最近のトラックバック

トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

オデッセイ 納車されました

ついに納車されました。birthday

オデッセイ。car

今日の昼ごろ、ディーラーの方が持ってきてくれました。

やっぱりかっこいい。オデッセイ。写真も撮りました。そのうち掲示します。

先日も書きましたが、天気がすごく心配で、昨日は雪まで降って、すごく天気が心配でした。snow

で、今日は曇り気味の晴れだったので、ディーラーの方が納車にいらしたときに、「本日はお日柄もよく・・・」としみじみ言ったら、「ええ、私も昨日まで天気が心配で『いったいどうなるんだろう』と思っていました。」と、言ってくれました。心配してくださったんですねえ・・・。

納車に来る直前に、担当の方から電話があって、「今近くのガソリンスタンドでガソリンを入れてから向かいます。後10分くらいで着きます。」と連絡してくださいました。

「おお、『ガソリン満タンにしてくれ』という私の希望をかなえてくれたのか。」と思いましたが、本当にガソリン満タンなのかはわかりません。

なぜなら、納車初日にかかわらず、まだ自分で運転していないからです。weep

今日は古いほうの車を次のユーザーに届けるために運転することになっていたからで、そのようで一日終わってしまいました。

久しぶりに実家に行くと、その次のユーザのだんなさんが取に来てました。次のユーザーは久しぶりの運転なので、これからなれるために今回は取にこれなかったそうです。

ニコニコ現金引換えで、渡してきました。次のユーザーも大事に乗ってくださるとうれしいです。

めでたしめでたし。

P.S.今日は取説を一そろい自宅に引き上げてきました。

取説をよく読んで、颯爽とオデッセイで走るところを夢見ながら、今日は寝ることにします。night

日産キューブのCMに出てくる鹿さん

日産キューブの鹿さん。シリーズになっていますけど、かわいいですね。carouselpony

最初の編では「そうか・・・。」という感じで出てきたのを見ていたのですが、羊が出てきて、巨人が出てきて、「あの鹿がいいなあ・・・。」と思い始めていました。

すると、出てきたではありませんか。鹿さん第2弾が。

いつの間にか奈良公園で鹿せんべいを食べていました。

しかも子供まで作って。

あのシリーズ、続けてほしいなあ・・・。

ちなみにCMは好きだったけど、キューブを買うのはやめました。

理由は全高が高すぎて、立体駐車場に入らなかったからです。

ただ、あのスタイルで立体駐車場に入る大きさにしたら、相当変な形だろうな。

これはこれで、キャラですよね。

コネタマ参加中: CMに出てくる動物で好きなのは?

オデッセイでやってみたいこと

新しい車が来ると、やはりいろいろ試したくなるのは当然の成り行き。heart

オデッセイと言う車、実はハイテク満載で、CVT、インターナビプレミアムクラブ・インターナビルート対応ナビシステム、マルチビューモニター、細型フロントピラー、低床低重心システム、V字型シートレイアウトと、枚挙に暇がないのですが、その中にも私が注目しているのは、CVTとDBWが織り成す低燃費システムです。

ECONを押すと、エンジン・トランスミッションはもとより、エアコンまでも協調制御して低燃費を実現できるとのこと。

ただし、この車、ドライビングポジションが結構多いです。

ECONモードオン・オフ、Lレンジ、スポーツレンジと、それぞれオン・オフがあって、全部あわせて2×2×2の8通りのドライブモードがあることになります。

オンラインや、メーカーに直接問い合わせたのですが、今ひとつ釈然としないと言うか、もうちょっとあるんじゃないかと思っています。

特に、ECONモードとほかのモードとの組み合わせで、どういう動作になるのかに興味があります。メーカーの答えでは、ECON+D以外では、エアコン以外は普通のモードと言うことでした。でも、それでは何かつまらない。wobbly

キットなんかあるはず。(なのか?)

いずれにしても、せっかくの新しい車を早速傷つけることがないよう、気をつけながらいろいろ試してみることにします。

納車前日

いよいよ明日になりました。納車。car

保険の切り替えも終わり、今乗っている車の嫁入りの段取りも無事決まりました。house

今日ナンバーが無事決まったそうです。ただし、陸運局は混んでいたらしいです。今の時期は決算期だから、そうだろうなあ・・・。

保険の切り替えの手続きが控えていたので、ひやひやしました。memo

明日は納車を受けた後、今乗っている車を届けに向かう予定です。

晴れるといいなあ・・・。sun

幼いころの車感

車は幼いころから好きでした。car

本当に幼いころはミニカーで遊んでましたし、小学生のころは母親が自動車学校に通っていたときに家に持ってかえってきた教科書を読んでました。

あまりに読むものですから、親が自動車について詳しく書かれていた本を買ってきてくれたりもしました。当時はエンジンはOHVに直列4気筒縦置きのFR、気化はキャブレター方式で、冷却装置はファンを直接ベルトで駆動しているというものでした。

「将来はバスの運転手になる」なんて、言っていたものでしたbus。ただ、今考えると自分はとろいので、やはり技術系の職業に就くのが良かったのかなと、今も思います。

でも、車のメーカーに就職するのはやめました。日本人なのだから、日本のメーカーに勤めたかったのですが、大きなトヨタはつまらなそうで、ほかのメーカーは面白いとは思ったけど、安定性に欠けている印象がありました。なにより、特定のメーカーの車しか所有できないことになりはしないかと心配でした。

まあ、そういうわけで、車メーカーでないITメーカーに勤めています。building

私の幼いころや若いころは、車というものはある意味特別な存在で、「車を持つことはかっこいい」「車を運転することは楽しい」という考えが半ば常識として通用していたのですが、今は「便利だから」「ないと困るから」という考えが主流で、景気が悪くなると真っ先に削減の対象となっているようです。

「バスの運転手になりたいと思っていた。」と言いましたが、オデッセイを所有することで、その夢の1/6くらい近づきましたかね。note

コネタマ参加中: 子どもの頃に“将来なりたかったもの”は何?

突然の変更

なんと、ディーラーに下取りに出す予定だった今の車が、急遽親戚にもらわれることになりました。wink

もともと軽自動車がほしかったそうで、たまたま私の親が私が車を買うときに下取りとして軽自動車を渡すといったら、それをほしいという話になったそうです。ディーラーが提示した額+10万円で取引してくださるとのことでした。

早速ディーラーに連絡をして、下取りの分を上乗せした額を振り込みました。

ちょっとばたばたしました。

しかし、親の兄弟とはいえ、ちょっぴり不安です。coldsweats01

車選びの経緯(トヨタ編)

一応トヨタも選択肢に入れてみました。

コンパクト系では「iQ」、大きな車系では「クラウンハイブリッド」を考えてみました。

iQ:

試乗してみて思ったのが「ちょっと勘弁してくれよ」と言うものです。angry

振動はひどく(特にアイドリング中)、走りはビッツ並み(一応サイズは超えてますけど)、後ろを見ると確かに「こんなに短かったのか」と驚きますが、ビッツくらいと思っていたという落ちつき。やっぱり「プレミアム」とは言いにくいと思いました。この車をカーオブザイヤーにノミネートした人も、選定した人も、どんなセンスをしていたのでしょうか。値段は安いですが、価値はもっと安いです。事情があってどうしても軽自動車並の大きさで、白ナンバーに乗りたい人がいるなら、これしかないのでこれでしょう。

停止中にアイドリングを聞いたときは、「これ故障しているのかな」と思いました。それでも身の回りに買う人がいたので、批判できなくなってしまいました。これからどうしよう・・・。sign02

今までも「3気筒はだめ」と思っていましたが、この車を試乗したことでますますその気持ちが強くなってしまいました。

クラウンハイブリッド:

ちょっと極端ですが、オデッセイなど大きい車を探し始めたころ試乗してみました。

加速は図抜けて強烈なのですが、リニアリティーに欠け、「どっかん」的な加速でした。

また、曲がったときのロールが不自然で、ロールが始まって途中でロールが無理やり止められるような感じでした。

クラウンは安くないのですから、やはりそれなりに乗った感じが完璧でないと買う気にならないと思いました。

トヨタは総じて、重心が高い印象があります。というより、重心が高いということをあまり気にしないといったほうがよいかもしれません。

重心を低くすることはそこそこに、それによって走りがスポイルされる分は、サスペンションのセッティングで何とかしたほうがコストが低く抑えられると言う企業の論理が働いている気がします。まあ、それでそこそこいい車を安く提供できるなら、それはそれで意味があるでしょう。

同じようなことが3気筒にもいえます。正直に4気筒つくるよりも、3気筒で生じる不自然な振動をごまかしたほうがコストが節減されると言う考え方でしょう。

ただ、「そこそこいい車を安く」手に入れようとする人は、車を手にする優先度が比較的低い人が多いので、景気が悪くなれば車を買い換えなかったり、車を手放したりすることも多いと思います。その辺をどう作戦だてていくのか。これまで稼いだお金を有効活用していくことが、今まで以上にこの会社に求められているのだと思います。

天気が心配

もうすぐ納車なのですが、今週は天気が悪そうですね。rain

雨の納車になりはしないかと心配です。

まあ、いつかは車は雨の中を走るので、気にしなければいいといえばいいのですが、デビュー戦が雨の中では幸先が悪いと同時に、雨粒で車の状態が良くわからないので、納車のときの確認がうまくいきそうになくて心配です。

ま、しょうがないですね。こればかりは。rvcar

車選びの経緯(BMW編)

BMWにも行ってみました。car

「コンパクトな車」と言うことで、1シリーズを考えました。

友人がBMWファンで、親戚にもBMWに乗っている人がいたので、昔から興味がありました。

今でも比較的良い印象を持っています。heart01

ただ、操作感が全体的に重く感じました。これを「重厚感」と呼ぶのかもしれませんが、ちょっと私の好みではありませんでした。そして、このような疑問を感じながら買うにしては、あまりに高いプライス。1シリーズは周りの人の中にお勧めできないと言う人がいたので3シリーズも考えたのですが、するとますますプライスが・・・。

とりあえず、今回はパスしました。

車内の片付け

昨日、今日と、今の車の車内を片付けています。catface

明日もきっと中を片付けるでしょう。

いろいろなものが出てきました。

買った当時、プレゼントでついてきたアロマディフューザーや、かって早速車上荒らしにあったときに買った警報装置が出てきたのは予想していました。

今の連れが買ってきた日差しよけは、買ってきたのは良かったけどフロントガラスが小さすぎて使えずにいて、そのまましまいこまれたものも出てきました。懐かしかったです。オデッセイにはサイズ的には合うと思うのですが、フロントガラスが高熱線吸収&紫外線カットガラスなので、本当に必要と感じるかは微妙ですが。

シートの下から非常時窓割り用のハンマーが出てきたので、それも出しました。

ナビの説明書が出てきたのですが、それはそのまま車の中に置いておくことにします。ナビは一緒に引き取ってもらうので。納車のときまでに中のデータの消去を忘れないようにしなければなりません。さもないと恥ずかしい思いをするでしょう。coldsweats02 ナビにあるデータをメモったりするのは、やめときます。

シートの下からは後付で100円ショップで買ったトレイが出てきました。オデッセイに使えるかわかりませんが、とりあえずとっておくことにします。

車のキーも整理して、納車当日にすぐに渡せるようにしました。普段使っていなかったスペアキーが出てきてよかったです。

納車当日に今の車から新しい車にそのまま移し変えるものもありますが、当日移し忘れがないように気をつけないといけないです。

車選びの経緯(スバル編)

今回のオデッセイに至った経緯を思い出しながら書いてみます。eye

最初はいろいろな車を考えてみました。特にコンパクトで高品質な車がないかを考えていました。

持っている車がスバルなので、レガシーやインプレッサなどを考えていました。

ただ、R2がCVTで、コンパクトな車のほとんどのトランスミッションがCVTが主流になりつつあるのに、4速ATなのがちょっとネガでした。確かに乗った感じはCVTみたいと感じることもあるのですが、平地ではそう感じても上り坂となると馬脚を現すというインプレッションを読むと、やっぱりちょっとと思ってしまいました。(゚ー゚;

レガシークラスになると、このごろのこのクラスのトランスミッションはほとんどが5AT以上であることを考えると、4ATはどうも腑に落ちませんでした。

また、いろいろな技術を「開発している」と発表したり記事になったりしている割にはその技術が盛り込まれた車がなかなか登場せず、開発力に不安を感じていました。

で、スバル車はどうもと思っていました。

ただ、水平対抗の走りは魅力的だったので、いつかは自分にぴったりなスバル車が誕生して、その車を自分が所有する喜びを謳歌する時代がやってくると思い、そんな日を待ちわびていました。

「それまでは今の車(R2)に乗ってりゃいいや。」と思っていましたが、そうも言ってられない事情が出てきました。

なんと、私が高速道路を運転しているときに、エンジンが故障してしまったのです。

後でわかったのですが、以下の「リコール情報」の内容でした。

リコール情報

リンク切れのためにこちらにも書いておくと、

「走行中にエンジンとベルトをつなぐクランクプーリーが抜け落ちて走行不能に陥る」

というものでした。

そのときのディーラーの応対も迅速とも丁寧ともいえないもので、それはそれでどうかと思ったのですが、私個人的にはこの故障でリコール出すまでに112台もあったことが信じられませんでした。

メーカーのこの対応は、「走りのスバル」と言うにはあまりにもお粗末でした。

軽自動車はもう売らないという企業姿勢が、こんなところにも現れているのですね。

その時期と前後して、私の車探しの旅が始まったのです。

新型オデッセイ(4代目)を買うことにしました

新型オデッセイを買うことに決めました。

もう契約は済んでいて、ただいま納車待ちです。今度の土曜日に納車の予定です。

グレードはL、色はポリッシュドメタルメタリック、メーカーオプションはナビとマルチビューカメラです。

ディーラーオプションは、フロアマット、ドアバイザー、マッドガード、グラスコーティング・ガードコスメ、ビームライトです。

今は軽自動車に乗っていますが、ライフスタイルが変化してかなり手狭になってきたのと、やはり軽自動車に乗っていると高速や山道があまり気持ちよくなく、車の話をしているときになんとなく下に見られたり、走っているときに前に割り込まれやすいなどがあって、だんだん不都合に感じてきたからでした。

オデッセイにしたのは、もともと7人乗りの車には興味があったのと、日常的に機械式駐車場に入れる大きさ(特に高さ)が重要だったからでした。

エクシーガも検討していたのですが、高さが合わなくて、あきらめました。もちろん、ほかにもネガティブなポイントがあったのですが。

高さが1550mm以下の車は、オデッセイのほかにストリームとマークXジオがあります。

マークXジオは見た目ですでにアウト、ストリームも試乗しましたが、当然のことながらオデッセイのほうが走りが良いということで、そのままオデッセイになりました。オデッセイなら、一人でも、二人でも、それ以上でも、どこまでも楽しく走れそうです。

今から納車が楽しみです。

トップページ | 2009年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ