最近のトラックバック

« 年を取ったと思うとき:運転が楽になることを規準に車などを選ぶようになった | トップページ | リコーのGXRに期待02:発売予定のカメラユニット どっちを買う? »

リコーのGXRに期待01:デジカメ時代のレンズ交換カメラシステム

最近頭打ち感のあるデジカメ業界ですが、久しぶりに覗いたら、興味深い製品がありました。

それは、リコーのGXR

レンズ交換方式なのですが、かといって一眼レフでもない、新しいタイプのデジタルカメラシステムです。

これまでのレンズ交換システムは、一眼レフ形式にしろ、マイクロフォーサイズ形式にしろ、レンズだけの交換が多かったのですが、このシステムは撮像体と一体になった「カメラユニット」を交換することでレンズ交換ができます。

一見(というか、もう少し考えても)奇抜に思えるこのシステムですが、考えてみたら最近のデジタルカメラシステムは、ネットワークカメラやウェブカメラに代表されるように、レンズと撮像体が一体になっていて、サーバーと通信してサーバー側に画像を蓄積したり、編集したりするシステムが一般的です。

なので、レンズと撮像体が一体になっていると言うことは、デジカメ時代ならではということがいえると思います。

最初にこの特徴を見たときに、ゴミの問題が原理的に解決されると言うことを想像したのですが、ほかにもレンズの特性に応じた撮像体の設計ができたり、レンズと撮像体を含めたトータルでの特性を持たせることができるという特徴があるそうです。

振り返ってみると、これまでも何度か、レンズユニットと、カメラ本体との役割分担には変化がありました。

一眼レフというものがアサヒペンタックスから誕生した後、しばらくは絞りやピントあわせはレンズ側につけられたリングをまわして人が行っていました。

それが、ミノルタが開発したアルファシステムに代表されるオートフォーカス一眼レフでは、カメラ本体からの信号によって絞りが設定され、同じくカメラ本体につけられたモーターから供給される駆動力でピント合わせが行われる、まったく新しいオートフォーカスシステムが誕生したのです。こうすることですべてのレンズで自動露出、オートフォーカスが享受されるようになりました。

それに驚いたのもつかの間、キヤノンからさらに先進的なオートフォーカスシステムが誕生しました。EOSシステムと言われるそれは、オートフォーカスや絞りを駆動するモーターがすべてレンズ側に搭載され、マウントは電源と信号のみの接続と言う、画期的なものでした。

何が画期的かというと、オートフォーカスのモーターが、それぞれのレンズに最適なものを使うことができることと、マウントは光軸があっていて信号さえつながっていればよいので、精度が高い動作が可能になっていると言うことです。

実際、EOSシステムが登場したときに同時に登場した300mm F2.8 レンズの超音波オートフォーカスユニットの操作感は、どんなにはなれたところでも一瞬にしてピントが合ってしまう優れもので、私はそれを手にしてえらく感動したのを今でも覚えています。

こうしてキヤノンは、オートフォーカス一眼界で、先行するアルファシステムを下し、ニコンに並ぶ2強となることができたのでした。

そしてしばらくは、レンズ交換式は一眼方式の主流が続きます。

私はGXRシステムのレンズと本体との役割分担の変革は、このEOSシステムの変革と同等に語られるものを持っていると思います。

このGXRシステムで心配なのは、撮像ユニットとカメラユニットが一体なので、どうしても値段が高くなってしまうことです。

この課題さえ解決すれば、大化けする可能性はたぶんに持っていると、私は思います。

#微妙に続くかもしれない。

« 年を取ったと思うとき:運転が楽になることを規準に車などを選ぶようになった | トップページ | リコーのGXRに期待02:発売予定のカメラユニット どっちを買う? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/46747966

この記事へのトラックバック一覧です: リコーのGXRに期待01:デジカメ時代のレンズ交換カメラシステム:

« 年を取ったと思うとき:運転が楽になることを規準に車などを選ぶようになった | トップページ | リコーのGXRに期待02:発売予定のカメラユニット どっちを買う? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ