展開の可能性:

« リコーのGXRに期待03:気になるカメラユニットのコスト | トップページ | リコーのGXRに期待05:このシステムは「高い」か? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ