最近のトラックバック

« 送風クッション | トップページ | 花とオデッセイ:東京ドイツ村にて »

思わず冷や汗をかいたこと

お酒を飲みすぎた後、ちょっと覚めかけたときに冷や汗をよくかきます。

コネタマ参加中: 思わず冷や汗をかいた経験を教えて!【ココログ選手権】

これもまあおそらくそういう意味ではなくて、うっかりしたこととかという意味ですけど。

いえいえ、思わず冷や汗をかいた経験があるにはありますが、どれもこれもここに書けないことだらけで(爆)。

ひとつ思い出しました。

昔県道で車を運転していたときに、自転車で二人乗りで走っていた小学生に追いついたのですが、いきなり私の目の前に出てきて、ぶつかりそうになりました。

私はアクセルは踏んでいませんでしたが、追い抜ける程度のスピードで走っていたので、思わず急ブレーキをかけました。

思わず追いかけて言って怒鳴りつけようと思いましたが、気が弱かったのと、大人気ないとも思ったのでやめました。

「ひょっとしたら飛び出すかもしれない。」とは思っていましたが、まさか本当に出てくるとは思いませんでした。接触しなくて済んだのは奇跡かも知れません。

確かに自動車には歩行者や自転車を守る義務があるのですが、自転車にも安全確認の義務があるのですから、お互いに気を付け合いたいものです。あまりに自転車のマナーが悪いと、ペナルティーの創設も考えなければなりませんね。

当局もそれに気がついたらしく、時々自転車の取り締まりをしているようですが、あまり効果が上がっているとは思えません。

そんなことより、一番いいと私が思うのは、事故のときに一定の条件で車側に免責を設けることです。平たく言うと、「怪我をしてないほうが悪い」から、「悪いほうが悪い」という考え方に改めることです。

たとえば、過失相殺で自転車側に一定以上の責任があると判断されたときは、賠償責任を免除してあげることです。さらに悪質なときは、車側のへこんだボディーを弁償させる。これは実際にヨーロッパではある話です。ここは日本ですけどね。

それ位すれば、自転車側もマナーを守るでしょうね。車側のマナーが悪くなるかもしれませんけど、事故時に車側のマナーが悪いと発覚したときは、従来どおり車側が全責任を負うということで。

自転車の事故が増えていると聞きます。対歩行者、対自動車とも。本気でこの現象を回避しようと思ったら、自転車の取締りを強化するのはもちろん、事故時の対応も考えないと、結局事故は減らないでしょうね。

« 送風クッション | トップページ | 花とオデッセイ:東京ドイツ村にて »

クルマにまつわるあれこれ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534967/45856015

この記事へのトラックバック一覧です: 思わず冷や汗をかいたこと:

« 送風クッション | トップページ | 花とオデッセイ:東京ドイツ村にて »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ