最近のトラックバック

« リコーのGXRに期待01:デジカメ時代のレンズ交換カメラシステム | トップページ | リコーのGXRに期待03:気になるカメラユニットのコスト »

リコーのGXRに期待02:発売予定のカメラユニット どっちを買う?

GXR発売と本体と同時に発売されるカメラユニットは、二つあります。初めの一歩として、何を選びます?

GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO(以下マクロレンズ)は、昔なら一眼レフを買うときに真っ先に購入していた標準レンズ仕様で、描写力に優れた高級レンズ。

RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC(以下ズームレンズ)は、最近のコンパクトデジカメのだったら、大体ついてくるタイプの普及型レンズです。

どちらもそれなりにメリットがあると思うのですが、私はせっかくGXRを買うのですから、もっともそれらしいものとしてマクロレンズと組み合わせるのがよいと思います。

ズームレンズは、他にデジカメを持ってない人にはあったほうがよいと思いますが、すでに持っている人にとっては、普通の写真はそちらで撮ればよいのであって、わざわざGXRで撮るまでもないと思うからです。

すでに公開されているサンプル写真を見る限り、マクロレンズの描写はすばらしいものがあります。後、レンズが明るいので、暗い中での撮影も頼もしいです。風景写真を撮っていると、時々あるものに近づいて撮影してみたくなることもあるので、マクロレンズと言うのはいい組み合わせです。

もちろん、ズームレンズも普通のデジカメの描写に比べたら特筆物なので、あえてこっちを選ぶと言う選択もありだと思います。つまり、何をしたいかでどっちのレンズにするかを決めればよいと言うことですね。

今度銀座RING CUBEに行って、実際に触ってみようと思います。

« リコーのGXRに期待01:デジカメ時代のレンズ交換カメラシステム | トップページ | リコーのGXRに期待03:気になるカメラユニットのコスト »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/46755810

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのGXRに期待02:発売予定のカメラユニット どっちを買う?:

« リコーのGXRに期待01:デジカメ時代のレンズ交換カメラシステム | トップページ | リコーのGXRに期待03:気になるカメラユニットのコスト »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ