最近のトラックバック

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

裁判員、私はやってみたいです

裁判員、私はやってみたいですね。

人生の体験として、やはり違ったことをしてみたいと思います。

ただまあ、「してみたいからする。」というのでは、ちょっと不謹慎でしょうか。

法律の知識はありませんし、私自身はどっちかと言うともっと軽い罰、たとえば、罰金や科料などが予想される犯罪のほうが興味があるのですが、それはあまりにも数が大きすぎて対応しきれないということだと思います。

ただ、日常的に接する機会があるのは、むしろそういう罪ではないかとも思うのですよね。

そんな話はさておき、裁判員をするにあたって、いろいろ勉強することもあるでしょうし、講習も受けることがあるでしょうから、人生の厚みが増すのではないでしょうか。

ただ、やりたいといってできるものではないので、その辺が微妙ですね。

「ブーブーの館」の管理者としては、重大な過失によって起こった重大な事故などに携わってみたいと思っています。

コネタマ参加中: 裁判員、やりたい?やりたくない?

奥さんの勤め先では・・・

私の奥さん勤め先では、売り上げが上がった年に、「大入り袋」ならぬ「大入り旅行」をしたそうです。一応研修旅行の名目だったので、現地で集会を行った後、解散。

そのあとは、2日ほど、自由行動でした。

で、私もそれに同行することになりました。

奥さんが社員旅行で往復するのにあわせて飛行機の切符とホテルの部屋を確保してくれました。それで、奥さんは会社から空港に向かって行くのですが、私はちょっと遅れて空港に向かって合流しました。

現地では、奥さんが会社の「研修」をしている間、私は単独行動をしていたのですが、そのあとは一緒に自由行動をしていました。

社内イベントとしては面白いなと思いました。

コネタマ参加中: 我が社ならでは!? びっくり社内イベントを教えて!

ちなみに私の勤め先の社内イベントで面白かったのは、「青空昼食会」でした。

社屋のそばにある緑化地域(平たく言うと芝生ですが)で、昼休み1時間を使って青空の下で支給された弁当を食べたり、ゲームをしたりして遊んでいました。「1時間で本当にできるのかな」とも思ったのですが、意外と大丈夫でした。

その場所も別の建物ができたので、今度はどうするのか。ちょっと考えますね。

新型プリウスに試乗しました6

普段お世話になっているホンダのディーラーさんにも最近行ったのですが、プリウスの影響でインサイトの売り上げが落ちたり、プリウスにお客さんが流れていくようなことは感じられないと言っていました。

私は最初、「これは税制の改革もあって、みんながハイブリッドに注目しだして、市場が活性しているからかな。」と分析しました。

その分析は、間違えてはいないと思うのですが、新型プリウスに試乗したお客さんがそのあまりにも安手なつくりに、インサイトに戻ってきてしまったと言うこともあるのではないでしょうか。

ホンダの社長の「インサイトの魅力は安さだけではない」というコメントが思い出されます。

今回新型プリウスに試乗して、やはり、インサイトの魅力は安さだけではないという認識にたどり着きました。また、先代プリウスがいかに良い出来かということも思い知らされました。

私の親は、いい買い物をしましたね。末永く、先代のプリウスを乗ってほしいものです。

ダイエットは昔してました

夏に向けてしたわけではないですが、昔ダイエットをしていました。

大昔、私はかなり太っていたのですが、勤め先の健康管理室に呼び出されて、小一時間ほどダイエットについてマンツーマンで指導を受けました。

やせる意義、栄養の取り方、運動の仕方など、会話を交えながら、かなり濃密にしていました。

せっかくだったので、言われたことのうち、可能なことから少しづつやっていきました。

そうすると、それまでデブデブしていた体もだんだんとやせてきて、皮が目立つようになりました。硬い背もたれのいすだと、背中がごつごついうようになりました。

久しぶりに会った人には「どうしたのか?」と、私にではなく、普段良く話す別の人に聞かれました。おそらく、病気か何かと勘違いしたのですね。「どうしたのか?」ときかれればまだいいほうで、「人違い」と思われることもありました。

やせてから知り合った人からは、太っているarpは想像ができないとまで言われた事があります。

最近はほぼ現在の体重を維持しているのですが、若干増えたり減ったりしています。

夏は薄着になるほうが多いので、体重を減らす傾向に向けています。

これが、夏に向けてのダイエットといえば言えますね。

コネタマ参加中: 夏に向けて、ダイエットする?

新型プリウスに試乗しました5

「質感にコストをかけずに、走りの基本的なところにコストをかける。」と言うことは、よく聞く話です。実際、私が乗っている現行型オデッセイも、室内の質感がチープだと言われることがあります。

このご時世、あまり「どうでもよいもの」にお金を割くくらいなら、値段を下げたほうがいい」と言うのは、あながち間違いではないです。

ただ、トヨタはその、「質感」「高級感」で持ってきたメーカーでもあります。

初代プリウスが、高いと言われながらも、それを買う気にさせたのは、その値段を納得させる質感があったからです。トヨタはその「質感」で、買う人に値段を納得させてきたメーカーです。

そんな文化の中で、この新型プリウスの質感は本当に大丈夫かなと、心配になります。

もともとトヨタは「走り」を売りにしてきたメーカーではないので、「走りの基本的なところ」にコストをかけるという考え方は、あまりしないほうがいいのではと思います。今こそ質感の高さによって、「やっぱりトヨタ」とユーザーをひきつけるものがほしいです。

一番楽しいのは今、と、言いたいのですが・・・

まあ、そう言うと、今が薔薇色の人と思われそうですが、そんな事もないです。

ただ、昔と比べると、今がマシかなと言う程度です。

幼い頃や、未成年の頃は、やりたいと思ってもできないことが多く、それは多くの場合お金に絡む話だったり、未成年ならではの法律に絡む話だったりします。

あるいは親に世話になっている立場上、できることに限界があるということでもあります。

その点今は、やることなすこと、基本的に自分の責任の範囲で可能ですし、その責任の範囲も、若いときに比べればかなり大きいです。

昔の思い出が美しいので、あのときが一番楽しかったと思うのは、それはそれでありですが、それが昔であればあるほど、いやだったことは忘れているだけということも、考えに入れておくことですね。

コネタマ参加中: 今までいちばん楽しかったのは何歳?

新型プリウスに試乗しました4

さて、困ったことがあります。

以前このブログでお話したか忘れたのですが、知人がIQを買ったことを風の頼りに聞いて、困ってしまったことがあります。

みんなの前で、IQの私の正直な感想を言えなくなってしまったことです。

同じことが、新型プリウスにも言えます。

これも先日、知人がうれしそうな顔をして、「新型プリウス契約しちゃったよ。」と言ってきました。幸い私はそのときまだ試乗していなかったので、「感想を聞かせてください。」とにこやかに離しました。

さて、今、それと同じ反応ができるのか、私には自身がありません。

新型プリウスはこれからもいろいろな人に買われていくのでしょう。ただ、それは私の身近にいる人が、オーナーになる確率が高くなると言うことを意味します。

また、初代のオーナーだった私にアドバイスを求めてくる人がいるかもしれません。

その人たちに、「いやー、正直新型プリウスやめておいたほうがいいよ。」と言えるうちはいいのですが、今みたいに「買ってしまった。」といわれてしまうと、ぐうの音も出ません。

もうちょっと「よさ」を保ってほしかったのが、正直な感想です。

(つづく)

新型プリウスに試乗しました3

質感はインサイトといい勝負なのですが、インサイトのレポートでは正直に質感はいまいちと書いています。一方、新型プリウスは質感が上と書いてあります。この辺が、ジャーナリストが信じられなくなることです。

以前、親のプリウス(先代)に一回乗ったのですが、「やっぱりプリウスはいいね。」と思わず言ってしまいました。オデッセイを買う前でしたけど。その「よさ」を、新型プリウスは見失ってしまった気がします。

今のハイブリッドラインアップで選ぶのであれば、間違いなくインサイトですね。走りが楽しそうです。装備がシンプルでよいのだったら、プリウスEXでもいいと思います。

新型プリウスにはいくつかグレードがあって、最廉価版のSだけ、38km/lをたたき出します。もし新型プリウスならではのよさを求めるのであれば、これを薦めます。ナビとかは後付でいいじゃないですか。

ただ、環境によいと言うことだけを考えれば、車を手放して公共の交通機関を使えばいいです。車を使うのであれば、最低限の車を操る楽しさは持ち合わせたものにしたいです。そんな中で、新型プリウスとは、いや、環境車の存在意義は何かと、改めて考えさせられました。

新型プリウスに試乗しました2

#(プリウスに試乗しました1)からの続き

先代のプリウスのほうが、乗った感じはまだいいのではないでしょうか。

思わず、一緒にもらった「プリウスEX」のカタログを見入ってしまいました。ただ、安く作るのが前提なので、私にとって必要な装備がなくて、やっぱり残念なんですけどね。

歴代プリウスの中で、一番質感がないのではないでしょうか。初めて写真を見たときに、「コスト削りすぎかな」と、なんとなくやな予感がしてはいいたのですが、的中しましたね。

ジャーナリスト誌を見ていると、結構評価が高いようですが、IQのときに並んで、これでますますジャーナリスト誌のことが信じられなくなりました。

一番強い動物はやはり・・・

まあ、定番は、クマでしょう。

やはり、クマとしては、クマが一番気になるところです。

「人気最強」は、クマですかねえ。

イヌさんやネコさんに並んで、人気ナンバーワンは、やっぱクマでしょう。

コネタマ参加中: 「史上最強の動物」って何だと思う?

新型プリウスに試乗しました1

試乗してきました。新型プリウス。

ただ、ごめんなさい。乗った感じはいただけないです。

街中を試乗しただけなので、高速を走らせた感じはわからないのですが、なんかすごい安い電気自動車に乗っている印象です。

それでも「(発電機つき)電気自動車」ですから、燃費はいいのでしょうね。

電気の音がとてもよく聞こえてきて、やはりこれは電気自動車なのだろうと、改めて思います。ブレーキを踏んだ感じは、スピードが出ているときから回生ブレーキが露骨に感じられて、走り出しは、モーターのみの走り出しと、エンジンがかかってからの加速のつなぎ目が今ひとつスムーズでない。

全体的にノイジーで、ギクシャクした走り味です。

何もかもかなぐり捨てて、燃費に命をささげるマニアには、まさにお勧めです。

IQに乗ったときもがっかりしましたが、プリウスは期待が大きかっただけに、余計にがっかりしました。

(つづく)

英語の映画に限れば字幕

英語で話されている映画に限れば、字幕に限ります。

字幕と話している言葉を比べて、「ああ、これってこういう風に言うんだ。」って納得してみたり、字幕と違うじゃんと、突っ込んでみたり、字幕ならではの楽しみがあります。

いくつかのの映画では、途中でフランス語やスペイン語など、別の言葉に変わることがありますよね。そのようなシーンでの戸惑いは、やはり字幕でないと味わえないです。

アーノルドシュワルッネッガーがターミネーターで"I'll be back." と言って、すっかり有名になりましたが、これも字幕ならではですね。「地獄で会おうぜ、ベイビー」は、口頭では"Hasta la vista, Baby." ですが、これはスペイン語で「また会う日まで」と言う意味で、普通に使われている表現です。それが何で「地獄で会おうぜ」になるのかはわからないのですが、そんな想像をめぐらせることができるのも、字幕ならではです。

ちなみになんで「地獄で会おうぜ」になるのか想像してみるに、「お前も悪で、私も悪だ。どっちも地獄に行くに決まっている。お前は先に行くだけだ。だから、また地獄で会おうぜ。」と言っているように思えるのですが、いかがでしょう。

映画を見ていて心にしみる言葉も、やはり原語で味わったほうが深く味わえると思います。

英語以外の言語だと、自分がその言葉を聞きたいかによります。フランス語だったら字幕ですが、アジア系だったら吹き替えかな。

コネタマ参加中: 映画、あなたは字幕派? 吹き替え派?

キャッシュバックの案内

昨日、お世話になっているディーラーの方から留守電がありました。

ただ折り返し連絡しても接客中で、折り返すと言われたのですが、それでも折り返しの連絡がないままになってしまいました。

で、今日、近くに行く用事があったので、そのまま飛び込みで行くことにしました。

そうしたら、「新車のときのキャッシュバックの期限が近づいているので、手続きをしたい。」とのこと。

手続きはすぐに終わりました。

そのあと、いくつか話をしたのですが、向こうは立ったままで、早く帰ってほしそうな顔をしていたので、早々に退散しました。

これで、キャッシュバックのポイントが、そのまま現金になって私の懐に入ってくるわけです。いいですねえ。

ほうっておいてもキャッシュバックされないらしく、教えてくださったおかげでできました。

ありがたいことです。

私のオデッセイは、とりあえず調子いいです。

最近長距離に乗っていないので、乗りたいなあと思う今日この頃です。

警察官の突然の訪問

今日、自宅に警察官の方がやってきました。

「何だろう」と思っていると、「この近辺のご自宅を訪問して安全の確認をしている。」みたいなことを言って、このカードに記入してほしいと個人情報を記入するカードを出してきました。

一応警官の格好はしていましたし、物腰も丁寧で景観ぽかったのですが、最近は物騒な事件も多いので、一応念を押しました。

「警官だということを証明するものはあるでしょうか。」

すると、相手もそれを察したか、

「警察手帳ですね。ええ、最近は・・・、こちらです。」

と、警察手帳を出してくれました。

警察手帳は初めて見るので、本物かどうかもわからなかったのですが、本物ぽかったですし、出す姿勢を見ても物怖じしない様子だったので、一応信じることにしました。

必要事項を記入して差し出すと、

「最近この辺で何かありますか。」

と言われたので、私はちょっと日ごろの不満が爆発して:

「上がちょっとうるさいです。この辺で焚き火をしている人をたまに見ます。条例で禁止されていますよね。」

と言いました。すると、

「そういうことがありましたら百十番してください。」

と言っていました。

「そ、そうですか。してかまいませんか。」

と、言いました。

泥棒や火事のときに百十番は私もしたことがあるのですが、近所で焚き火をしたくらいで百十番することもできるのかなと思いました。ただ、周りの人たちとの人間関係もあるので、覚悟は必要でしょうね。

普段警察官の方と話をするのはあまり機会がないものですから、まあ、いい経験だったのかなと思いました。

警察の皆様は、こんなに地道に地域を回っているのですね。ご苦労様です。

平安装束っぽくしてみました

コネタマ参加中: 【落書き】好きな髪型にしてあげてください

Neta_001_cocolog_oekaki_2009_05_1_4 

平安装束っぽくしてみました。

といっても、私は絵心がないので、しかもマウスだったので、ちょっと変な頭です。

唇には紅を差してみましたが、これもかなり変です。

Img_0050_s

以前私が平安婚礼体験をしたときは、左記の写真のようなかぶり物をかぶっていました。

それをこのモデルさんにかぶせるとどうなるのかなと思ってやってみました。

いやー、面白いですねえ。

100万円当たったら・・・

100万円当たったら、何をしますかねえ。

100万円って、微妙な金額ですよね。家が買えるわけじゃないし。

遊んで暮らせる額ではないし。

ただ、生活費に埋没させるのは、ちょっともったいない。何か記念になることに使いたい。

車は買ってしまったし。

物に使うとしたら、どうしようもなく陳腐化した我が家のITシステムをそっくり入れ替えますか。デスクトップPC(サーバー&メインPC用途)、ノートPC(私用と奥さん用)、外出用ネットブック、ルーター(一応新しいから無理して買わなくてもいいけど)、マルチファンクションプリンター、電話・ファックス、地デジテレビ(なんと、我が家はいまだにアナログテレビ)、ブルーレイ録画機・・・。なんかあっという間に足が出そうですけど。

旅行に使うほうが使い勝手がありますかね。昔、アラブ首長国連邦のドバイにある「アラビアンタワー(現地語で『バージ・アル・アラブ)」という豪華ホテルに泊まるツアーに行ったことがあって、それは一人40万円、ふたりで80万円でしたね。それと諸費用や買い物を合わせると、まあ、100万円いかないくらいじゃないでしょうか。

あれは豪華でした。全室スイートのホテルに4泊滞在で、空港とのお迎えとお見送りはロールスロイス。オプションでつけた市内ツアーは、普通のセダンにツアコンとドライバーと、われわれ二人だけ。夜は砂漠ツアーと、砂漠のど真ん中にパーティー会場が開かれていて、ベリーダンスを見たり、一緒に踊ったりしてました。

「朝ごはん」は取に行くのではなく、頼み放題のバイキングで、とても食べきれないので11時ぎりぎりに行って、朝ごはんと昼ごはんをかねてました。午後3時ごろはおやつを部屋に持ってきてくれました。

チェックインは当然部屋で、チェックアウトは各フロアにあるフロントで、すんなり終わらせます。当然スーツケースを運ぶ必要はありません。一般庶民が1階のフロントで重い荷物を持ちながら並んでチェックイン・アウトするのとは雲泥の差でした。

ただ、私はそんな高級ホテル・高級ツアーとは身の丈があっていないのかなとも思いました。

さっき述べたレストランでは、ウェイターが暇そうにしていて、注文を含めてこっちの望みを何でも聞いてくれるのですが、雑談も英語でしてきて、ちょっと戸惑いました。

まあ、なけなしの英語で話はしたのですが、英語が話せなければ当然恥をかいたわけです。お金だけ持っていても、ヨーロッパ系の言葉ひとつ話せない人は、そんなところに行ってもたかが成金と思われると思いました。

夏だったので、Tシャツに短パンで表玄関から出入りしていたのですが、高級ホテルですから、ひょっとしたら「服装をわきまえない、空気を読めない人たち」と顰蹙を買っていたかもしれません。ちょっと恥ずかしいですね。

高級な旅行には、高級な人にならなければならないわけで、100万円あったら、実際に旅行に行くお金のほかに、英会話学校に通ったり、フォーマルなしぐさを身に着ける講習を受けることも予算にいれとかなければならないでしょうね。目的があるわけですから、身に着くのも速いでしょう。

物と思い出と、どっちがいいかというと、どっちかというと、旅行とか、自分の記憶にとどまることにお金を使いたいですね。「あなたの財産を、地上にではなく、天に蓄えなさい。」というありがたい言葉もあることですし。

コネタマ参加中: 夢の100万馬券!当たったらどうする?

結局は「デートは男性がおごる」ということかな

昔は私は「割り勘派」だったのです。自分がおごるとなんとなく、「相手が自分の分さえ出せない人」と思っているようで、傲慢だとに思っていました。

でもそれは、「自分がけちだから」と思いたくなかっただけかも知れません。

実際、男性のほうから「割り勘にしよう」と言い出すのは、女性に受けが悪いですよね。私も独身時代は何度かデートをしたことはあるのですが、あまり長続きしないことが多かったです。で、ある人に、「割り勘にする人はいやだ」と露骨に言われて、ああ、そうだったのかなと思いました。いやー、気づくの遅すぎ。

それからは、おごるようにしましたね。そのときはすでに勤めだしていたので、おごるのは苦ではなかったし。

まあ、「割り勘にしよう」と言って、それでもついてくる女性は、その男性のことをいかに思っているかと言うことでもあります。またさらに、「ここは私が払う」と言う女性は、さらにその相手の男の人を思っているということかもしれません。

でも、そこまで思ってくれる女性は、私の目の前には現れませんでしたねえ。

男性側としては、自分が「割り勘にしよう」と思った時点で、相手の人のことを大して思ってないということかもしれません。男性から交際を断るのは女性に失礼と思う人は、相手に断らせるいい口実かもしれませんね。

先ほど言ったのとは矛盾するのですが、あまりに強行に割り勘にするという女性も、それはそれで微妙ですよね。「あなたにおごってほしくない。あなたと私は単なる知人。あなたに世話になりたくない。」といわれているようで。そのような時は下手に逆らわないほうがいいのではと思います。

おごられるのを当て込んで、高い店に行こうと言ったり、高いものを勝手に頼んだりするのは、相手の男性のことを、昔で言う「メッシー」と思っているだけのことが多いので、「割り勘にしよう」と提案するのがいいでしょう。次からはその女性は誘いに乗ってこなくなります。相手の女性のプライドを傷つけずに身を引くことができます。

ここまでの話は社会人になってからの話で、学生時代となると又話は違ってきますね。そもそも、自分で稼いでいない、自分磨きをしなければならない学生が、デートに時間を割きすぎるのもどうかと思います。

基本は学校で一緒に休憩したり、お互いの自宅で会ったり、お金がかからない方法で交際を進めるのがいいのではと思います。そもそもおごる・割り勘にするという付き合い方は、避けたほうが無難でしょうね。

さて、割り勘かおごるかですが、やはりデートでは男性がおごるのが基本というのが、私の考え方です。昔は経済力の都合から、男性がおごるということになっていましたが、今は、女性への思いやりや、たくましさを表現する手段として、健在なのでしょうね。

昔と違って今の女性も、経済的にも含めてたくましくなっているので、女性が払ってもいいのではと、私も正直思います。ただ、男性として相手の女性と長く付き合いたいと思うのでしたら、デートではおごるということでしょうね。

コネタマ参加中: デートは割り勘派? それとも…?

好きな時間は23時くらい

コネタマ参加中: あなたの好きな時間は何時?

私の好きな時間は、23時くらいかな。

日常的な用事は何もかも終わって、お風呂にも入って、あとは寝るだけと言う時間と言うと、こんなもんだと思います。

昔は寝床でTBSの「夜は友達」なんて聞いていました。

学校で深夜放送を聴くのがはやっていて、私も自分のラジオで聞いていました。好きなコーナーは「お便りコーナー」でしたね。

もっと成長してからは、自分の部屋にテレビを置くようになって、テレビやレーザーディスク(なつかしー)を見たり、音楽を聴いたりしてました。「映画みたいな恋したい」というテレビ東京系列の番組を良く見てました。テレビゲームなんてのもしてましたね。

社会人になってからは、パソコンに向かうことが多くなりました。それは今でもそうですね。

最初の頃はゲームとかに使っていましたが、途中からコミュニケーションをとることに使うようになって、最近はもっぱら情報収集に使っています。

新しい面白いものを買ってきたときは、それをいじったりもしています。

そうして自分の好きなことをして、眠くなってきたらそのまま横になって「ふわわわ・・・」と寝るのが好きです。それは昔も今も変わりません。

そういうわけで、好きな時間は23時なのですが、寝る前の時間の平均的なものとしてそうなわけで、もっと早いときも、もっと遅いときもあります。

ピアノを習ってみたいです

昔、かなり大きくなってからピアノを習っていたことがあったのですが、途中でなんとなくやめてしまいました。

最近になってピアノを見かけると、「さらっと弾けたらかっこいいだろうなあ。」と思うことがあります。

昔はピアノを弾くと言うと、周りに気を使いながら弾かないといけなかったのですが、今は電子ピアノ全盛で、周りに気兼ねなく、場所も比較的選ばないでピアノを弾くことができます。

昔知り合いだった人の娘がピアノを弾くらしく、「キラキラ星変奏曲」なんていうのを弾いたらしいです。そのとき、その人の心の中で、自分の娘が「ピアノのお稽古をしている娘。」から「ピアニスト」に変わったそうで、いろいろな曲を弾かせてあげたいと言っていました。

電気店で、時々ピアノをちょっとだけ弾いてみたりもするのですが、やっぱり楽譜がないと弾けないですね。楽譜があっても弾けないですけど。bomb

私も人が弾いている曲にけちをつけるだけでなく、やっぱり自分でも弾いてみたいものだなあと、今になって思いますが、さて、指が動くかどうか・・・。

コネタマ参加中: 取りたい資格、やりたい習い事を教えて!

私はやっぱり"そば"かな

もともとそばは好きだったのですが、自分でそばうちを体験してからは、ますますそばが好きになりました。自分で作ったものは、やっぱりおいしいですよね。

以前、プリウスに乗っていた頃、通うように戸隠に行って、日ごろ食べるように手打ちそばを食べていました。一般の人が作る機会が多いのは、うどんよりはそばかなと思います。

私の奥さんは、あまり自分で何かを作ったりしないらしく、以前その戸隠のそば屋さんで自分たちで作らずに注文して食べました。しかしながら、以前食べたのと比べて味が落ちたと思いました。

自分で作らなかったのもあるのでしょうが、以前に注文したときに比べても味が落ちたと思いました。

昔はあまりお客さんがいなかったのですが、味が落ちたと思ったときは以前に比べて人がごった返していましたので、やっぱり流行りだすと店というのは味が落ちるものなのですね。

コネタマ参加中: “うどん”と“そば”、好きなのはどっち?

そばはあの香ばしい香りと、ぽきぽきした触感が好きですね。その感触を味わおうとしたら、やはりざるに盛って、つゆにつけて食べるのがいいですね。それで寒い人は、蕎麦湯を味わったり、蕎麦がきなどを別に食べてもらうと言うことで。

フランスのクレープに「ガレット」というのがあって、小麦粉の代わりにそば粉を使って、焼き上げたクレープに、甘いものではなく、卵やハム、きのこやベコンなどの惣菜系の食材を載せて食べる料理がありますね。

日本のそばだけでなく、そういった海外の食材でも味わえるそばは、私はおいしいと思います。

携帯電話の使いこなし

携帯電話を新しくして、使いこなしをいろいろしています。

車とのBluetooth接続はだいたい頭に入りました。

最初は自動接続をどうすればいいのか分からなかったのですが、なんとかなったみたいです。

PCとの接続はちょっと考えました。シンクロをどうするかが悩みました。Outlookの使い方を変えて、携帯とシンクロするデータだけを別のフォルダに分けて管理するようにしました。今持っているデータを全部シンクロしようとすると、携帯に入りきれないからです。

これからは音楽データの入れ方などを使いこなしたいと思います。

今日「麩」の味噌汁

コネタマ参加中: あなたの好きなお味噌汁の具は? 【ココログ選手権】

味噌汁の具といえば、わかめや貝の類が主流ですが、時々「麩」なんて入っていると、おいしいと思いますね。

汁がしみて、もちもちした触感は、それまでの味噌汁の常識を覆してしまいました。って、大げさですが。初めて食卓に出たときに、それがとてもおいしく感じられて、「お母さん、これなに?」と思わず聞いてしまいました。

麩といっても形はいろいろあり、大きなのを輪切りにしたようなものから、小さい玉状のものまで、さまざまで、それぞれ触感が違って面白いです。

話はそれますが、昔、「亀ののろい」とかいうギャグがはやっていました。

「昔、亀がいました。その亀はのろかったのです。『亀ののろい』」という、今聞くと何の面白みもないギャグがはやりました。

ほかにもたとえば、「妹を食べる話」→「芋を十食べる」、「キャー、血と亡霊と死体」→「キャッチボールしたい」と言うのがありました。本当に今聞くとつまらないです。

その中に「恐怖の味噌汁」と言うのがありましたが、実際には「今日、麩の味噌汁」でした。麩の味噌汁はいただけますが、このギャグはいただけないですねえ。

おあとがよろしいようで。

5月病になったことはないです ただ・・・

5月病が、どんな定義なのかはわからないのですが、とりあえず私は五月病になったことはないです。

ただ、5月病の定義が「新境地に赴いたのはいいけど、どうも期待と違う。まずかったかなあ・・・。」と憂鬱な気分になるのが、きっと「5月病」と言うのかもしれません。それでしたらないことはないです。5月でなくても、「5月病」かもしれないです。

多いのが、せっかく買った物(パソコンなどの、比較的高度な機能を持った道具類)が、自分の期待と違う機能しか持ってないと思ったときに、なんとなく憂鬱な気分になることはあります。

たいていは、うまく使いこなす手段を見出してますね。せっかく買ったものですから。で、その使いこなす手段をうまく見出せないと、買い換える時期も早くなります。

携帯電話の類は、いろいろなものを試していて、今回買ったのは普通の第3世代の携帯電話ですが、これはこれでいろいろと使いこなしを要求されることがあります。普通の携帯電話ですからね、まあ、こんなもんでしょうと思っています。

今後は、できるだけ普通のものから自分の好みのものを選ぼうと思います。そのほうが「5月病」になりにくい気がしますし。

コネタマ参加中: 五月病、どうやって乗り切る?

TVCMでのお弁当

自分がふたをしたくなるお弁当を目の前にしたことはないのですが、昔、テレビでそのようなシーンを見たことがあります。

ネタ元の記事にもあるみたいに、建築現場ではたらいている人がお弁当を開けたら、ハートをかたどったふりかけがある、バリバリの愛妻弁当で、「やばい」といったカンジで思わずふたを閉めていました。

で、その人はどうしたかというと、弁当箱をひっくり返して底を開けて、ふた側にお弁当を開けて、お弁当がひっくり返った状態で、何事もなく食べていました。

「おお、なかなかいいアイデアだな。」と思ったものです。

ここを見ている皆様、ふたをしたくなるお弁当にめぐり合ったら、ひっくり返してみてはいかがですか?

コネタマ参加中: 思わずフタをしたくなったお弁当は?

私が「思わずふたをしたくなるお弁当」と聞いて、真っ先に思い浮かんだのは、「すっごく臭いが強いお弁当。」でした。たとえば、クサヤが入っているとか、においが強いチーズが入っているとか。

「くさいものにはふたをする。」と、最近には良くありがちな風潮ですが、結局ふたを開けないといけないのは自分自身ですから、最初から正直に課題に向かったほうが結局は得なんですよね。

好きなのは「さわやかな季節」の月

「さわやかな月」というと、5月くらいかな。6月はもう暑いし、7月は梅雨だし(本当は6月より7月のほうが梅雨なんですよね。)、8月は真夏だし。4月はまだちょっと肌寒い。

なぜ、「さわやかな月」がいいかというと、昔大好きだった歌"Happy birthday to my friend"の中に、この「さわやか」な季節が出てきたからです。

「キテレツ大百科」というアニメのクロージングテーマとして、一時期流れていました。

1番の最初の歌詞が「内緒のまま好きな あなたの誕生日。」

2番の最初の歌詞が「なぜ生まれてきたの さわやかな季節に」というつながりが、私に「この彼氏は何月に生まれてきたのだろう。」と思い巡らせました。そして考えたときに、5月かなあと思うわけです。

5月だったら、クラス替えで初めて一緒になった人ともそこそこ気心が知れてきて、この歌にあるような誕生会も開けそうですね。

それでずっとその彼氏の誕生会に出ていた彼女が、いつの間にか彼氏を好きになったりするわけです。

子供向けのアニメの内容と、この歌のおませな内容が、ギャップがあって、新鮮だったりしました。

コネタマ参加中: あなたの好きな季節は何月?

インサイトが4月販売台数首位

インサイトが4月販売台数首位になりました。
プリウスも成し遂げる事ができなかった偉業です。
私はこれは、ドライバーを誰よりも大切にしてきたホンダならではだと思います。
悪評(?)高かった先代も、ドライバーは楽しそうに運転してましたね。
これからも頑張って欲しいです。

お手製の「グニャグニャ凧」

小学生の頃、学研の「科学」に出ていた記事に「グニャグニャ凧」というのがありました。

ビニール袋と竹ひごがあれば誰でも簡単にできます。

どんなたこかはお手数ですがキーワードで検索してみてください。

そういうわけで、私も小学生の頃、作ってみました。

すると、あら不思議、街で売っている普通のたこよりも、楽勝でぐんぐんあがっていきます。友達と遊ぶときも私はそれを持って行って、その凧を揚げて遊んでいました。

一回だけ、凧から手を離したら、そのまま大空に飛んでいってしまったことがありました。

それくらい良く飛んだ凧でした。

当時、「ゲイラカイト」という凧が流行っていました。よく揚がる凧ということで評判でした。

友達に揚げさせてもらったことがありますが、揚がると言う機能だけで言うと、グニャグニャ凧もあまり変わりませんでした。

ただ、やっぱりゲイラカイトの方がかっこいい。

というわけで、結局ゲイラカイトを買ってもらいました。

ただ、「自分が作った凧を揚げる」ということは、今となってみれば貴重な体験だったと思います。自分で作った凧が揚がるのが面白くて、しょっちゅう作っていました。

コネタマ参加中: “MADE IN 我が家” 自家製しちゃうものを教えて

仕事が忙しいです。

最近仕事が忙しいです。
急に残業する事になりました。
まあ、世の中には仕事がなくて困っている方が沢山いらっしゃいますから、贅沢な悩みですね。
明日も頑張ります。

世界初のペット専用飛行機

現代人はペットを飼うことが気持ちの安らぎにつながるそうですから、このような便があるのはいいことですねえ。

ちなみに、人がかぶり物してこのペット専用の便に乗るのは・・・。まあ、無理でしょうね。

いいのですけど、やっぱり一緒に移動したいとは思わないのでしょうか。専用のえさとか世話が必要なペットもいるでしょうし。

ほかの旅行インフラもペット可になってくれば、ペットの旅も安心してできるでしょうね。

リンク: 世界初のペット専用飛行機.

コネタマで紹介されました

以前、こちらで「プチ自慢」を書いたと思いますが、その記事がコネタマで紹介されました。

私の記事はこちらです。

http://arp.tea-nifty.com/blog/2009/04/post-3e14.html

それで、紹介されたURLはこちらです。

http://blog-neta.cocolog-nifty.com/overview/show/A4hKO0ZOeW

「手を使わずに耳抜きができる」というあたりが、このブログで記述した内容です。

いやー、印象残る記事がかけてよかったです。

これも、いつもこのブログを覘いてくださっている皆様のおかげです。

これからもがんばり(?)ます。

一応好きな番号は1です

一応1ということにしておきましょう。

というのも、高校時代の学力テストの成績が、大体学年で1番だったからです。

昔は「成績が学年で一番」というと、「すばらしい」とか「すっげー優秀」とか思ったものですが、なってみると「こんなもん」と思いました。

学園モノで成績が1番の生徒というと頭が切れそうだったり、勤勉そうだったり、活動的だったり、何か特徴があるものですが、私はそのうち何もありません、成績以外は普通の生徒でした。

むしろ、行動がとろくさかったので、からかわれることもありました。

ただ、そんないじめっ子も、試験の前になると私のところに来て勉強を教えてくれとお願いしてきました。

普通に教えてあげましたよ。普段からかわれているからと意地悪して教えなかったりしなかったし、逆に、自分の存在感を示しているみたいで気持ちよかったです。ただ、人の話を聞いてないような態度をとられたときに、その姿勢を注意したりはしました。そうされると教えにくいし。

そういえば、テストで成績が悪かったり、テストを受けるのが不安だったりする友人が居残っていたときに、一緒に居残ったこともありました。もちろん教えるためです。

あるクラスメイトに教えていたときに、息がタバコのにおいがしたので、その指摘をしたこともあります。ただ、それがいけないとは言いませんでしたね。その人の問題だし、私は先生じゃないし。

ある日、英語の実力テストの成績が2番だったときがあって、「ああ、以前1番だった人が返り咲いたのかな。」と思っていると、それまであまり気に留めなかった男子に呼び止められました。

「arp、お前、英語の成績、2番だろう。」「ああ、よくわかったね。」「そうだろうな。一番が俺だから。」と言われました。

その話をいつも話している友人にしたところ「自分が1番だと2番と決め付けられるお前はやっぱりたいしたものだ。」と、言われました。

当時は太っていたので、女生徒にもてたほうでもなかったのですが、それでも試験前とかに教えてくれとお願いされてくることもありました。そのときだけはもてた気分になれました。

よく言う話ですが、教えることで逆に教えられたり、自分の理解が浅いことに気づかされたり、自分にとってのメリットもありました。そういう体験ができるのも、学年で一番だったからでしょう。

そういうわけで、学校で勉強ができると、内容が身につくだけでなく、変に攻撃されないというメリットはありましたね。ある意味、身の守りになっていました。

よく「勉強ができてもしょうがない。」とか「勉強だけが人生じゃない」とか言われますし、私もそう思います。でも、学校は勉強しに行くところですから、勉強はやっぱりできたほうが良いです。

何も学問や受験勉強に何もかもささげてほかの事には目も振らずにがんばれというつもりはないのです。普通に勉強すれば、それで十分だと思います。私もその位の気持ちで勉強していました。

一番だったのは、何かの偶然でしょう。ただ、一番でよかったと思ったのも、また確かです。

コネタマ参加中: あなたの好きな数字1桁を教えて?

携帯電話を買い替えました。

携帯電話を買い替えました。

今度の機種はりサムソンの930SCです。

まだあまり使っていませんが、画面はきれいですね。

以前はWindows携帯にしていたのですが、日本では使いにくいと思いました。あと、最新機種はどうかわかりませんが、機能は豊富なのに、CPUやメモリの資源の不足の関係か、すぐ飛んだり、動作が不安定になることが多かったように思います。

そんなこんなで、今回は携帯電話の機種から選びました。

これでブログの更新が携帯電話からもできるようになるほか、いろいろな携帯のサービスを使うことができます。「ガラパゴス諸島」とか言われますが、日本で使うのなら、やはり日本の携帯だと言うことですかね。

これからは、パソコンや車への接続や、その他使いこなしをしていきたいと思います。

HAPPY59位

コネタマももう60位台を卒業し、今日見たら59位でした。これもこのブログを見て下さっている皆さんのおかげです。
これからもよろしくお願いします。
この記事は新しくした携帯電話から投稿しています。

物差しで作るアート

絵心がなくて、アートとは無縁と思っていたのですが、物差しを握るとちょっとはアーティスティックになるみたいです。

中学校かの美術の時間に、ものさしを使って線を引いて、線で囲まれたところに色を塗るという課題があって、私は言われたとおりもくもくと作業をしていたのですが、それを見た友人が「なかなかいいよね。」という話をしていました。

「あっ、そう?」「うん、いいよ。」といってくれました。

確か、紙の縁にそって渦巻状に四角く書くようなデザインだったと思うのですが、いいといってくれました。

また、大学の製図の時間に「直線や点線を平行に何本か引きなさい」という課題があって、私はもくもくと線を引いていたのですが、線と線の間を空ける空間が斜めに通るように引いたのが良かったのか、やっぱりかっこいいといってくれました。

話はそれますが、中学校の文化祭の実行委員の友人に「俺、行けないから今日だけ代わりに行ってきてくれ。」と言われて、行った先で「(中央会場になる)体育館に出入りする入り口の周りを飾るデザインを考えて絵を描く。」という課題がありました。私がなんとなく:

「レンガ模様がいいんじゃない? レンガが出入り口の周りを囲うような。」と言うと、友人が

「おお、いいねえ。」と、さっさとデザインを進めて、その日はこれまでになりました。

当然私は当日限りの代理だったので、その後どうなったか知りませんが、文化祭当日になって体育館の出入り口を見ると、レンガ模様の絵が出入り口を囲むように書かれていました。

私はひそかに、「俺の案が通った。」と思いました。

高校時代は、クラスの出し物で、教室で劇をすることになって、背景を絵で書くことになりました。

ただ、シーンに応じて絵を変えなければならず、いちいち紙を張り替えるのでは大変だ、どうしようという話になりました。

そこで私は何気なく「四角い柱みたいなものをたくさん作って、並べて、そこに絵を貼り付けて、柱ごとに絵を切って、シーンが変わるごとに四角い柱を回すようにすれば簡単に変えられるんじゃない? まあ、4つしかできないけど。」と言いました。

そうしたら、「それはいい。」といって、そのあとは私は何もしないのに、大道具さんが私の思い通りのものを作り上げてくれました。

ちなみに舞台用のカーテンをあけるときに下に押し下げる(引くのではなく)ようにして、簡単に開け閉めできるようにしようと言い出したのも私です。それはあとで先生が「あれは面白かった」と感想を言ってくれました。

まあ、そんなこんなで、手先が不器用で、しかもトロイので、絵はかけないのですが、ものさしで幾何学的な模様を書いたり、人に作ってもらったりするのは得意だったと思います。

また、センスのようなものもなさそうであり、アートな体験は、なさそうであった人生だった気がします。

コネタマ参加中: あなたのアート体験教えて!

朝の占いも最近は見なくなりました

昔は朝民放をつけていることが多かったので、朝の占いを見ることも多かったのですが、最近はNHKをつけていることが多いので、占いも見なくなりました。

占いを見ていた頃は、自分の星座がラッキーだったりすると、「おお、ラッキー」と思うし、アンラッキーだと、「まっ、災い転じて福となすとか言うし。」と、そのときは思うのですが、後ですっかり忘れていたりします。

占いは基本的に信じないので、朝の占いも当然信じないのですが、「アンラッキー」と言われたときに注意くらいはします。

なので、「アンラッキー」と言われるときのほうが、本当はラッキーなのかもしれないですね。

コネタマ参加中: つい見てしまう朝の占い。気にする? 気にしない?

粟又の滝

以前まだ奥さんと付き合いだして間もない頃、千葉の房総の養老渓谷にドライブに行ったことがありました。

私はそこで、粟又の滝(別名、養老の滝)を指して「くりまた」と言いまくっていました。

幸いしたのは、私もちょっと自信がなかったので、小声でチョロッと言っていたので、気がつかない振りができる程度だったことでした。

で、彼女は気がついたのか気がつかなかったのか、そのまま交際は続きました。

今後はもっとよく調べてから話をするとします。

知ったかぶりは良くないですねえ~。

コネタマ参加中: 今だから言える!? 恥ずかしい「思い違い」教えて

好きなおにぎりあれこれ

幼稚園か、小学校低学年くらいのおにぎりは、俵型でした。

ただ、友達やテレビのアニメに出てくるおにぎりが三角なのがとてもおいしそうだったので、途中から親に頼んで三角形のおにぎりにしてもらっていました。

具は、遠足に持っていくおにぎりは、海苔が巻いてあって、中の具は梅干や鮭だったりしましたが、私は特にたらこが好きでした。しかも焼いてある。

あと、コンビニで買ってくるおにぎりでは、細く切って甘辛く煮た昆布なんて好きですね。ご飯と程よくなじむと、ご飯とも昆布ともつかない独特の味がして、それがとても好きでした。

でも、おにぎりの中でも特に好きだったのは、お昼ご飯のときなどに握ってくれた「味噌にぎり」や、しょうゆを塗りながら七輪などで焼き上げる「焼きおにぎり」でした。

当然中に具はないですが、周りの味がハーモニーとなっていて、とてもおいしかったです。

コネタマ参加中: おにぎりはどんな形が定番? 中身は何が好き?

ねたとは関係ないですけど、コンビニのおにぎりは、海苔がフィルムに包まれて別々になっていて、食べる直前にフィルムから取り出して直接巻いて食べましたよね。

実はあれ、スーパーでフィルムに入った海苔だけ売っていて、大学時代はそのフィルムにおにぎりをくるんでお弁当に持たせてくれました。

おにぎりひとつとっても、想い出はいろいろあります。

antenne(『アンテーヌ』(三栄書房))

『アンテーヌ』(三栄書房)という本があります。

女性向けの車雑誌で、主にカー用品の紹介をする雑誌です。

女性であれば、未婚・既婚・子連れ問わないみたいです。

私が見たのは第14号で、紹介されている車がエクシーガでした。

私の奥さんはこれをみて、あれがほしい、これがいいといっていました。

前の車は車内が狭かったので中に取り付けるものをいろいろと選ばないといけないのでしたが、今回の車は大きいので、車内にもいろいろと置いて遊べそうです。

母の日のプレゼント

「母の日」に何かをしてあげた覚えがまったくないし、何もしていなかった気がしたのですが、母に「覚えていること何かあるか?」と、電話をしてみました。

そうしたら、なんかのバッグを贈ったらしいです。

ごめんなさい、私、そのこと何も覚えてなくて、「どんなバッグだった?」と聞いてしまいました。

そうしたら「フェラガモのバッグ」とか言っていました。

ただ、母の日でなくても、パソコンのメンテナンスをしてあげたり、車(プリウス)の購入に相談に乗ったりと、私なりにいろいろと助けてあげているつもりです。

まあ、親に連絡するきっかけもできたし、それもこのコマネタのおかげですね。

コネタマ参加中: 母の日に贈った思い出のプレゼントを教えて!

ちなみにこのプリウス、買ってしばらくしてから見に行ったら、アンダー10km/lという、プリウスにあるまじき燃費をたたき出していました。

「燃費を何とかしたら。」と、燃費よく走る方法を伝授したら、それが面白いらしく、今度は20km/l弱くらいの燃費になったみたいです。これも親孝行ですかね。

今日までGW

世間ではまだまだGWが続くと言う人もいらっしゃるようですが。

私は今日までGWです。

明日から出勤になります。

ちなみに今日は雨ですねえ。

今日ドライブでお帰りになる方は、雨や疲れで運転が大変でしょうが、お気をつけてお帰りください。

スペースデブリ

宇宙技術で今後解決していかなければならない課題に、「スペースデブリ」というのがあります。

何の意味もなく浮遊している宇宙の「ごみ」のことで、それがあるがために宇宙活動が制限されるそうです。

この「スペースデブリ」が今後増えてくると、人類はそのために宇宙に出れない可能性があるとも指摘されています。

GWに道路が殺人的に混んでいて、外に出れない私のよう・・・、かも知れません。

とうとう道路の殺人的混み具合は解消されそうにないですね。

運転された皆様、お疲れ様です。

安全には気をつけてお帰りください。

初任給ではなく初ボーナス

社会人になって初めて親元から離れたので、しかもバイトもほどほどにしていた私は当時お金がなく、初任給は生活費に消えていった気がします。

そういう意味では、初任給で買ったものといったら、お米とかおかずかな。バイトしていた頃と違い、自分で稼いだお金を初めて生活費に使ったと言うことが、思い出に残っていると言えば残っています。

初ボーナスをもらったときは、そのほとんどをつぎ込んでワープロを買いました。

今のようにパソコンが一般的でなかった頃は、「ワードプロセッサー」と呼ばれる文書作成専用機があって、みんなその機械を使って文章を作成していました。

メーカーは、その分野にさまざまな独自の規格の商品を出していました。

私はそれを手に入れて、いろいろと文書を書いて遊んでいました。ただ、今のようにブログとかなかったので、特にそれを誰かに見せると言うこともなかったですね。自己満足です。

当時はなけなしのボーナスを払って買ったので、結構高い買い物でしたが、今はもう使わなくなって捨ててしまったでしょうかねえ。

そのときと違って、今はブログとかで自分が書いた文書を公開したり、反応がいいとなると本にしたりできます。いい時代ですね。

コネタマ参加中: 初任給にまつわる思い出を語ってください!

車情報の探し方

車って、出た当時はみんな記事を組むので、そのときの記事はあるのですが、デビューから日がたつにつれ、それらの情報は古くなっていきます。

もちろん、その頃の情報も新鮮でいいのですが、それは当然どんどん古くなっていきます。

一方で、ジャーナリストの方々もあとで乗ってみて、それまで気がつかなかったことに気がついたりすることもあるはずです。

ただ、さすがにいまさら記事にするのも・・・と思いますよね。

なので、最近いいなと思ったのは、「比較」というキーワードを入れて検索してみることです。

ジャーナリストの方々も絶対的な評価だと言いにくいことでも、比較だとネガティブな情報も言ってくれたりします。

また、少し前の車の情報も得やすいので、比較レポートは出てしばらくたってからの車の情報を得るのに良いと思います。

ハワイに行ったときの写真

Img_6047_1 去年の暮れ、ハワイに行ってきました。

暮れだったので、当然日本は寒かったのですが、ハワイはさすが常夏の地域だけあって、暖かかったです。

基本的には奥さんと行動が一緒だったのですが、一人でふらつく機会があったので、とりあえずお昼ごはんに本場ロコモコを食べました。

もうちょっとアバンギャルドなものを想像していたのですが、普通のご飯の上に普通のハンバーグと目玉焼きが乗っているロコモコでした。

ハワイのほかの店のように、この店の店員も、たどたどしい日本語で呼び込んでいました。

私はそのたどたどしい日本語を聞くのもめんどくさかったし、おなかもすいていたのでさっさと入って注文しました。

Img_6053_1 夜ご飯はステーキにしました。

ワインと食事セットをつけました。

そこそこケチらず、そこそこ金を使いすぎない晩御飯でした。

アメリカのステーキだったので、ぱさぱさした物を想像していたのですが、しっかり油が乗った、日本的に言ってもおいしいと感じるステーキでした。Img_8926_1

ウェイターの方もとてもよくしてくれました。

奥さんは別のところで、やはりサイコロステーキを食べていたらしいです。

目の前の鉄板で焼くのをデモンストレーションしてくれるみたいでした。

Img_8939_1

クリスマスイルミネーションがあったようです。

常夏なので暖かいと言うか、暑いくらいなのですが、その中でのクリスマスイルミネーションは、ちょっと違和感ありますよね。

サンタがサーフィンをしている姿はありませんでしたが、クリスマスイルミネーションがあったのは拾い物でしたね。

次の日は日帰りツアーに申し込んで、出かけたのですが、バスが定員目いっぱいで、私が助手席に座る羽目になりました。

運転手が「結婚したのか、おめでとう。」と言ってきたので、「うん、3年前に。」というと、新婚と思っていたらしく、意気消沈した声色に変わりました。

どこに行っても新婚さんと勘違いされるみたいです。

これは序の口で、この晩御飯を食べた次の日から本格的な旅行が始まるのですが、その話は別の機会にします。

赤福氷と赤福しるこ

三重旅行のカテゴリでコメントした「赤福氷」と「赤福しるこ」の写真が出てきたので紹介します。

Cimg1253_4 出されたカキ氷を見ると、一見、普通のカキ氷のようにも見えます。ただ、食べ進むうちに、徐々にその本性をあらわにしていきます。

Cimg1256 そうそう、中に赤福がお餅とあんこで出てきます。

この赤福カキ氷は、夏季限定で、6月くらいから売り出されていた気がします。

普通の宇治金時とどこが違うのかと言うと、表現が難しいのですが、御餅が入っているところと言えばある程度はあたっているかな。

Cimg0856 これは別の時に撮った「赤福しるこ」の写真です。

これは「赤福氷」よりもさらに特徴が薄いと思われ、「普通のぜんざいとどこが違うんだ。」といわれると、さらに返答しにくいです。

味が赤福だってところが、違うと言えば違うかな。

いずれも伊勢のおはらい町入り口近くの赤福で食べました。

興味ある方はお試しあれ。

サラリーマンNEO

サラリーマンNEOシリーズは、私も好きで見るのですが、今春も始まりました。

このシリーズは、サラリーマンによくある話をシリーズ化して面白おかしく紹介する番組です。

これまで見て私が好きだったのは:

「世界の社食から」:世界のいろいろな国にある会社の社食を紹介するコーナー

「はたらくおじさん」:いろいろな業界の取り組みを紹介するコーナー

「OL夜叉」:表はニコニコしていて、影で男性サラリーマンをつるし上げるOLのコーナー

(婚活のコーナー):彼女が見つからないサラリーマンが結婚相談所に入って婚活するコーナー

といったところです。

最後に紹介したコーナーでは、最後に幼馴染の女の子にめぐり合って、交際するんですけど、ちょっと微妙なエンディングになっていました。その後はどうなったのか、ちょっと心配です。

というわけで、今回も楽しみなサラリーマンNEOでした。

コネタマ参加中: 4月スタートの新テレビ番組。オススメは?

明日はこどもの日

GWでお出かけということが注目されていますが、お忘れではないとは思いますが、明日はこどもの日です。

Img_4043 最近はいろいろな領域でこどもの日を狙ったイベントがあるそうで、写真はこどもの日をかたどったカップケーキです。

子供が好きそうなクマさんをあしらっています。

去年、奥さんが買ってきましたが、やはり、動物にたとえると熊さんらしい行動です。

Cimg1006 大昔に親戚宅をお邪魔したときにお土産に買ったのもこどもの日ケーキでした。

さすがに手ぶらじゃまずいだろうと、間に合わせに買って持っていったものです。

お店でこれを選ぶまで、私も「こどもの日 ケーキ」なるものがあるとは知りませんでした。

先日久しぶりに会ったら、もうすっかり大きくなっていて、私のおば(この子のおばあちゃんに当たる人)は、「こどもの日 ケーキを買ってきてくれたおじちゃんよ。」と紹介してくれました。

いい教育ですねえ~。

そういうわけで、皆様、良いこどもの日を。

忌野清志郎さんが亡くなられました

すでに皆様、ニュースでもご存知のとおり、忌野清志郎さんが亡くなられました。

この方の作品で一番印象に残っている曲に、「雨あがりの夜空に」があります。

一見、自分がドライブしたい気分なのに、車が故障してドライブできないさまを描いた曲に見えます。

確かにそうなのですが、微妙に車を女性にたとえていて、ドライブすることがその人と一夜を共にすることとオーバーラップさせているのが、この人らしいです。

私は、今もソフトバンクモバイルの携帯電話を使っているのですが、最初にこの電話を持ったときは、「東京デジタルフォン」といわれていました。その頃のイメージキャラクタが、この忌野清志郎さんでした。

「昼間のパパ」の歌を聴きながら、「夜のパパもすごいんじゃないかなあ。」と、思ってみたりもしました。ひょっとして、そう思わせようとする曲だったのかもしれません。「昼間」を「夜」と言い換えて、歌ってみてください。

迫力があって、世の中から背を向けていて、遠回りでもエッチなスタイルが、心のどこかで引っかかる、そんな印象を持っていました。

彼が世の中で認知されているのとは違う本当の彼が、ほかにもあるのかもしれませんね。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

好きな硬貨は

コネタマ参加中: あなたが好きなのは何円玉?

「仰げば尊し」の勘違い

コネタマ参加中: 今だから言える!? 恥ずかしい「思い違い」教えて

ネタもとの方も書かれていましたが、「仰げば尊し」の「我が師の恩」は「和菓子の恩」ではありません。

それだけではなく、この歌の歌詞について、いくつか勘違いしやすい、というかしていた、ことがあります。

「思えばいと疾し」は、「いと」(非常に)「疾し」(速い)という意味です。「思えば速いものです」という意味であって、「いとおしい」という意味の短縮形などではありません。

「今こそ別れめ」は、「こそ」~「め」の係り結びで、単純に「今こそ別れるときだ」「今こそ別れようぞ」という意味であって、「別れ目」という意味ではありません。

さらに言えば、「わするるまぞなき」は、「忘れる間がない」という意味であって、「マゾ」とは関係ありません。

もっと言えば、「仰げば」とは、「尊敬の念を持って見上げるように見ること。」であって、熱いものをさますように風を送ることとは関係ありません。

まっ、こんな勘違いをされる方はいないでしょうけどね。

私にとって「仰げば尊し」という歌は、「大人の歌」です。小学校の在校生時代に「蛍の光」を歌ったときに、「仰げば尊し」を歌っていた卒業生の皆さんがとても大人に見えました。

在校生時代の我々が歌っていた「蛍の光窓の雪」という歌詞がそのまま、卒業生の皆さんの歌の中で「蛍のともしび積む白雪」と歌いかえられていたのが、受け答えのように思えて興味深かったです。

当事者であった学校時代も、今も、卒業の歌と言えば「仰げば尊し」ですね。

新潟発、女子高生のスカート丈改善ポスター

リンク: 新潟発、女子高生のスカート丈改善ポスター.

過剰に短いスカートを見て「それって、『セクハラ』じゃないか?」って思うことがあります。

たとえ覗かれたって訴える資格ないし、訴えられたら「そんな格好がセクハラだ」と訴え返したり。

実際、「環境セクハラ」って言葉がありますね。

たとえば会社内だったら見えるところにわいせつなポスターを貼ったり、PCの壁紙を貼ってみたり。「性的な関心を誘う格好」で歩いてみたり。

なんでもそうですけど、物事には「程」があります。最初から度をわきまえてほしいです。

「セクハラ」と言われないと改まらないのでしたら、世の中どんどん窮屈になるばかりです。

入江徳郎さん

以前、日本を代表するニュースジャーナリストの一人に、入江徳郎さんがいらっしゃいました。

幼いころ、両親とよく見たテレビのニュース番組にも出演していて、ニュースを伝えていたのを覚えています。

ただ、この「いりえとくろう」さんが「今晩は、入江徳郎です。」と自己紹介するときに、名前がうまく聞き取れず、「イリエット・グロー」とか聞こえてしまいました。

それで、「この人、こんな日本の典型的なおっさんみたいな顔をして、ずいぶんハイカラな名前だなあ。」とずっと思っていました。

それで、この本名をきちんと認識したのは、あろう事か、訃報を聞いたときでした。

親が「入江徳郎さん、亡くなっちゃったねえ。」と言っているのを聞いて、やっと、「ああ、『いりえとくろう』っていうんだ、この人。」と、思いました。

その重厚な語り口は、ニュースだけでなく、「アナウンサーはこうあるべき」という彼の信念までも語りかけているみたいでした。

聞き違えてごめんなさい。また、改めて、ご冥福をお祈りします。

コネタマ参加中: 今だから言える!? 恥ずかしい「思い違い」教えて

インターナビの検索結果

皆様いつもご覧くださってありがとうございます。

GWも始まって、道路もETCの割引の影響で、どういうルートをたどればいいか悩んでいる御貴兄も多いかと存じます。

さて、ホンダのインターナビルート検索の「出発時刻アドバイザ」でちょっと検索してみました。

東京の銀座から名古屋まで検索すると、ばっちり中央道を通れと出てきます。

同じく焼津までを検索すると、保土ヶ谷バイパスを回って横浜町田から入り、途中で小田原厚木道路を通れと出てきます。

ETC割引はあまり適用できませんけどね。やっぱり高いほうがみんなが通らないと言うことでしょう。

ただ、車を買った人が入れるインターナビのページで検索すると、もうちょっと違う検索結果が出ますけどね。小田原厚木道路は通りませんでした。

レスポンスに面白い記事が出てました。通信型ナビのほうが有利だろうと言う予測です。

こうやって自宅でルート検索をしていても、出かけなければ意味ないんですよね~。think

ナビの渋滞情報も有効に活用して、皆様、良いカーライフを。

目玉焼きを作ってみました

以前、「目玉焼きには何をかける?」というコネタマがありましたが、それを書いているうちに久しぶりに目玉焼きを食べたくなったので作ってみました。

二つ作ったのですが、一つ目は、油をまわして熱したフライパンに卵を落としてすこし黄身が硬くなりだしてから水を足してふたをしました。

ただ、うまく黄身まで硬くならなかったので、もう一回水を足したのですが、それでも黄身がやわらかかったので、仕方がないので、ひっくり返して2面を焼きました。黄身が少し崩れましたが、「ターンオーバー」と呼ばれる目玉焼きができました。

二つ目は、結構水をたっぷり入れて、同じようにやってみました。

今度は水がなくなる頃に黄身が程よく硬くなり、ひっくり返さずにすみ、比較的イメージどおりの目玉焼きができました。

かけるのはソースにしようかとも思ったのですが、今回は王道のしょうゆにしてみました。

ゆで卵とは異なり、ほどほどの焼き目がついていて、しょうゆとのハーモニーがあっておいしかったです。

また作ってみようと思います。

コネタマ参加中: 塩、醤油、ソース…、目玉焼きにかけるのは?

えっとーどっちかなあ・・・。

先日、車雑誌を見たときに、「どんな車が女性に人気があるか?」という、ちょっと懐かしい香りのする特集のページがありました。

昔はクーペなんて人気があったのですが、今はSUVが第一位らしいですね。

第2位がミニバンで、第5位がワゴンでした。

それではたと思いました。

私の車、オデッセイはどっちだろう?

まあ、巷ではミニバンといわれるのですが、微妙にワゴンぽいですよね。ただ、縦横比とかをよく検証すると、やっぱりミニバンかなと思ってみたりもします。

今までオデッセイをワゴンと変わらないじゃないかと思っていたのですが、まあ、これを読むとミニバンでいいのかなとも思います。

まるでこうもりみたいですね。

電気屋さんにて

今日、諸般の事情で電気屋さんに寄りました。

実は、ちょっとほしいものがあったのです。

ネットワークUSBハブと言われるものです。

またの名を「USBデバイスサーバー」と言います。

最初、「USBハブ」のコーナーに案内されて、ちょっといやな予感がしました。

とは言っても私もこの存在を知ったのはつい最近の話なので、「USBとネットワークをつなぐものです・・・。プリントサーバーではなんです。」というと、お店の人が「ちょっとお待ちください。」と中に引っ込んで行きました。

しばらくすると、詳しそうな人を連れて出てきて、「これしかないですねえ~。」と、箱を見せてくれました。

メーカーも違うし、高かったので、それはやめました。

最近、プリンタを共有する機会が多いのですが、共有PCをつけたままじゃないとプリントできなくて、今後どうしようか考えていました。

購入を検討したい一品ですね。

お酒の失敗

昔、職場の飲み会で、大トラになったことがありました。

それこそ飲みまくって、寝まくって、吐きまくって。

今考えると、ちょっとだけ恥ずかしいです。

同僚がタクシー乗り場に連れて行ってくれて、タクシーに押し込められて、私は行き先を告げた後、爆睡してましたね。

次の日にその同僚から電話があって「送れずにごめん」といっていました。謝るのは私の方なのに。義理堅くてありがたいです。

当時はそれを恥ずかしいという認識があまりなくて、それからも何度かお酒の席で飲みすぎるということがありました。さすがにこのとき並みのことはなかったですけど。

今は多少は自制を利かせて、酒の席で寝るくらいの事ですんでいます。

酒についても、以前に比べて目が厳しくなっていますから、程々がいいですね。

コネタマ参加中: 酔ったら止まらない?!お酒の失敗談教えて!

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ